のべ3万人を痩せさせた医師が教える、寝るだけ!「3・3・7睡眠法」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを続けているのになかなか痩せられない─そんな人は、ダイエットにおいて最も大事な睡眠と食事のとり方が間違っているのかも! 医師として、長年肥満改善治療に取り組んできた左藤桂子先生に、痩せるための睡眠と食事の極意、メンタルまでをじっくり教えてもらいました。

しっかり寝れば痩せる! 「3・3・7睡眠」

 やせられない人は、しっかり眠れていない……睡眠と肥満は大きく関係していることを、知っていますか?

「睡眠と肥満とは大きく関係しています。痩せられない人は正しい睡眠がとれていないことがほとんど。どんなに食事制限や運動を頑張っても、睡眠がきちんととれなければ、健康的にやせることは難しいのです。

 私たちは一晩ぐっすり眠るだけで約300kcalものエネルギーを消費します。これは、なんとジョギング1時間分に相当します。きちんと眠ることができれば、1か月で-1kg、半年で5kg以上痩せられる計算になります。

 なぜきちんと眠れば痩せるのか? そのカギは成長ホルモンが握っています。

 寝ている間に分泌される成長ホルモンには2つの働きがあります。1つは疲労の回復、もう1つは蓄積された脂肪の分解。睡眠がきちんととれないと、成長ホルモンの分泌は約70%も減少します。これでは、みすみす痩せるチャンスを逃していることと同じ。それどころか、分解されない脂肪がどんどん蓄積していくことになるのです。

 睡眠時間は多いのに朝起きたときに疲れが取れていない、朝起きてスッキリ感がない、昼間にすぐ眠たくなってしまう、お酒を飲まないと眠れない、などの症状がある人は、正しい睡眠がとれていない可能性大! さっそく今日から、睡眠を整え成長ホルモンの働きを高めていきましょう」(左藤桂子先生)

 先生が考案した「3・3・7」睡眠法は、無理なく生活に取り入れられるやり方で、確実にいい睡眠を習慣化できる方法なのだとか。具体的な方法を解説していただきました。

 「3」…寝始めの「3」時間は中断せず、まとめて寝ること。最初の3時間の深い眠りのときに、成長ホルモンはまとめて分泌されるからです。

 「3」…夜中の「3」時には寝ていること。夜中の3時の時点で熟睡していれば、成長ホルモンの分泌の恩恵を受けられます。これなら、生活が不規則で寝るのが遅くなりがちな人でもなんとか頑張れるのではないでしょうか。

 「7」…1日トータルの睡眠時間は「7」時間を目指しましょう。睡眠時間が5時間を切ると、肥満率が上がることがわかっています。夜まとめて眠れなければ、通勤時間を利用したり昼寝で補うなど、トータルで考えればOKです。

 これら3つのポイントのキーとなる数字をとって、「3・3・7」睡眠法と名付けられています。
そして、よく眠るためには「寝るための段取り」をしっかりすることも大事だと左藤先生は言います。

「湯船につかって体をしっかり温める、ソファなどで仮寝せずベッドできちんと寝る、ベッドでのスマホ利用は避けるなど、スムーズに入眠できるための環境を自分で整えましょう。
3つのポイントを含め、これらを全部クリアしようとすると、なかなか大変な人もいるかもしれません。自分のライフスタイルと照らし合わせて、できることから気軽に始めてみてくださいね」



左藤 桂子

左藤 桂子

左藤桂子ヘルスプロモーション研究所所長。日本肥満学会、日本内科学会、日本糖尿病学会日本プライマリケア連合会所属。30年で3万人の肥満治療に携わる肥満外来担当医。これまで多くの症例を診て、糖尿病となる前に体重オーバーの時期があることに気が付き、体重コントロールの重要性を指導。『ダイエット外来の寝るだけダイエット』『肥満外来の女医が教える熟睡して痩せる「3・3・7」睡眠ダイエット』など著書多数。

取材・文/遊佐信子 写真/ⓒPhotographee.eu-fotolia.com

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る