FYTTE

やせやすい体を作る「MCTオイル」入門&おすすめな使い方は?「Fan!Fun!FYTTE」オンラインクラスレポート~

やせやすい体を作る「MCTオイル」入門&おすすめな使い方は?「Fan!Fun!FYTTE」オンラインクラスレポート~
美容&健康に欠かせない良質な脂質。長鎖脂肪酸のオリーブオイルや青魚に含まれるEPAやDHAなどさまざまなオイルがありますが、ダイエットには中鎖脂肪酸のMCTオイルが注目されています。FYTTEのファンコミュニティ「Fan!Fun!FYTTE」では、オイル生活を極めるオイルビューティシャンのAKIさんをお招きして、オンラインクラスを開催しました。体に必要なオイルの基礎知識からMCTオイルを用いた商品などを実際に試してみました!

ダイエットには脂質も大事

ダイエットではつい敬遠したくなる脂質ですが、脂質は三大栄養素のひとつ。体に必要な栄養素でもあります。

「私が20数年前にダイエットを始めたときは、油はカロリーが高いということでできるだけ控える食事法が一般的でした。それがもとで体調不良が1年も続いてしまったのですが、そのことで脂質がどれほど体に必要なのかということを身をもって知ることになりました。
カロリーが高いことは決して悪いことではないんですね。少しとるだけでエネルギーになってくれるということですから。食が細くなったお年寄りや疲れているときもいいんですよ」(AKIさん)

最近よくいわれるPFCバランスは、炭水化物50〜60%、たんぱく質13〜20%、 脂質20〜30%を摂取しようという食事の黄金比を表したものです。油は悪物ではなく、ダイエット中も抜いてはいけない大切な栄養素です。

意識してとりたい良質オイル

健康のためにいいといわれるオイルはさまざまあります。

〈健康&美容にとりたいオイル〉
・MCTオイル・・・脂肪燃焼効果
・グレープシードオイル・・・抗酸化作用
・米油・・・自律神経を整える
・アボカドオイル・・・眼病予防、動脈硬化を予防
・えごま油・・・アトピー性皮膚炎や花粉症のお悩みに

「これらのオイルは全般的に体の巡りをよくしてくれ、ダイエットをサポートしてくれます。米のぬかからとれる米油はあまり知られていませんが、自律神経を整えてくれるので、眠りが浅いときや気持ちに揺らぎがあるときにもおすすめです。
またアボカドオイルはルテインが含有されているので、デスクワークが続いて疲れ目や乾燥など目の健康が気になるときにもよいオイルです」

MCTオイルがダイエットによい理由

数あるオイルの中でもダイエット中に積極的にとりたいのは、脂肪の燃焼を助けてくれるMCTオイル。
MCTオイルはココナッツなどから中鎖脂肪酸だけを抽出したものです。すばやく消化・吸収され、体内でケトン体を生成しやすく、エネルギーになりやすいという特徴があります。
上記の良質なオイルが長鎖脂肪酸であるのに対して、MCTオイルは中鎖脂肪酸だけで構成された油であり、それがダイエットにもっとも適しているといわれる理由です。

「MCTオイルを摂取すると肝臓でケトン体が作られ、これによって細胞内でエネルギーを生み出すミトコンドリアがどんどん元気になります。動けば動くほど体が燃えていくので、まさにダイエットにぴったりなオイルといえます。MCTオイルを糖質制限しながら摂取する人もいるのですが、MCTオイルは糖燃焼回路と脂肪燃焼回路を両方働く状態にしてくれるので、糖質もちゃんと消費してくれます。そのためにも、やはりバランスよく食事をしてほしいなと思います」

メリットの多いMCTオイルですが、体にいいからと言って、1度にたくさんとりすぎたり、脂質の総量が多いともちろんダイエットからは遠ざかってしまいます。

「オイルは飲みものではないので、毎日ちょっとずつとるのがポイントです。体重の半分のccを、例えば体重が60kgなら 脂質の量は30cc、大さじ2杯くらいが目安です。
ヨーグルトや納豆など発酵食品にちょい足ししたり、白湯に入れたりするのもいいですよ。最近は植物油脂が豆腐でも使われているほど、“隠れオイル”がいろいろな食品で使われています。過剰に脂質をとらないよう摂取量は注意したいですね」

〜MCTオイルをじょうずに使う5つのポイント〜

<1>無味無臭なので料理の邪魔をしない!
一般的な油よりもさらっとしているので、どんな食品にも使えて飲みものに混ぜるのもおすすめ。
<2>保存がしやすい油
一般的な食用油と比べて酸化しにくいので、保存がしやすい油です。
<3>MCTオイルは直接加熱すると煙が出る!
炒め油や揚げ油には向きません。生食用としてかけるオイルとしての使用がおすすめで、生地に練り込めば加熱も可能です。
<4>1度にとりすぎるとお腹がゆるくなることがある!
過剰摂取はカロリーオーバーになるので気をつけてください。 1食当たり2g〜5gを目安に。
<5>ポリスチレン製の容器(カップラーメンなど)には使用しない!
容器の内部が変質しお湯等がこぼれる可能性があります。かける場合は、中身を別容器に移し替えてから使用してください。

今回のお試しセットはコチラ!

日清MCTオイルHC 85g(日清オイリオ)

MCT(中鎖脂肪酸油)100%の食用油。BMIが高めの方の体脂肪や内臓脂肪、ウエストサイズを減らす機能性表示食品。透明で味やにおいが少なく、すっきり、クリアな味わい。サラダやコーヒー、野菜ジュース、ヨーグルトやスープなど、毎日の食事に簡単にとり入れられます。

<参加者のコメント>
「恐る恐るコーヒーに入れてみたのですが、飲みやすくてビックリしました!」
「味が変わらないなら、コーヒーとか紅茶とかでも時間ないときはいいですね」
「コーヒーに入れてみました。全然味変わらないですね♪」

日清MCTドレッシングソース ごま&ナッツ/和風オニオン 190ml(日清オイリオ)

日清MCTオイルを使った、機能性表示食品のドレッシングソース。中鎖脂肪酸がBMIが高めの方の体脂肪やウエスト周囲径を減らします。具材にからみやすい乳化タイプ。香ばしいアーモンドの風味が広がる「ごま&ナッツ」と、しょうゆのうまみに玉ねぎの甘みが溶け込んだ「和風オニオン」。

<参加者のコメント>
「ごま&ナッツを早速使いました。すごくおいしいドレッシングです」
「とろみがあるので温野菜によいなと思いました」
「和風オニオンはお肉料理にも合いそう。ステーキにかけたいな」

MCTスタイル<ベイクドショコラ>(森永製菓)

MCTオイルを使用した、脂質マネジメントチョコレート。ベイクド技術で、外はこんがりサクサク、中はなめらかな二重食感が楽しめるベイクドショコラです。1箱当たり4.9gのMCTオイルを配合。仕事や家事の合間のブレイクタイムにおすすめ。

<参加者のコメント>
「おいしくて、言われなきゃ置き換えとわからない」
「普通のベイクドショコラと変わらない! おいしーい!」
「とってもおいしいのに罪悪感なしで食べられるの最高です」

プロテインバーチョコレートクッキー(ブルボン)

たんぱく質だけではなく、良質なエネルギーであるMCTオイル(中鎖脂肪酸油)やパラチノース®、さらに10種のビタミン・カルシウム・鉄などの栄養素を配合したプロテインバー。1本でたんぱく質10g、MCTオイル4.7gをとることができます。

<参加者のコメント>
「1本を3回に分けて食べてもいいくらいボリュームがある!」
「原材料がよく良質な栄養成分が入っていてうれしいです」

石巻産生さば使用 さば水煮/味噌煮(ウエルシア薬局)

旬の時期に水揚げされた生さばを使用したさば缶。さばに多く含まれるEPA、DHAといったオメガ3脂肪酸と合わせて、MCTオイルを配合。化学調味料を使用せず、素材本来の味を楽しめると同時に、3つの良質な脂質を手軽にとることができます。「さば水煮」と「味噌煮」の2種類。

<参加者のコメント>
「サバ缶なのにMCTも入っていて、ビックリしました!」
「DHA&EPAにMCTオイルもプラスされていて、まさに黄金コンビですね」

MCTオイルの小瓶を食卓に置いておき、食材にちょい足しして摂取するようにすればとり忘れることもなくなります。特に朝食時にとるのがいいそうですよ。ぜひMCTオイルを習慣にして、オイル生活を始めてみませんか?

文・写真/庄司真紀

produced by Fan!Fun!FYTTE