「13㎏やせウォーキング」の効果アップに欠かせない3つの生活習慣


20代半ば、ストレス太りに悩んだ仁香さんは、日々のウォーキングで13㎏もの減量に成功しました。仁香さんが習得したやせるウォーキング法で心がけている生活習慣とは? 著書『美人な歩き方』(SBクリエイティブ刊)をもとに、お話を伺いました。

自律神経のバランスを整えるためにも質のいい睡眠を心がける

news17111920_01.jpg「モデルの仕事は朝が早いんです。そのせいか昔から早起きは得意。朝からテンション高めで過ごせちゃうんです」と仁香さん。

お子さんが生まれてからは、お弁当や朝食の準備のために起きる日も多くなり、今や早起きは習慣に。3~4時には起きてしまうこともあるそうです。
早起きは大の得意といったところですが、睡眠不足は自律神経のバランスを乱し、代謝を低下させるばかりか、ストレスの原因にもなるもの。とはいえ仕事や家事でバタバタしていると、満足に睡眠時間はとれない……。そこで仁香さんが心がけているのは、ゴールデンタイムにはベッドに入る習慣です。

「朝が早いぶん、ベッドには早めに入るように心がけています。22時~2時は細胞の生まれ変わりが行われる、いわゆるゴールデンタイムといわれますが、その時間に少しでも寝るようにすると短時間の睡眠でもスッキリしますよ」と仁香さん。

眠れないときはベッドに寝転がって腹式呼吸でゆっくり呼吸をすると、自然に副交感神経のスイッチが切り変わり、入眠もスムーズになるのだとか。質のいい睡眠なら短時間でも
スッキリできそうですね。

心と体がハッピーになれる食事をとろう!

news17111920_02.jpg食事を制限するダイエットで、逆にストレス太りを招いた仁香さんは、極端な食事制限によるダイエットはしないようにしています。

「食事は基本的に何を食べてもOK。ファストフードのフライドポテトのようなジャンクフードも、ときどきは息子と一緒に楽しみます。私の場合、あれもダメこれもダメ、と規制しすぎると、ストレスになって逆効果になるんです。だから厳しく考えず何でも食べるようにしています。
こんなことを人に話すと『仁香ちゃんは、太らない体質だから好きなものを食べても太らないんだよー』といわれてしまうのですが、私のようなストレス太りタイプは、その方法が合っているんです。理想の体型を目指すには、自分の体質や性格、生活習慣に合ったダイエット方法を見つけることが大切なんだと思います」

好きなように食べるのは、欲望のままに暴飲暴食することではなく、自分の心と体が求める声に耳を傾けて食べること。だから仁香さんは、心地いい食事を大切にしています。

「食材にこだわっているわけではありませんが、この前グルテンフリーのパスタを食べたら、翌朝体が軽く、心地よく感じたんです。その反面、原料に何が使われているかわからないような加工肉などは食べません。体が喜ぶものを自然に選び取ることが太らない一番の食事法なのかも、と思っています」

マッサージやストレッチをゆるゆるルーティンに

エステサロンの経営にも関わってきた仁香さんは、マッサージやストレッチも推奨しています。血の巡りがよくなり、体も温まるのがおすすめする理由ですが、これも決まりをつくり過ぎないのが仁香さんルール。
 
「足の疲れやむくみを放っておくと、代謝が落ちて太く重くなってしまうので、できればその日のうちにマッサージやストレッチを。入浴後などの温まったときにやると効果的です。でもマッサージやストレッチも、厳しくルールを決めなくていいんです。余裕がある日は徹底的に、忙しくて時間がとれない日はシャワーのときにちょっとマッサージするくらいでOK。きっちりやろうと決めすぎてしまうと『やるか、やらないか』の二択になって、1日ザセツしただけで嫌になって続かなくなることも。できる日があってもいいし、できない日があってもいい。自分の体と向き合い、心地よさを感じながら行ってくださいね」

仁香さんの著書『美人な歩き方』(SBクリエイティブ刊)には、このほかにもキレイになるヒントがいっぱい詰まっていますよ。ぜひチェックしてくださいね。

今回は、ウォーキングを始める前に大切な部位「股関節」のストレッチをご紹介します。

股関節をほぐして消費カロリーアップを目指せ!

ウォーキングを始める前に「股関節回し」をすると、脚のつけ根はもちろん、股関節周りもやわらかくなって、足運びがスムーズになりますよ。

【股関節回し】
news17111920_03.jpg1)正しい姿勢で立ち、骨盤に両手を添える。片脚のひざを90度に曲げ、上に上げる。


news17111920_04.jpg2)ひざを大きく横に開く。脚のつけ根が伸びるのを意識して。


news17111920_05.jpg3)脚を(1)の位置に戻す。


news17111920_06.jpg4)ひざを大きく後ろに動かす。股関節の可動域を意識して逆脚も同様に行います。左右10回×2~3セットが目安です。

このひと工夫でウォーキングのやせ効果がアップします。
今後のニュースでは、仁香さんのウォーキングに対する思いなども紹介していきます。



【関連リンク】
『仁香の美姿っと!ウォークエクサ』無料ダウンロード
iOS
Android





*もっと詳しくウォークエクサを知りたい人は
『美人な歩き方』
news17111220_05.jpg






仁香

仁香

モデル・姿勢&ウォーキングアドバイザー。18歳で『CanCam』専属モデルとしてデビュー。6年間人気カリスマモデルとして活躍するもストレス太りで3年間モデルを休業。一時は引退も考えたが、ウォーキングに出合い13㎏の減量に成功して復帰を果たす。アドバイザーとしての経験を生かし各地で講座を行うほか、エクササイズアプリ『仁香の美姿っと!ウォークエクサ』や著書『美人な歩き方』(SBクリエイティブ)などでも紹介されている。

文/平川 恵

PickUp

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

トレンド

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

ページの先頭へ戻る