おなかデトックス!酵素サラダのとり方3ルール

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜は「すりおろす」ことで酵素が細胞の外に出るため、酵素が働きやすくなります。その効果はそのまま食べたときの数倍にも。大根、にんじん、山いもなど、すって食べることができる食材はすってとるのがおすすめ!
また、しょうが、にんにく、わさび、ねぎなど、薬味として使われる食材は生でとれるものがたくさんあります。酵素サラダのほか、おかずにトッピングするなどして、1日の酵素の摂取量を底上げしましょう。

 ルール【1】できれば朝に、1日1回はとる

もっとも効果的なタイミングは朝。1日の代謝・消化活動を、朝とった酵素でサポートできます。とれなかった場合
は、日中のどこかのタイミングで1日1回はとりましょう。

 ルール【2】食事のたびに野菜を切る&おろす

野菜や果物は、切った後、空気に触れることでどんどん酸化し、酵素も減っていってしまいます。そのため、材料はまとめて準備するのではなく、食事のたびに切るのが理想です。

 ルール【3】生でとれるものを積極的にとり入れる

酵素サラダのほかに、別のおかずやおやつなどにも、積極的に『生』の食材を取り入れて。酵素をコンスタントに補給し、脂肪や便などよぶんなものをためこまない体づくりを!

<そんな酵素を効果的に取り入れられるレシピはコチラ!>
基本の酵素サラダ(携帯の方はコチラ
和風バーニャカウダ(携帯の方はコチラ
水菜のフルーツサラダ(携帯の方はコチラ
かぶとかいわれ大根のハニーマスタードサラダ(携帯の方はコチラ

監修/鶴見隆史、取材・文/馬渕綾子

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る