優秀ダイエット食材「こんにゃく」の4つのカロリーオフパワー

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

木綿豆腐は100gで72kcalと低カロリーだけど、こんにゃくは同じ100g でも、さらにその1/12の5kcalと、驚きの低カロリー!

 こんにゃくはダイエッターの人気ナンバー1食材。その理由は?
 「こんにゃくは、成分の90%以上が水分なので100gで5kcalと、超低カロリー。かみごたえがあるので満腹感が高く、食べ過ぎ予防効果もあります。また、こんにゃくは食物繊維が豊富です。食物繊維は便の量を増やして排便を促すので、便秘太り改善にも効果的。食物繊維の作用で血糖値の急上昇も抑えられ脂肪もつきにくくなります。こんにゃくはダイエットの強い味方なのです」(管理栄養士・大越郷子先生)


   味が淡白だから、どんな料理にもアレンジしやすいのも◎! 肉や炭水化物など、高カロリーになりがちな食品の代用として利用するのもおすすめです。

 

そんなダイエットの強い味方、こんにゃくを使用した料理を「レシピ」でご紹介!ぜひダイエットに役立てて!

【1】 成分の90%以上が水分でカロリーは“ほぼゼロ”!

「こんにゃくは約90%が水分で、残りは食物繊維がほとんど。だからカロリーが100gで5kcalと、ゼロに近い数値。同じく低カロ食材である豆腐と比べてもカロリーは約1/12。たっぷり食べても太りにくいのです」(大越先生)

【2】 食品の中でも食物繊維がダントツに多く、便秘改善に効果的

レタスは、100gに1.1gの食物繊維を含んでいます。それに対し、こんにゃくは同じ100gでも、その2倍の2.2gもの食物繊維を含有。

「こんにゃくは食品の中でも最も食物繊維が多い食材。食物繊維は、便の量を増やして排便を促すので便秘太り改善に効果的。便秘には、水分をしっかりとることも大切ですが、こんにゃくは水分も多いので理想的です」

【3】 食物繊維のパワーで血糖値の上昇をゆるやかに

「食物繊維が多い食品をとると、消化・吸収のスピードがゆっくりになります。すると、血糖値もゆっくり上がるので、食べたものが脂肪に変わりにくくなるというわけです」

【4】 かみごたえがあり、少量で満腹になる

「こんにゃくは、弾力性があってかみごたえが高いのが特徴です。よくかんで食べると満腹中枢が刺激されるので、少量でも満腹になります。そのため食べ過ぎが防げるのです」

監修/大越郷子、取材・文/和田美穂、撮影/布川航太

oomugi_bn_298_250.jpg

PickUp

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

食事・栄養

便通改善、下腹がへこんだ!の声続々! 腸活キャベツのダイエット効果がすごい

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

運動・からだ

1日たったの5分寝るだけでお腹痩せ! タオル枕で骨盤矯正!

ページの先頭へ戻る