FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    [じゃがいもの種類]料理に合った品種を選べばおいしさが変わる

  1. Share

  2. お気に入り

    0

[じゃがいもの種類]料理に合った品種を選べばおいしさが変わる

春は、皮が薄くみずみずしさが魅力の新じゃがが出回るシーズンです。新じゃがとは、品種を問わず、収穫してすぐに選果・出荷されるじゃがいものことで、3~5月に出回るのは長崎産や鹿児島産などの暖地産。7月になると北海道産が登場します。じゃがいもとひと口にいっても、その品種は多彩。料理に合わせて品種を使い分ければ、おいしさが変わります。そこで今回は、じゃがいも料理に合った品種を紹介します。


料理に合わせて使い分ける

揚げ物や煮物など、料理に合った品種を使うと、おいしくなるだけでなく、調理しやすくなります。

コロッケにむく品種は?

ほくほくとした食感の粉質系のものが向いています。

●男爵/
形が丸く、深いくぼみがある。でんぷん質が多く、果肉が白いのが特徴。日本中で広く栽培されており、サラダやマッシュポテト、蒸し料理にも合う。
●ベニアカリ/
べに色の表皮で、果肉は白い。でんぷんが多く粉っぽい。すりおろしてお好み焼きにすることもできる。

カレーにむく品種は?

煮くずれしにくい粘質系のものが合います。

●メークイン/
長い卵形でくぼみが浅く、皮をむきやすい。淡い黄色の果肉はきめが細く、粘質系の代表品種。シチューや肉じゃが、煮ものにも向いている。
●とうや/
大つぶの丸形で表面のくぼみが少ない。果肉は黄色で、なめらかな食感が魅力。シチューや煮もの、サラダにも合う。

おでんにむく品種は?

煮くずれしにくく、大つぶのものが最適です。

●ホッカイコガネ/
長い楕円形で表面のくぼみが少なく、皮をむきやすい。どちらかというとねっとり系で、皮むき後や加熱後の変色が少ない。大つぶのため、フライドポテトにも使いやすい。

最後に

じゃがいもは品種によって、食感や形、大きさが異なります。品種ごとの特徴を覚えて、じゃがいも料理をさらにおいしく味わいましょう。

vege

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    0

関連記事

  1. Diet温&冷のお茶漬けレシピ!出汁の取り方、作り方とおすすめ薬味

    温&冷のお茶漬けレシピ!出汁の取り方、作り方とおすすめ薬味

    0
  2. Diet肉巻きやスープなど、新タマネギの甘みや食感を生かしたレシピ

    肉巻きやスープなど、新タマネギの甘みや食感を生かしたレシピ

    0
  3. Dietキャベツやたけのこなど、春野菜とアサリのかけ算レシピ2選

    キャベツやたけのこなど、春野菜とアサリのかけ算レシピ2選

    0
  4. Dietトマトやきゅうりでおもてなし!野菜で作る簡単パーティーレシピ

    トマトやきゅうりでおもてなし!野菜で作る簡単パーティーレシピ

    0

Pickup