エアコンは24時間つけっぱなしが正解!? 専門医が教える夏の熱中症対策&快眠方法

出典:ker_vii/shutterstock.com


暑さが本格的になってくると、やはり怖いのが熱中症。体がだるくなるばかりかいくつもの死亡例もあり、夏の深刻な問題です。そこで今回は専門医が教える熱中症対策をご紹介。正しい熱中症対策を行い、夏のレジャーなどを思いっきり楽しんでください。

専門医が実践している熱中症対策とは?

news17082120_01.jpg


8月9日放送の「ビビット」(TBS系)では熱中症対策を特集。
番組には熱中症に詳しい専門医・谷口英喜先生が登場して、自身も実践している対策方法を教えてくれました。

熱中症対策でまず重要なのは、外に出て体を暑さに慣れさせること。
「ややきつい」「やや暑い」と感じる程度の運動を30分行い、約2週間続けると体が暑さに慣れます。
エアコンが効いた室内に居ることが多い人は、実践してみると良いでしょう。

また谷口先生は外出の時に必ず「うちわや扇子」「濡れタオル」「水」を持参。
うちわや扇子は汗を蒸発させることで、体温を下げてくれます。
濡れタオルは首などの太い血管があるところに当てるのがポイント。
乾いたタオルで汗を拭いてしまうと、逆に体温が下がりにくくなってしまうので注意が必要です。

そして水は当然水分補給に使用するのですが、「熱中症かな?」と思ったときは“経口補水液”が効果的。
近年はドラッグストアなどで売られていますが、経口補水液は自宅で簡単につくることができます。
レシピは水1Lに対し、砂糖(20~40g)と食塩3g。日常的な食材で簡単につくれますが、普段から飲んでしまうと塩分過多になってしまいます。
水分補給のための飲料水とは別で、カバンの中に忍ばせておくと良いですね。

また経口補水液が自宅でつくれることを知っている人も多く、SNSなどでは「水分不足気味の時に飲むとまじで復活する」「レモン汁などで味を調えると飲みやすくなるよ!」「梅ジャム入れると美味しくいただける」との声が上がっていました。

エアコンの上手な使い方

news17082120_02.jpg


熱中症対策の他に、番組では熱帯夜を乗り切る“エアコン快眠術”も紹介されました。
「東京疲労・睡眠クリニック」の院長・梶本修身先生によると、寝ている最中にエアコンの電源をタイマーで切ったり入れたりするのはNG。
エアコンは24時間つけっぱなしでも良いそうです。

理由は、日中の熱が建物に蓄えられた状態でエアコンを切ると部屋の温度が上がってしまうため。
就寝中は暑くなっても自身の「危険」を感知できないため、熱中症になり死亡してしまう例もあります。

一方でエアコンをつけっぱなしで寝ると、起床した後体がだるくなってしまうことも。
この“だるさ”の原因は、体の冷えすぎ。
対処法としては、首から上を冷やして下半身をしっかり温めると、寝付きも良くなり効果的です。
エアコンをつけっぱなしにすると喉を痛めてしまう人は、マスクを着用して眠りましょう。

番組で紹介されたデータによると、2015年8月は東京23区の熱中症による夜間の死亡者数が14人にものぼったそうです。
まだまだ暑い日が続きますが、夜も万全の熱中症対策をして猛暑を乗り切ってくださいね。



文/プリマ・ドンナ

PickUp

Sponsored

フルグラにプラスするとGoodな栄養素って何? 5分でつくれるバランス朝食レシピ3選

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

腸活や小腹満たしには何がいい?ダイエットのプロ85名が選ぶNo.1アイテムを発表!

トレンド

腸活や小腹満たしには何がいい?ダイエットのプロ85名が選ぶNo.1アイテムを発表!

ページの先頭へ戻る