代謝UPでやせ体質になれる仕組み(2/5)「代謝が低いと太りやすいのはなぜ?」

Study
悩み解決

代謝しきれない余剰エネルギーが太る原因
 食べたものが体の材料や活動のエネルギーになるのが代謝ですが、この代謝の高低がダイエットを左右するのはなぜなのでしょう?
 「食事でとった炭水化物、脂質、たんぱく質などの栄養素は、細胞内で有効なエネルギーに変換されて消費されます。“代謝が低い”というのは、このエネルギーに変換する能力が低いということ。そのため食べたものがスムーズに燃焼されず、エネルギーとして使いきれずに余ってしまうのです。そして、この余りが、余分な脂肪として脂肪細胞に蓄えられることになります」(青木先生)
 つまり、代謝が下がればそれだけエネルギーが余りやすくなるため、太りやすいということに。
 「逆に、代謝が高い人は、食べたものが効率的に燃やされ、燃やす材料が不足すれば、蓄積された脂肪が動員されます。その結果、やせるというわけです」

監修/青木 晃、構成・文/宝田明子

代謝UPでやせ体質になれる仕組み

ページの先頭へ戻る