ぺたんこお腹を手に入れる パートナーストレッチ術

下腹部だけ出た「ぽっこりお腹」は、骨盤が後傾していることが原因かも。ぺたんこお腹を目指すには、骨盤を本来の位置に正す必要があります。そこで、心身をリラックスさせながらスリムなお腹を手に入れるストレッチ方法を、スポーツ&サイエンス代表で、スポーツ・医療系専門学校講師を務める坂詰真二先生に聞きました。

 体をリラックスさせて、ストレッチ効果を高める

下腹ぽっこりは、もも裏とお尻の筋肉が硬くなることで骨盤が後傾し、お腹が前に引っ張られている状態を指します。そこで、骨盤を反らせて前傾させるストレッチを行いましょう。
「ストレッチは、ひとりで行うよりも二人で行う方が、効率よく体の可動域を広げることができます。(実際に体を伸ばす人が)ストレッチをサポートする相手に体重を預けたままの楽な姿勢で、かつ自分が力を入れることなく筋肉を伸ばせるので、心身共に完全に脱力できるのです。ただし、慣れないうちはお互いに筋肉の伸び具合を確認しながら行いましょう。体が温まった状態の方が、よりストレッチ効果が高いので、お風呂あがりなどに行うとよいでしょう」(坂詰先生)

【下腹ぽっこり解消のパートナーストレッチ】
骨盤を前傾させるストレッチです。ストレッチをサポートする側の視点で説明しています。実際に体を伸ばす人をパートナーとします。

1. ストレッチする側は、ひざを伸ばして床に座ったら、片方のひざを曲げて、頭の後ろで手を組みます。サポート側はパートナーの肩を両手でつかみ、支えます。



2. ストレッチする側のお尻の少し上部分(仙骨)に片ひざを当てて、体を反らせます。

3. 体を反らせたまま、少しだけ前屈させます。親指で肩甲骨を押して、胸を開かせましょう。



「背中が丸まった状態では、骨盤が前傾しません。反りの姿勢をしっかりキープさせましょう」(坂詰先生)

パートナーストレッチは、相手が気持ちよいところまで力を加えることが大切。強い力でぐいぐい押したり引いたりして、痛みを感じさせてしまうと、かえって逆効果です。
家族や恋人、友人同士で、お互いにコミュニケーションをとりながらやってみてください。

坂詰 真二

坂詰 真二

スポーツ&サイエンス代表。NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。横浜リゾート&スポーツ専門学校講師。25年以上にもわたるプロトレーナー活動のほか、書籍・雑誌の監修など各メディアで活躍。著書に『お尻をほぐせば「疲れ」はとれる』(ベスト新書)など多数。

PickUp

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

【アンケートに答えて豪華商品をGET!】FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018アンケート第2弾のお願い

トレンド

【アンケートに答えて豪華商品をGET!】FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018アンケート第2弾のお願い

ページの先頭へ戻る