肉を食べれば脂肪が燃える!? 赤身肉でやせ体質になれる理由

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中、つい敬遠しがちな肉。「太るのがイヤだから、肉はなるべく食べない」「やっぱりダイエット中は野菜!」そんな風に思っている人も多いのでは? でも、一言で肉と言っても、種類や部位はさまざま。上手に選べば、やせ体質になれちゃうんです!
その理由と、ダイエットに役立つ赤身肉について詳しくご紹介します。

 肉でやせ体質になれる3つの理由

1.筋肉の材料となるたんぱく質が豊富
基礎代謝を高めて、余分な脂肪を燃やすためには、筋肉が必要。筋肉の材料となるのは、たんぱく質です。肉は良質なたんぱく質が豊富なので、肉を食べると筋肉がつきやすくなり、やせ体質に。

2.L-カルニチンが脂肪燃焼をサポート
肉に含まれるアミノ酸、L-カルニチンには、体脂肪を燃焼しやすくする働きが。L-カルニチンは、肉以外にほとんど含まれていないので、ダイエット中に肉を食べれば、脂肪燃焼効果がアップ!

3.甘いものへの欲求が減る
甘いものが食べたい!という欲求が強いとき、実はたんぱく質不足になっていることが多いのだとか。肉を食べて、しっかりとたんぱく質を摂取すると、甘いものへの欲求が減っていくそう。とにかく毎日甘いものを食べないと気がすまないという人は、肉を減らしすぎているのかも!? 甘いものの間食が減れば、一日の摂取カロリーも減るので、ダイエットに効果的。

 ダイエット中は牛肉・豚肉・羊肉などの赤身肉がおすすめ!

肉をダイエットに役立てるポイントは、肉の種類と部位に気をつけること。おすすめは、脂肪燃焼効果のあるL-カルニチンが豊富な牛肉、豚肉などの赤身肉。
ここで、牛肉、豚肉それぞれの部位別のカロリーをチェック!

<牛肉(和牛)の部位別カロリー(100gあたり)>
ばら    517kcal
サーロイン 498kcal
かたロース 411kcal
もも(赤身)246kcal

<豚肉の部位別カロリー(100gあたり)>
ばら    386kcal
ロース   263kcal
かた    216kcal
もも(赤身)183kcal

牛肉、豚肉どちらも、赤身のもも肉は、脂身が少なく低カロリー。噛みごたえもあるので、しっかりと噛んで食べれば満腹中枢が刺激されて満足感も◎。摂取目安は、成人女性で肉と魚介を合わせて1日100g程度。食べるときには、調理法にも工夫を。油をたっぷり使って揚げ物をしてしまうと、どうしても高カロリーになってしまいます。ダイエット中は、煮る・蒸す・焼くなどがおすすめ。

<L-カルニチンで脂肪を燃焼! 牛もも肉レシピ>
牛肉と香味野菜のトマトドレッシングサラダ
牛しゃぶ温サラダからし風味
薄切り牛肉のキャベツロール煮

今日から赤身肉を食べて、やせ体質を目指しましょう!

【関連記事】
肉を食べても太らない!赤身肉でやせ体質を作る2つのルール
野菜だけではやせない?「肉」を食べてやせ体質になれる3つのワケ
誘惑に負けない! 「食事」でダイエットを成功させるための基本ポイント
食べ過ぎ&飲みすぎたときに!「リセット食テク」3つのルール
これをすると太る!21時以降の食事3つのNG!

文/eko

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る