なめこのとろみで満足感アップ! きのこたっぷり菌活すいとん汁

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

しょうゆは麹菌が豊富に含まれた調味料。みそと並んで、和食の汁物の定番の味で飽きずに食べられます。1食あたり約160kcal。しいたけ、なめこときのこ類がたっぷりのスープ。食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富でうまみも十分!鶏胸肉も入って、低カロリーながら食べごたえがあります。

菌活スッキリスープとは

news17051221_01.jpg菌活スッキリスープとは、発酵食品やきのこ類などの「菌」を使ったスープのこと。「菌」とはみそや塩麹、キムチやチーズ、ヨーグルトなどの発酵食品やきのこ類のことです。
オリジナルのスープや市販のスープにこれらの食材をプラスするだけでもダイエット効果がアップ!


材料(4杯分)

鶏胸肉...100g
生しいたけ...4枚
なめこ...1パック
長ねぎ...1/2本
さやいんげん...6本
小麦粉...60g
絹ごし豆腐...90g
サラダ油...小さじ2
<A>だし汁...2と2/3カップ
<A>酒...大さじ1
<A>みりん...みりん
<A>しょうゆ...大さじ1
片栗粉...少々
一味唐辛子...少々


つくり方

1、鶏胸肉は一口大に切り、生しいたけは6等分に切る。なめこは熱湯をまわしかけておく。長ねぎは斜め切りにする。さやいんげんは下ゆでして、すじをとり、斜め切りにする。

2、ボウルに小麦粉を入れて、豆腐を少しずつ加えて混ぜ、耳たぶほどのやわらかさまで練る。

3、鍋にサラダ油を熱し、長ねぎを加え炒める。しんなりしてきたら、A、きのこを加え、中火で2~3分煮る。

4、薄く片栗粉をまぶした鶏胸肉を1枚ずつ加える。2をスプーンで一口大程度ずつすくって、1個ずつ加え、さらに7~8分煮る。

5、さやいんげんを加えて、器に盛り、好みで一味唐辛子を振る。


<もの足りないときは…>
野菜もお肉も入っておかずになるスープなので、ごはんを添えても。



大越 郷子

大越 郷子

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。体によくておいしいレシピに定評がある。

撮影/矢野宗利 文/FYTTE編集部

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る