FYTTE

「不調」と「不腸」の関係を知ってセルフケアしよう! 心と体を整える“腸律”セラピーとは?

「不調」と「不腸」の関係を知ってセルフケアしよう! 心と体を整える“腸律”セラピーとは?
便秘しやすい、お腹が張ってつらい、やる気が起こらないなど、お腹の不調を感じていませんか。腸の不調はダイエットだけでなく、メンタルや免疫などさまざまなところに影響します。FYTTEのファンコミュニティ「Fan!Fun!FYTTE」での活動のひとつ「腸活部」では、お腹にふれることで“腸の表情”を感じとり、腸と心を整える “腸律師”小澤かおりさんをお招きして、腸のぜん動運動の働きや、“不調”と“不腸”を整えるセルフケア法について教えてもらいました。

目指すのは、自らしっかり動く腸

「私は以前、介護業界で働くなかで排便トラブルと認知症の関係性に気づき、薬や病気、腸の動きについて学んできました。近年、腸と脳の相関関係が解明されつつありますが、脳と腸が互いに関係しているだけでなく、脳が楽しいと感じていても、腸には負担と感じるといった行き違いも日常的に起こります。そうしたひとつひとつの小さなことが腸の負担となり、不調の原因となってしまうのです」(小澤さん)

地球が誕生したのが46億年前で、27億年前には深海から浅瀬に口と肛門だけの動物、「腔腸(こうちょう)動物」が生まれました。これが“腸”の始まりです。初めは口と肛門が同じ場所にあったのですが、しだいに進化していき、「口」から食べたものを「肛門」から排泄するという形態に変わっていきます。その後、腸の中に胃袋や肝臓のような臓器ができるようになり、腸の負担が大きくなったことから、腸をサポートする器官として脳が出現しました。

脳には大脳、小脳があり、シワがあります。脳の外観は、小腸と似ていると思いませんか? 進化の過程でも動物の基盤は腸であり、脳よりも腸のほうが先にできたと言えるのです。「腸は第2の脳」なんて言われ方をしますが、“腸律師”の私から言わせれば、腸が先に生まれているのですから「脳が第2の腸」なんです。

腸は独自の神経回路を持っていて、ぜん動運動を行っています。食べたものを腸の中で混ぜながら運んでいくのが、ぜん動運動です。その過程で食べたものの消化吸収や排泄を行うだけでなく、酵素やホルモン、血液などを作り、免疫機能を司るとも言われています。

ぜん動運動は、腸が自ら動く力によって行われています。この、自ら動く力を持っているということが、腸にとって、とても大切になってきます。自ら動く腸でないと、消化吸収する力などさまざまな働きが弱まってしまうからです。

例えば、食物繊維は腸活にいいと言われていますよね。もちろん、腸壁をきれいに掃除する、腸内細菌のエサになるなどメリットが多い栄養素です。ただ、ぜん動運動が弱まっている状態でたくさん摂取しても、食物繊維が腸内で停滞してしまい、過発酵してしまいます。
腸の動きがよくない人にとっては、腸活によいと言われる食物繊維が、負担になることがあるということです。野菜や玄米をたくさん食べているのになぜか腸に不調があるという人は、自分の腸が、こうした栄養素を消化吸収できるのかどうかということを見極めないといけないのです。

ぜん動運動を促して、腸の力を高める“腸律セラピー”にトライ!

ぜん動運動を促して、腸の力を高めるのが腸律セラピーです。
お腹に2つの時計があるとイメージして行っていきます。おへそまわりの「小さい時計」と、お腹全体の「大きな時計」です。

行う際には3点、注意します。

・強く押さない
・指を立てない
・早く動かさない

両手はクロスしてお腹にあてます。

このとき、利き手を上にするのは、力が入り過ぎるのを防ぐためです。お腹を強く押したり指で突いたりすると、腸にとっては攻撃となり、身構えるようにかたくなってしまいます。

それではさっそくあお向けになり、「小さい時計→大きな時計」の順でセルフ腸律を行っていきましょう。

【小さい時計】
小さい時計の6時(おへそのすぐ下)に両手をクロスして重ねます。指は曲げず、指の腹を使ってさするように、ゆっくり10回、左右に動かします。絹ごし豆腐をゆっくり押してちょっとヒビが入るくらいの圧で押すようにしましょう。
そこから少し右に移動して、同じように7時、8時、9時(おへその右横)へと進み、10回ずつ動かしながら、1周します。

◎6時より3時や9時が固い人は水分不足の傾向にあります。水分をちゃんととれているか振り返ってみましょう。
◎12時(おへその真上)がかたい人は時間に追われている人。せっかちな人もかたくなる傾向があります。今日は何が忙しかったのかな、などと振り返ってみましょう。

【大きい時計】
大きい時計の6時(恥骨の上)に手を置き、小さい時計より大きめに揺らします。力加減やさすり方は「小さい時計」と同じです。10回ずつ揺らしながら、7時、8時と右に移動していきます。なお、8時は腰骨の内側あたり、9時はイラストで示した右腹よりも、もっとわき腹のほうで、体側部分に当たります。10時、11時はろっ骨のやや内側を、ろっ骨に沿うように動かし、12時は、ちょうど「みぞおち」をさすります。そのまま、1時、2時と進み、1周しましょう。

◎10時、11時の部分に指がきゅっと自然に入らない人、かたい人はイライラしているかもしれません。いわゆる腹が立っている人は、ここがかたいです。
◎12時の「みぞおち」は睡眠の質に関わってくる部分。よく眠れない人はここがガチガチです。小さな子を寝かしつけるときに、ここの部分をやさしくやさしく温めてあげるだけで、お子さんの睡眠の質がよくなります。眠れない人も、ここをゆっくり20回も、30回と揺らしてあげてください。
◎1時、2時(左側のろっ骨の下)がかたい人は、頭をたくさん使っている人や心配性の人が多いです。
◎3時(左のわき腹。体側部分)の場所は緊張点。ストレスや緊張にかかわる場所なので、左の体側部分をほぐすだけで、体全体の緊張がほぐれます。

「さわってみてかたいところはありましたか? 腸にはその人なりの腸の表情があります。どこがかたくなっているか、手でさわって少しずつその原因をはずしていくことが、腸の負担を下げることになります。食べるものや生活習慣、精神的なものなど、“不腸”の原因となるものは多岐にわたりますが、かたいところをやさしくさわりながら1日を振り返り、少しずつ腸の負担を減らしていってみましょう。“脳が第2の腸”と先ほど言いましたが、脳の感じていることと腸の感じていることを“腸律”して、腸と脳を仲よくしてあげられると、便秘などの“不腸”だけでなく、体のさまざまな“不調”が改善されていきますよ」

心と体を整える腸律セルフケア、ぜひみなさんもチェックしてみてくださいね。先生、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

ファンコミュニティ「Fan!Fun!FYTTE」の活動のひとつ「腸活部」は、便秘の改善や美腸をめざし、月1回のペースで行われる部活動です。この機会にぜひ参加して、ご自分の「腸」について、考えてみませんか?

文/庄司真紀

produced by Fan!Fun!FYTTE