FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    フランス女性がお手本! 美しい人を研究し尽くして判明した「エレガントさ」をつくる洋服選びのコツ

  1. Share

  2. お気に入り

    3

さまざまな女性のファッション

「主役は自分、服は自分を引き立たせるもの」というフランス女性に対して、日本では、「無難なものや流行りのもの」と判断する軸が“他人”になりがち。美容家の岩倉陽子さんは、フランス女性のファッション観に触れて、「日本で一般ウケする自分でいる限り、垢抜けないし、自分を活かせない」と思ったそうです。今回は、岩倉さんの著書『「美人」は、生まれつきではなく、テクニック』(SBクリエイティブ)から、自分らしいエレガントさをつくる洋服選びのコツをお伝えしていきます。

監修
岩倉 陽子

自分の「好き」「ワクワク」を大切に

お気に入りの服で出かける女性

どんな基準で洋服を選んでいますか?
「服はあるのに着たいものがない…」。こういうことは誰しもあるのではないでしょうか。
岩倉さんがクローゼットの見直し始めたのは、やはり日本から出てからでした。

「フランスやアメリカの女性たちにとって、主役は自分、服はわき役。その考えに直に触れたとき、もう誰かのためにキレイになるのはやめようと思いファッションが急に楽しいものになりました」

無難なもの、変に思われないもの、流行りだから、ではなく、
自分の「着たい!」という気持ちを軸にする。
「フランスの尊敬する女性にこんなアドバイスをもらいました。それは、とにかく『あなたが心から、テンションが上がるものを集めていく感覚を大切にしてみてね』ということ。たとえば、SNSや雑誌、テレビを見ていても“いいな”とか“好き”と感じる女性のファッションがありますよね。そういう自分になったら、どんな気分かな?と想像してみるんです」

自分が何にワクワクするか知ることから。
それが、自分らしいエレガントさを形作ってきます。

一般ウケする自分を捨てる経験

外を見てたそがれる女性

日本にいる間は、男性にも女性にも好かれる、いわゆる「可愛い」ものが好きだったという岩倉さん。
「ふわふわのワンピースとか、前髪を作って小顔に見せるとか、正解を目指していろんなことをやっていました。でも、一般ウケする自分でいる限り、突き抜けられない、垢抜けない、その一般ウケする中で右往左往している自分がいました。
でも、いったん一般ウケをやめて、自分のよさを活かすことを流行よりも優先してみると、その突き抜けた部分を“いいね!”と言ってくれる人が現れるんです」

「日本だけに住んでいたら、“みんなにいいね!と言われたい”から抜け出せなかったと思う」と岩倉さん。
海外に一歩出てみて、いろいろな感性に触れ、「その人がその人らしく、自信を持っていれば、何を着てもいいんだ」とラクになったと話します。

ファッションは「2つの方向」で考える

外でひざしを浴びて気持ちよさそうな女性

具体的には自分がワクワクするものと似合うものからスタイルを作っていきましょう。
「まず、私は、“自分”を中心にしつつ、“ワクワクする”ものと、専門家や他者が“似合うね”と言ってくれるもの、この2つの方向を組み合わせるとよいな、と思っています」

似合うものを見極めることも大切ですね。

「自分を知る、分析するのはとっても大事。何が好きか?だけじゃなくて、何が似合うか?も含めて知っていくことです。今は専門家のサービスもたくさんあります。ファッションはメイクよりも理論が確立しているので、専門家に見てもらうと、ひとつ“これも似合うんだな”という武器が増えますよね」

この世で一番素晴らしい色は、あなた自身を輝かせる色

ベーシックなモノトーン以外にも、自分らしい色を発見するのもエレガンスにつながります。
「ココ・シャネルは、“この世で一番素晴らしい色は、あなた自身を輝かせる色”と言っていますが、フランスにいたときの私の友人で、季節を問わずずっとボルドー色の服を着ている人がいました。彼女いわく“ボルドーは秋に映える色という人もいるけどいいの。この色を身につけていると、元気になれるのよ。季節に関係なく私らしいカラーって感じかな”ということでした。そう言われて彼女を見ていると、不思議といつの間にか、ボルドーが彼女に似合う色になっているのです」

あなたにとって大切な自分らしいカラーはありますか。
あなたを輝かせる色の引き出しがあると、魅力がぐっと高まります。

自分で分析したり、複数の専門家にアドバイスをもらいながら、自分らしいスタイルを作っていきましょう。それが自分を何倍にも魅力的に見せてくれます。

文/庄司真紀

参考書籍
「美人」は、生まれつきではなく、テクニック』(SBクリエイティブ)

岩倉 陽子

岩倉 陽子

美容家・(株)Rubyrose代表取締役。大学卒業後、アメリカの企業でマーケティング・通訳を担当。日本に帰国後、大手IT企業で営業職として働く。株式会社Rubyroseを立ち上げる。
自分自身の強い外見のコンプレックスと、食欲に振り回されている人生を変えたいという思いから、10キロのダイエットに成功し、読者モデルに。国内外の1,000人以上もの美人を美容ライターとして研究。小学館美容メディアでの美容ブログで連載した「10キロ痩せたダイエットシリーズ」は、累計130万PV以上のヒットとなり、多数メディアに取り上げられる。2019年5月には「汚れはきちんと落ちるのに洗う前より潤うクレンジング」anuアニュの国内発売がスタートし、発売から2か月で楽天ランキングの4部門で1位を取得。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. 美人になる方法

関連記事

  1. Beauty「生まれつき美人は2割だけ」美容家が教える、髪型とメイクだけで美人になれる方法

    「生まれつき美人は2割だけ」美容家が教える、髪型とメイクだけで美人になれる方法

    7
  2. Lifestyleパリジェンヌのあの“華”はどこから? 美容家が分析「心の余裕」「幸せ感」「自分ファースト」美人オーラを纏う生き方

    パリジェンヌのあの“華”はどこから? 美容家が分析「心の余裕」「幸せ感」「自分ファースト」美人オーラを纏う生き方

    2
  3. Beauty【足もとコーデ】足もとあったか!なのにおしゃれ♡ パンプスと靴下のベストな相性

    【足もとコーデ】足もとあったか!なのにおしゃれ♡ パンプスと靴下のベストな相性

    2
  4. Beauty【雨の日コーデ】濡れても雨ジミが目立たない♡ おしゃれコーディネートの作り方

    【雨の日コーデ】濡れても雨ジミが目立たない♡ おしゃれコーディネートの作り方

    4

あわせて読みたい

Pickup