「食べる」断食だからツラくない!48時間フルーツ断食4つのルール

 断食というと〝ひもじい〟イメージがあるけど、空腹感と闘わずしてできるのがフルーツ断食の魅力。
「断食中の2日間は果物と水だけで過ごします。基本的には、自分の好みの果物を好きなだけ食べてもよいので、満腹感を得られやすくなります」(伊達先生)

 

 空腹ストレスなく続けられるので、断食初心者でも安心。
「ただし、いくらラクだからといって、48時間以上続けるのはNGです。必要な栄養が入ってこない状態を体がガマンできるのは、48時間が限界。それ以上になると、体は防御の態勢に入り、栄養をとろうと食欲に火がついてしまいます。こうなったら食欲はもう誰にも止められず、ドカ食い&リバウンドへ一直線。断食期間は48時間を厳守してください」

 

 気になるフルーツ断食のルールとは?

【ルール1】期間は2日のみ それ以上は行わない

いくら空腹を感じなくても、フルーツだけでは栄養不足に陥るため、48時間以上の断食は、反動によるドカ食いを招きます。2日間で十分体はリセットされるので、やり過ぎないで。

【ルール2】断食中は果物と水ならいくら口にしてもOK

酵素は加熱により壊れるため、生でとること。基本は好みのものを食べればOKですが、南国産の果物は体を冷やすため、避けたほうがベター。水分は水やノンカフェインで無糖のハーブティーなどを。

【ルール3】午前中にとる果物は1種類のみ

いろんな種類を同時に食べると、果物に含まれる複数の酵素が反発し合い、効果が薄れてしまいます。体内の排泄と浄化が高まる午前中は、酵素のパワーを最大限に活かすため、1種類だけに。

【ルール4】断食中はできるだけ体を休める

普段通りに生活してOKですが、体に負担のかかる激しい運動はNG。せっかく体を浄化しているのに、さらに疲労物質をためこむことになります。また、生理中や体調の悪いときは避けて。

<48時間フルーツ断食のスケジュールを確認!>
■1~2日目:導入食期■
代謝を高めるバランス食で断食効果をUP!

断食前にフライングして食事の量を減らしてしまうと、体は省エネモードになり逆効果。肉や豆類をしっかりとり、代謝に欠かせないたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどを補給することで、老廃物がスムーズに出ていく体に。

・Lカルニチンで代謝力を底上げ
牛、豚、羊などの赤身肉に多く含まれるLカルニチンは、代謝を上げて体脂肪を燃やすのに効果的。ステーキなどガッツリ食べて。

・豆類やカレーで内臓機能をUP!
豆類やターメリックを含むカレーには、肝臓や腎臓をキレイにする働きが。内臓機能を高めておくことで、デトックス効果もUP。

■3~4日目:断食中■
2日間果物だけで体をしっかりデトックス

果物をとる頻度に制限はありませんが、1日3食+間食のペースでとると、食事のリズムが整いやすくなります。固形のほうが食べ応えがありますが、ジュースのほうが消化吸収にエネルギーが使われないため、断食効果はアップ。

・食感を残して満足度を上げる
ミキサーにかけず、すりおろしや手もみでつくると、果肉の食感が残って、食べ応えのあるジュースに。おやつにおすすめ。

■5日目:復食期■
効果をキープするための大事な時期は胃腸にやさしい食品を

断食後は栄養の吸収がよくなる時期。脂質や糖質の多いもの、小麦加工品、乳製品、カフェインなど、体に吸収したくないものは避けましょう。断食中に休んでいた胃に、負担のかからない、消化のよいメニューを少しずつ食べるようにして。

・朝/昼:果物+おみそ汁で胃を慣らす
断食直後からごはんなどの主食をとってしまうのは、まだちょっと胃にはヘビー。果物におみそ汁など、汁物を1品加える程度に。

・夜:炭水化物は消化のよいものに
夜は炭水化物を解禁。ごはんを食べられる人は食べてもOKですが、おかゆやぞうすい、日本そばなど、消化のよいもののほうがベター。

 断食中にオススメ!フレッシュジュースレシピ

監修/伊達友美、取材・文/宝田明子、撮影/国井美奈子

PickUp

Sponsored

フルグラにプラスするとGoodな栄養素って何? 5分でつくれるバランス朝食レシピ3選

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

腸活や小腹満たしには何がいい?ダイエットのプロ85名が選ぶNo.1アイテムを発表!

トレンド

腸活や小腹満たしには何がいい?ダイエットのプロ85名が選ぶNo.1アイテムを発表!

ページの先頭へ戻る