FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    20

四分割した画像

ふと鏡に映った自分を見てみると、意外なところに表情ジワが出ていることに気づいた経験はありませんか? 顔の肌には、毎日の表情の変化によって、何度もくり返しダメージを受けてしまうパーツがあります。表情ジワを防ぐためにも、気になる部分のパーツケアを始めましょう!

監修
牧内 夕子

顔の肌は『表情』で疲れている?!

腕組みをして顔をしかめる女性の画像

鏡を見ていないときは、意外と気づかないものですが、顔の肌は表情によって、毎日負担がかかっています

折り紙も、何度も同じところに折り目をつけていると、折り目のシワがくっきりとついて取れなくなります。さらに折り続けていたら、紙そのものが傷んで破れてしまいますね。

表情ジワができるメカニズムも同じです。何度も同じ部分の肌にシワを寄せたり、刺激を与えたりすることで、肌の構造がダメージを受けて、表情ジワが定着しやすくなってしまうのです。

今回は、特に表情で動きやすい、目もと、口もと、眉間、フェイスラインなど、パーツごとにケアする方法をご紹介します。
疲れがたまるとこわばりがちな顔の表情も、やわらげていきましょう!

【目もと】まばたき疲れを癒すケア

まばたきは、1分間に15~20回は行っているといわれます。喜怒哀楽の感情によっても、目もとの表情は次々に移り変わるので、常に肌が動いている部分でもありますね。

そんなに酷使しているにもかかわらず、目もとの皮ふはとってもデリケート。顔の肌のなかでも、特に薄いのが目もとの皮ふなのです。バリア機能が弱く乾燥しやすいので、アイクリームでうるおいをしっかり補給してあげましょう。

また、こすれなどの刺激にも弱い部分なので、お手入れは特にやさしいタッチを心がけてくださいね!

●アイクリームのつけ方

(1)塗るときはワンストロークで!

牧内さん目元画像

指先にアイクリームを取り、目頭から目尻に向かってワンストロークでぬりましょう。上まぶたと下まぶたの両方につけます。
アイクリームをすべらせるようにして、肌自体を動かさないのがポイント! 指先を左右に動かすと、肌をこすってしまうので避けてくださいね。
笑いジワができやすい目尻(△の部分)にもやさしくぬり広げましょう。

(2)ハンドパックで温める
アイクリームをぬったあと、こすり合わせて温めた手のひらをまぶたの上にそっと置きます。手のぬくもりでアイクリームをなじませましょう。目の疲れも取れて、心もほっとしますよ。

【おでこ・眉間】表情ジワをやさしくストレッチ

年齢を重ねれば、老化のサインが出てくるのは自然なことでもあります。高齢なのに、シワひとつない人がいたら、むしろ違和感を覚えるはずです。

たとえシワができるとしても、笑いジワなどの幸せな表情によってできる横ジワであってほしいもの。

おでこや眉間は、表情ジワが寄りやすい部分ですが、顔をしかめたときに出る眉間の縦ジワは、不幸を表すシワに見えるので要注意です!

仕事中といった、集中しているときなどに、眉間にシワを寄せるクセがないか、鏡を置いたりしてチェックしてみてください。
眉間をしかめがちな人は、気づいたときにストレッチでほぐしてあげましょう!

●おでこと眉間のストレッチ方法

牧内さん額の画像

おでこの真ん中に、両手の人さし指、中指、薬指の先をそっと置き、こめかみに向かって流すようにさすります。
眉間に力が入っている人は、指の動きと一緒に力を抜いて、リラックスすることを意識してくださいね。

シワなどができる肌老化の原因のひとつは、紫外線や近赤外線などの太陽光です。冬でも降り注いでいるので、1年を通して日焼け止めをぬるのを忘れずに!

【口もと】唇美容液でじっくりエイジングケア

唇は、おしゃべりをしたり、お茶を飲んだり食事を食べたりして、1日を通して多くの刺激にさらされます。また、マスクで隠れているせいで、ついついケアを忘れてしまいがちになっていませんか?

唇がシワシワ、カサカサだと、老けた表情にも見えてしまいます。大人の女性の唇には、保湿効果だけでなく、シワを防ぐエイジングケア効果のある唇用美容液がおすすめです。唇にたっぷり塗って、ナイトケアや、マスクの中でリップパックをしてみませんか?

●タカミリップ

タカミリップ画像

ぬるときは、実際の唇の輪郭よりもややはみ出して、オーバーリップ気味につけます。唇のキワの肌までふっくらとして、唇の表情が魅力的になりますよ。

【フェイスライン】肌のもたつきには首こりケアを試して

にっこりと笑顔を作るときに、フェイスラインの肌が重くもたつくように感じることはありませんか? フェイスラインの肌がゆるんだ印象なら、早めにエイジングケアに取り組みたいですね。

意外な原因として、首や頭の筋肉がこっていると、顔の肌がたるみやすいといわれています。デスクワークなどで同じ姿勢を続けたり、パソコンを凝視したりすることが多い人は、首や頭の筋肉がかたくなっているかもしれません。

こりをほぐす効果のあるオイルを、首すじなどかたくなった部分にやさしくなじませてみましょう! リンパの流れもよくなるので、むくみが取れて、フェイスラインがすっきりとしてきますよ。

●ナチュラルアイランド セントジョーンズ・サポートオイル パワー

オイル画像

表情疲れをしっかりケアして、明るい笑顔で過ごす1年にしたいですね! 頑張っている自分にお疲れさまを伝える気持ちで、やさしくふれてあげましょう。

牧内 夕子

牧内 夕子

化粧品メーカーにて18年にわたりアンチエイジング化粧品や健康食品などの商品を開発。その経験をもとに、コンセプトプランニングやコンサルティング、美容と健康に関する執筆やコスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)としても活動。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    20

関連記事

  1. Beautyこういうのが欲しかった! マスクストレス対策&肌荒れ予防アイテム総まとめ

    こういうのが欲しかった! マスクストレス対策&肌荒れ予防アイテム総まとめ

    9
  2. Beauty“ハンドプレス”で美肌スイッチがオンに?! 肌がゆらぐ季節こそ行いたい、スキンケアのテクニック

    “ハンドプレス”で美肌スイッチがオンに?! 肌がゆらぐ季節こそ行いたい、スキンケアのテクニック

    24
  3. Beautyおうち美容におすすめ! 透明感アップ! つるんとした肌ざわりを作る炭酸コスメ2選

    おうち美容におすすめ! 透明感アップ! つるんとした肌ざわりを作る炭酸コスメ2選

    9
  4. Beauty【野崎萌香さんのうるおい肌のヒミツ♡ Part4】 腸を整えたり、乾く前に保湿ケアをしたりして徹底的に乾燥を防ぎます!

    【野崎萌香さんのうるおい肌のヒミツ♡ Part4】 腸を整えたり、乾く前に保湿ケアをしたりして徹底的に乾燥を防ぎます!

    22

あわせて読みたい

Pickup