ギリシャの海でこの夏人気なフラミンゴの浮き輪。その理由とは?

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

プールや海で昔も今も人気なのが、浮き輪。色とりどりのさまざまな形の浮き輪で子どもも大人もおおはしゃぎ。それはどこの国でも同じよう。
美しい海で有名なギリシャではピンクフラミンゴの浮き輪が大流行中。
でも、ただ可愛いから流行っているわけでもないようです。

青い海に映えるピンクフラミンゴの大きな浮き輪

news17081807_01.jpgギリシャといえば、青い空と青い海に白い家々。
そして眩ゆい太陽の光が降り注ぐ、美しい島々のイメージが重なり、
夏は格別な季節です。


透き通るように澄んだ海水と白い砂浜
数多くの美しい浜辺に恵まれているゆえに、
芋の子を洗うような海水浴場ではなく、広々と贅沢に楽しめ、
しかも、島々、本土、半島によっても異なる風土に豊かさを感じます。

先人の知恵として、夏に海水のヨウ素を浴びていると、冬に風邪を引かない
と言われており、海水浴が盛んです。

今夏は、そんな浜辺やプールで不思議な光景を目にします。
それは、すっぽりと、はまり込んでしまうくらい大きな大きな浮き輪である
ピンク色のフラミンゴに乗って、スタイリッシュに浮かぶ姿です。

news17081807_02.jpg世界的にも流行の兆しですが、
夏休みが始まる6月から、ちらほらと目にして来た浮き輪。
ヨーロッパの小国である、ここギリシャでも大流行しています。

国状は厳しくても、やっぱりバケーションには余念がありませんし、
仲間や恋人、ときにはおじいちゃん、おばあちゃんも一緒に
愉しみながら絆を深めるギリシャ人の生き様は粋です。
トレンドにも敏感で、単なる真似だけに留まらず、独自の文化を築いていきます。

このピンクフラミンゴの浮き輪を流行らせた理由のひとつには、
傷ついたり、稀少になったりするフラミンゴを守り、危険から救おう、
という心あたたまるキャンペーンが隠されていて、
InstagramやFacebookなどで#saveflamingogrとハッシュタグが付いています。

news17081807_03.jpgギリシャの海水浴のピークは、8月15日、マリア妃昇天の祝日前後で、
9月の中旬まで賑わいをみせます。
しばらくの間、ギリシャのあちこちの海岸もしくはプールで、
ピンク色をしたフラミンゴの浮き輪がプカプカ浮かんでいる様子を見ることができます。

news17081807_04.jpg浮き輪にとどまらず、水着のモチーフとしてもトレンドになっています。





文/辻ハジダキス亜希、ホリ・コミュニケーション
写真協力/saveflamingogr、star.gr

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る