オードリー若林も効果に驚愕! 若すぎる83歳が伝授する簡単&効果抜群の「きくち体操」とは?

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

Yellowj /shutterstock.com


いくつになっても「健康で若々しくいたい」というのは誰もが願うこと。世間には健康を維持するための様々な運動法がありますが、ただ体を鍛えるだけでなく、脳を使いながら運動することが大切なようです。

菊池先生と生徒の若々しさに驚愕の声!

news17071612_01.jpg

karelnoppe/shutterstock.com

7月5日に放送された「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」では、若々しさを保つための運動法“きくち体操”を紹介しました。教えてくれたのは83歳にして美しいスタイルを保っている菊池和子さん。菊池さんが体操を教える講演会は常に満席で、100人近いキャンセル待ちが出るほどの人気を誇っているとか。

また、菊池さんが開いている教室では、平均65歳の生徒たちが体操に励んでいるのですが、誰もが若々しく、「(体操をすると)心も体も爽やかになります!」とイキイキとした表情。生徒の様子にはスタジオからも「若ーい!」と驚きの声が上がり、視聴者からも「70近くてこんなにシャンとしてるのはすごい!」「表情がハツラツとしてるのがいいね」と大反響が上がりました。

簡単なのに効果抜群! 血流を良くする“きくち体操”

news17071612_02.jpg

Alexeysun/shutterstock.com

スタジオでは菊池さんが毎日実践しているというきくち体操に挑戦します。まず1つ目が血行が良くなる「グーパー体操」。手の指をグーと握り、パーと開く体操なのですが、出演者の山田邦子さんは「グーとパーなんて簡単でしょう」とあまりに簡単な体操に疑問の声を上げます。ただ、菊池さんは「1回1回の動きが脳とつながる」ことが大切と説明。脳に意識をおいて、指をしっかり見ることで確かな効果が得られるとか。

最初に手の指を開き、指と指の間隔をしっかりととるようにします。そして親指を小指の付け根につけてから開き、人差し指から小指までも同様に親指の付け根につけて開く動作を行いましょう。最後は親指を小指の付け根に置き、親指を包み込むように力強くグーを作ってから指を開いて終了。オードリーの若林正恭さんは「久しぶりに血が流れた感じがする」とその効果を実感していました。

さらに血行をよくする体操として「足首グルグル体操」も紹介。足の指の間に手の指を1本ずつ入れ、手と足の指同士が握り合っていることをしっかりと意識したら、そのままゆっくり足首を回すだけ。菊池さんいわく「身体が健康であれば痛くない」そうです。

視聴者の中にも実際にきくち体操を試した人が多かったようで、ネット上では「簡単だけど効いてる感じがして中々いいよ!」「足首を回すのはスゴイ有効だと思う。血の流れが良くなってるのがわかる」と好評の声が上がりました。

簡単な運動ですが、血行促進の効果を感じている人が多い“きくち体操”。リラックスタイムやちょっとしたスキマ時間にもできそうなので、是非試してみてくださいね。



文/プリマ・ドンナ

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る