女っぽボディの象徴!くびれをメイクする5分間ストレッチ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

ほどよく引き締まったくびれは、女性らしいボディラインのシンボルマーク。しかし、ただお腹の脂肪を落とすだけでなく、適度に筋肉を鍛えてあげることも必要な要素です。まずは、わき腹、腰、お尻に効かせる5分間ストレッチを行ってくびれの土台づくりに役立てて下さい!

お尻の伸びも意識して! 脚クロスツイスト

脚クロスツイストは、脚をクロスすることで、お尻とわき腹がまんべんなく伸びます。体をひねるとき、肩を後ろに引くことを意識すると深くひねれますよ! 体をねじることだけでなく、お尻が伸びていることも大事なポイント。

news17061821_01.jpg1、脚をクロスして座り右ひざを立てる
左ひざを曲げて座り、右脚はひざを立てて、左脚の外側に置きます。左のかかとは、右ももの裏側につくように引き寄せます。両腕を開き、背すじを伸ばしてスタンバイ。


news17061821_02.jpg2、右肩を後ろに引きもも裏とわき腹を伸ばす
左腕で右ひざを胸に引き寄せます。右手で左手首を引っ張りながら右肩をしっかり後ろに引き、15秒キープ。右側のお尻が浮かないように注意しましょう。


news17061821_03.jpg3、脚をクロスして座り左ひざを立てる
次に脚を組み替えます。右ひざを曲げて座り、左脚はひざを立てて、右脚の外側に置きます。
右のかかとは左ももの裏側に引き寄せましょう。両腕を開き、背すじを伸ばします。


news17061821_04.jpg4、左肩を後ろに引き15秒間キープ
右腕で左ひざを胸に引き寄せます。左手で右手首を引っ張りながら、左肩をしっかり後ろに引いて15秒キープしましょう。
左のお尻が浮かないように注意して。

★1→2→3→4を5回行いましょう!


横から見ると…

news17061821_05.jpg肩を後ろに引くと同時に、目線も後ろにもっていきます。目線と反対のわき腹が伸びているのを感じて。



桑崎 寛

桑崎 寛

フィットネスインストラクター、パーソナルトレーナー。TRY FITNESS powered by adidas及び、Technogym Japanのマスタートレーナー、TIPNESSのテクニカルトレーナーとしてスタジオプログラムの開発・インストラクターの養成などを行う。

撮影/徳永徹 モデル/矢原里夏 文/FYTTE編集部

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る