知ってた? ガードルのホントの役割を、ボディメイクのプロがずばり解説|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    15

デニムの後ろポケットに手を入れる女性

ガードルは、年配女性のためのもの?

いえいえ、そうではないということを、先日『ガードルの正しい選び方』にて、ボディコンサルタントの中島絹代さんに教えていただきましたが、今回は、ガードルの本当の役割について教えていただきます。

ガードルをいつもはいているという人も、ガードルをはいたことがない人も、ガードルなんて絶対不要だと思っている人も、目からウロコのガードルの本当の役割、ぜひご覧ください。


ガードルは、コレに歯止めをかける

体重は変わらないのにボディラインは確実に変化…。年齢と共に、女性の体は刻一刻と変化します。

特に下垂! 垂れるのはバストだけではなく、実はお腹やヒップも下垂するのです。

おなかを触る女性

こんなことはありませんか? 「以前は似合っていたパンツが、なぜか今は似合わない」「いままで着ていた服の印象が、微妙に違う」。
こういったサインは、すべて知らず知らずのうちに、下垂が進んでいるため。

そんな時、ガードルが実は即効性の高い、強い味方になります。
「ガードルをはくことによって、体型の崩れを瞬時に解決して、ボディラインを整える役目を果たしてくれるのです」(中島さん)

だからといって、これは厳禁

体型の崩れを瞬時に解決してくれるのが、ガードルということを知ったがために、理想の体型に近づきたくて、無理して自分の体型に合わないきついものを選ぶことは、必ず避けてください。

「ガードルの正しい選び方」で伝えたように、体に合わない小さいサイズのガードルをはくと、逆効果になります。

「きついガードルをはくことによって、逆に体型を崩してしまうこともあるのです」(中島さん)

ガードルって、こんなに高機能!

ガードルには、冷え対策という役目もあります。

肩にストールを巻き、温かい飲み物をもって窓の外を見る女性

ショーツ一枚よりも、断然ガードルをはいたほうが、太もも、腰まわり、お腹まわりの保温効果は上がります。

冷えは女性にとって大敵ですので、なるべく体を冷やさないほうがよいということは、みなさんご存じだと思います。ガードルをはいて、冷やさない対策をすることで、むくみの軽減にもなります。

また、機能性のあるガードルを選ぶことによって、骨盤を安定させて正しい歩行を促せたり、姿勢を整える助けになるガードルもあります。

「ガードルは、今自分が抱えている体の悩みを、解決に導く1枚にもなるのです」(中島さん)

ガードルの本当の役割を知ると、冷房や冷たい飲み物、食べ物で体を酷使するこれからの時期こそ、必要になることが分かりますよね。

ブラジャーやショーツだけでなく、ガードルもぜひ見直してみてくださいね。

 

取材・文/高田空人衣

中島 絹代

ボディコンサルタント 。
Body Styling Salon『de VOLTA』オーナー。オーダーメイドランジェリーブランド『emeth』デザイナー。
【関連記事】
de VOLTA

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    15
  1. バストケア
  2. ヒップアップ
  3. むくみ
  4. 下着
  5. 冷え対策

関連記事

  1. Beautyそのブラ合ってる?ブラの真ん中が「痛い!」意外な原因と対策をプロが解説

    そのブラ合ってる?ブラの真ん中が「痛い!」意外な原因と対策をプロが解説

    9
  2. Beauty今すぐやるだけで、バストが変わる! プロが教えるバストのハリを保つ、意外な方法

    今すぐやるだけで、バストが変わる! プロが教えるバストのハリを保つ、意外な方法

    37
  3. Beauty下着のプロが教える! ワイヤー入りブラとノンワイヤーブラの正しい使い分けの方法

    下着のプロが教える! ワイヤー入りブラとノンワイヤーブラの正しい使い分けの方法

    16
  4. Beautyそのガードル、本当に合ってる? 下着のプロが教える、ガードルの正しい選び方

    そのガードル、本当に合ってる? 下着のプロが教える、ガードルの正しい選び方

    17

あわせて読みたい

Pickup