「糖質制限で牛丼屋に行く時代がくるとは...」外食チェーン店の「糖質制限メニュー」が話題

出典:Fedorovacz /shutterstock.com


人々の健康志向が高まる昨今、外食産業に"糖質制限"の波が到来しておりさまざまなメニューが生み出されています。なかには既成の概念を払拭するほどの斬新な料理もあり、SNSなどで話題に。これからは"外食"で糖質制限をする時代なのかもしれません。

牛丼屋で糖質制限!

news17091312_01.jpg例えば牛丼チェーン店の「すき家」は、今年の4月より「ロカボ牛麺」と「ロカボ牛ビビン麺」を販売。
“ロカボ”とは一般社団法人「食・楽・健康協会」が提唱している「緩やかな糖質制限」のこと。
糖質を1日あたり70gから130gに制限することで、肥満を引き起こしやすくなる食後の急激な血糖値上昇を抑えることができます。

「ロカボ牛麺」は一食当たりの糖質量が22.0gで、「ロカボ牛ビビン麺」は28.5g。食べ応えのある「こんにゃく麺」が使われており、体をつくる上で必要なたんぱく質や脂質もしっかり摂取可能です。
SNSなどでも話題になっており「まさか糖質制限で牛丼屋に行く時代がくるとは…」「ジム→ロカボ麺が日課になりつつある」「スープまで飲み干せば結構満足感得られる」との声が続出。

そして「くら寿司」は8月31日に糖質オフシリーズを展開しました。
販売されているのは「シャリ野菜」「7種の魚介らーめん 麺抜き」「シャリプチ」の3種。
まず「シャリ野菜」は酢飯のかわりに「大根の酢漬け」を使ったお寿司です。
酢をベースに柚子胡椒などで味付けされた大根は食感も楽しく、ネタの味を邪魔しない仕上がりに。
「7種の魚介らーめん 麺抜き」は、麺の代わりにニンジン、チンゲン菜、モヤシ、キャベツの4種の蒸し野菜を使用したラーメン。
そして「シャリプチ」は通常のお寿司と比べシャリの量が半分になっており、糖質制限している人だけでなく「沢山の種類のネタを食べたい!」という人にもおすすめです。

“シャリなしの寿司”“麺なしのラーメン”など、いずれもこれまでの常識を覆す新感覚な料理ですが「シャリ野菜が刺身×なますって感じで結構いける!」「糖質オフシリーズ初体験してみたけど酒のつまみにちょうど良いな」「シャリ野菜はかなり画期的な発明だと思う」と好評を博しています。

肉まみれの糖質制限メニューが話題に

news17091312_02.jpg糖質制限メニューといえば、今年はモスバーガーが「にくにくにくバーガー」という斬新すぎるハンバーガーを販売し話題に。
当初は6月21日から6月27日までの1週間限定メニューだったのですが、あまりの好評ぶりに7月2日まで販売期間が延長されました。

このハンバーガーは「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)で“没メニュー”として紹介され、番組の企画と連動して商品化したもの。「にくにくにくバーガー」というメニュー名の通り、牛バラ肉と鶏肉を、バンズの代わりにパティ(肉)で挟んだ肉づくしの一品です。

糖質制限を意識して開発された商品なのですが、食べごたえは抜群。
現在も毎月肉の日(29日)に販売されており「なんか唐突に食べたくなる。中毒性がすごい」「まさにたんぱく質の塊。ここまで頭のおかしい(褒め言葉)料理他にある?」「にくにくにくバーガーの時間だああああ!」と人々を興奮させています。

2016年に放送された「クローズアップ現代+」(NHK)によると、昨今の糖質制限商品の市場規模は3,000億円以上。
空前のブームを巻き起こしており、今後も様々な企業が参入してきそうですね。



文/プリマ・ドンナ

PickUp

Sponsored

フルグラにプラスするとGoodな栄養素って何? 5分でつくれるバランス朝食レシピ3選

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

腸活や小腹満たしには何がいい?ダイエットのプロ85名が選ぶNo.1アイテムを発表!

トレンド

腸活や小腹満たしには何がいい?ダイエットのプロ85名が選ぶNo.1アイテムを発表!

ページの先頭へ戻る