FYTTE

たるんだ二重あごをスッキリさせるポイントは、姿勢と舌の筋肉にあり! 顔筋トレーニング〈Part2〉~「Fan!Fun!FYTTE」オンラインクラスレポート~

たるんだ二重あごをスッキリさせるポイントは、姿勢と舌の筋肉にあり! 顔筋トレーニング〈Part2〉~「Fan!Fun!FYTTE」オンラインクラスレポート~
お顔の中でほうれい線と並んで、老けた印象をつくるフェイスラインのたるみ。実は、マスク生活も二重あごの要因になっています。「Fan!Fun!FYTTE」では、表情筋トレーニング、ウォーキングなどを通して8000人以上の方を指導してきた小林かおる先生の「コアフェイストレーニング」を開講! オンラインクラス〈Part2〉では、二重あご解消のトレーニングを教えていただきました。

マスク生活で二重あごが気になる理由

女性の顔の悩みにあげられる、目もと、ほうれい線、フェイスライン。これらの部分のたるみを引き締めてあげるだけで、若々しくイキイキとした表情がつくれます。
前回は、ほおを引き締めるトレーニングをご紹介しましたが、2回目となる今回はフェイスラインにフォーカス!

「マスク生活でほうれい線が目立つようになる人が増えたことを前回お話しましたが、二重あごも同様に気になるという人が増えています。それは、マスクをしているとどうしても口呼吸をする時間が増えてしまうからなのですね。口呼吸になると舌の位置が下がってきて、それがあごのたるみを引き寄せてしまうのです」(小林先生)

それではまずご自身の舌の位置をチェックしてみましょう。みなさんの舌の位置はどこにありますか?

舌の位置イラスト

正しい位置はa。
舌の先が、上あご(上の前歯のつけ根から1cmほど奥の場所)にあり、舌全体が上あごにぴったりくっついていれば、正しい位置にあると言えます。

「かつての私もそうだったのですが、二重あごは体重に関係なく起きてしまう現象ですよね。それは本来上あごにぴったりついているはずの舌が下がっていると、舌の筋肉が弱まり、フェイスラインがたるんでしまうから。だから、二重あご対策には舌筋のトレーニングが大切なんです。前回のほおのトレーニングのように、すぐに効果を実感できるというものではないのですが、舌の筋肉を鍛えれば、時間はかかっても確実にフェイスラインが引き締まります。横から見たとき、あごから首にかけてのラインが下に向かうのではなく、スッと上に上がっていると顔の印象が大きく変わりますよ」

ウォーミングアップ〈ベロだし〉

ベロだし画像

まずは〈ベロだし〉でウォーミングアップをしていきます。
骨盤、肩、首を一直線上に整えて、頭を背骨の上にまっすぐ乗せるようにして姿勢を正します。
舌は上あごにピタっとつけておきます。鼻から息を吸って吐いたら、同時に舌をできるだけ出します。これを4回くり返します。

「ベロを出すだけなのに口まで開いていませんか。あごの筋肉(かみしめると固くなる筋肉)を使うとお顔が四角になってしまうので、そういう場合は、エラの部分を少し手で押さえておき、ベロだけ出すように意識します。どこにも力を入れずに、ベロだけ出せるようにゆっくりトレーニングしていきましょう」

これだけで舌の位置が上がっているのがわかるはず。舌の力が弱ってきている方も舌の筋肉が目覚めて本来の位置に戻っていきます。
舌の筋肉が目覚めたら、いよいよ舌筋をプッシュアップしていきます!

コアフェイストレーニング 〈舌筋プッシュアップ〉

次は、ウォーミングアップで前に出した舌の力を使って、同じように舌を口の中で上にピタッと押しつけるエクササイズです。

1、舌を口の中で上あごにピタっとつけます。舌の先端は前歯より少し奥に置きます。

2、舌の中央、舌の根もとも上あごに押しつけ、舌全部を上につけます。
(のどまで行かない程度につけます)

舌の筋肉の動きがわかる部分にふれている画像

3、舌を上にあげたまま、あごを上げ、首もとの筋肉(あごの骨より少し内側あたり。上の写真参照)をさわってみます。かたくなっているか確認し、指の力に負けないように舌を上あごに押しつけます。

顔を正面に戻す画像

4、3の状態のまま顔を正面に戻します。あごの前に1本の縄はしごをイメージして、そこにあごを引っかけるように、首を伸ばします。舌と首の筋肉が使えていると、首もとにタテのすじが出ます。顔を正面に戻す際は、首の角度を変えない(前に出さない)ことがポイント。

「3から4の流れはとくに難易度が高く、一度ではコツをつかめないかもしれません。できるまでに最長3か月かかった方もいました。まずは、舌は上あごにぴたっとついているのが定位置ということを認識してください。舌筋をプッシュアップしているときは、舌と上あごの間に薄いこんぶをはさんでも、それが絶対抜けないイメージで!(笑)」

ふだん意識することのない舌筋ですが、二重あご解消という美容面のメリットのほかに、健康面でも加齢時に飲み込みをよくするなど、嚥下(えんげ)障害を防ぐ効果もあるそう。「老化を防ぐという意味でいちばん重視したいトレーニングです」と小林先生。

舌をぴったりと上あごにつけていると、自然と鼻呼吸になりますよね。マスクの中でも舌の位置を意識すれば、口呼吸を防ぐことができ、二重あごの防止にも役立ちますので、ぜひ行ってみてください!

次回の小林先生のオンラインクラスは5月14日(土)9:00~9:45。
https://fytte.jp/community/class/p704/
Part3では、ひたいの横じわを軽減し、目をぱっちりさせることにフォーカス!
ご参加お待ちしています^^

文/庄司真紀

produced by Fan!Fun!FYTTE