そんなものまで!? 「とりあえず」で使えるヨガマットの代用品

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

新しくエクササイズを始めても、初めは続けられるかどうか分かりませんよね。場合によっては、せっかく道具をそろえたもののエクササイズが自分に合わなくて、買った道具がお蔵入りなんてことも...。

今回は、ヨガをするのに必要なヨガマットの代用品をご紹介。ヨガを始めようと思っていても続けられるか分からない人、とりあえず1日だけの体験ヨガや家ヨガをしたい人は参考にしてくださいね。

どうしてマットが必要なの?

マットには体を保護するという役割があります。膝をついたり仰向けに寝たりするポーズを固い床の上ですると、体に負担がかかってしまいます。心身ともにリフレッシュするはずが、冷えたり痛みを感じたりしてちっとも楽しくなかった…というのは避けたいですよね。

また、マットは立位などのポーズをとった時に滑りを防ぐ効果もあります。滑ってしまうとポーズがとりづらくなり、最悪の場合ケガをしてしまうことも。事前に準備をして心おきなくヨガを楽しみましょう。


サイズ感がちょうどいい!「キッチンマット」

ヨガをする時に使うマットはある程度の大きさが必要となります。市販されているヨガマットの多くは横が170~180cm、幅が60cm前後。多少のサイズの違いはありますが、それに近いものがキッチンマットです。

キッチンマットなら滑り止め付きのものもたくさんありますし、汗で汚れてしまってもすぐに洗濯できるのがうれしいところ。SNSでも「キッチンマットはすごく手頃なサイズ」「何か代用できないかなって考えたらキッチンマットがちょうど良かった」という声が上がっているので、代用品としてじゅうぶん活用できそう。

また、毛足の長いものは向いていませんが、短いものであればカーペットも代用可能。ただし、滑ってしまうこともあるのでカーペットと床の間には市販の滑り止めシートを使うことをお忘れなく。


厚みがあって快適かも!? 「ジョイントマット」

衝撃を吸収し、クッションが効いているジョイントマットもヨガマットの代わりとして使えます。

必要な大きさの枚数だけ持って行けばいいし、万が一汚れてしまってもその部分だけ捨てればオッケー。中には「子どものために敷いたジョイントマットがまさかヨガマットのかわりになるとは(笑)」なんて人もいて、家ヨガをする時に役立てている人も。

そして、同じく厚みのあるお風呂マットを代用品にする人も多く「ヨガマットよりお手軽で軽い」「ヨガマットより腰が痛くなくていいかも」という声が上がっています。欠点は折りたたんだりコンパクトに収納できないこと。使うのは家ヨガの時だけにした方が良さそうです。


定番中の定番「バスタオル」

よれたり滑りやすかったりと問題もありますが、スタジオでの1日体験などに役立つのがバスタオル。

とりあえず用意しておけば、少なくとも床で直にヨガをするよりは冷えや痛みを緩和できますし、汗も吸収してくれます。バスタオルを選ぶ基準として、SNSでは「ヘロヘロのものはダメ」「大きめサイズがいい」「厚めのものが良いです」という声が。

“とりあえず”の代用品を紹介してきましたが、やはりヨガをやる時にはヨガマットを使うのがベスト。ヨガマットはさまざまなデザインやカラーのものが販売されています。ヨガに本格的にハマったら、あれこれ自分の好きなヨガマットを探すのもきっと楽しいですよ。



文/プリマ・ドンナ 写真(イメージ)/© taka-fotolia.com

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る