FYTTE

目力UP&ひたいの横じわ解消のカギを握るのはここの筋肉! 顔筋トレーニング〈Part3〉「Fan!Fun!FYTTE」オンラインクラスレポート~

目力UP&ひたいの横じわ解消のカギを握るのはここの筋肉! 顔筋トレーニング〈Part3〉「Fan!Fun!FYTTE」オンラインクラスレポート~
顔の印象を左右する目もと。この目もとの印象を決めるうえでとても大切な働きをするのが、まぶたにある「眼輪筋」です。眼輪筋が正しく使われず弱くなってしまうと、目が小さくなったり、ひたいに深いしわが刻まれたりする原因に…。「Fan!Fun!FYTTE」では、表情筋トレーニング、ウォーキングなどを通して8000人以上の方を指導してきた小林かおる先生の「コアフェイストレーニング」を開講! オンラインクラス〈Part3〉では、眼輪筋のトレーニングを通して、ひたいのしわ解消&目力アップのヒントを教えていただきました。

ひたいのシワはなぜできる?

女性の額画像

ひたいの深いしわ、年齢を感じさせますよね。仕方ないとあきらめていませんか? でも「年齢だから」とあきらめるのは早いです!

「ひたいのしわは、実は目を開くときの動作と深く関係しています。目はぱっちり開けなくても視界が狭まることはないので、日常生活で目をぱっちり開けることは意外と少ないんですね。まぶたの筋肉をしっかり使わず、目をぱっちり開かないことが続くと、『眼輪筋(がんりんきん)』という、瞳の周りを覆う筋肉が弱って、目が開きにくくなっていきます。そこで、いざ、目を開けようするときは、眼輪筋(がんりんきん)よりもパワーの強いおでこや眉の筋肉を使って、目を開けてしまうのですが、それがクセになると、ひたいのシワの原因になってしまうのです」

ひたいと眉は感情表現に使うところです。目を開くときは眼輪筋を使うようにしていきましょう。そうしないとどんどん目が小さくなってしまいます。
まずは眼輪筋が使えているかどうかをチェックしてみましょう。

はじめに骨盤、肩、首を一直線上に整えて、頭を背骨の上にまっすぐ乗せるようにして姿勢を正します。

「眼輪筋」が使えているかどうかのチェック

(1) ひたいに手を当て、目を閉じます。

写真1

(2)ゆっくり目を開け、眉やひたいが動かないかどうか、チェックします。
(3)さらに大きく目を見開いて、眉やひたいが動かないかどうか、チェックします。

目を開けたときに眉とひたいが動いてしまう方は正しく眼輪筋が使えていないということです。ひたいにシワがある方は大抵の場合、目を見開くときに眉やひたいの筋肉を使っているそう。

眉とひたいの筋肉を使わずに目を開ける感覚を身につけるのが、今日のポイントです!

コアフェイストレーニング1 ひたいと眉をゆるめる

両手で顔を覆う画像

(1)ひたいの上にある、髪の生え際に指を置いて目を閉じます。そこからやさしくゆるゆると眉のところまで指を下ろして来ます。これを3回くり返します。ひたいをリラックスさせましょう。
(2)眉が動かないように意識しながら、ゆっくり目を開けます。手もそっと離します。

まぶたをつまむ画像

(3)親指と人さし指で眉を上下ではさむように、もんでいきます。どこか痛いところがないか探し、痛いところがあれば筋肉をもんで、ゆるめてあげましょう。

「目尻側が痛いという方は、モノを見るときに目尻をあげるクセがある方。眉頭のほうが痛い場合は眉間にシワを寄せるクセがある方が多いですね。コアフェイストレーニングでは使いたい筋肉をトレーニングするのと同時に、使わない筋肉はゆるめてあげることが大切です」

ひたいと眉をゆるめたら、いよいよ眼輪筋のトレーニングに入っていきます!

※この記事の続きは、無料の会員登録をしていただくと、コミュニティページの「ACTIVITY REPORT(活動報告)」内で読むことができます。

コアフェイストレーニング2 アイトレ

両手でひたいを押さえる画像

(1)ひたいに手を当てて、眉の上ギリギリあたりに手を置きます。眉が上がりやすい方は5mmほど眉を下げるように手で軽く抑えます。
(2)息を吸って、目を大きく開きながら息を吐きます。このとき目から息を吐き出すイメージで。そして、お腹がペタンコになるまで息を吐き切ります。これを数回くり返しましょう。

コアフェイストレーニング3 眼輪筋マッサージ

目頭から目じりを開いていく画像

(1)両手の人さし指で、目頭の筋肉、中央の筋肉、目尻の筋肉を上下に開いていきます。眼球を押さえないように骨のあるあたりの眼輪筋を刺激しましょう。

目の下を押さえる画像

(2)下まぶたに指を置き、目を閉じます。まぶたをぎゅっと閉じて筋肉を感じましょう。目の下の筋肉も使わないとたるんでしまいます。

コアフェイストレーニング4 まぶたストレッチ

目を細める画像

目尻に人さし指と親指を置いたら、少しだけ横に引き、まぶしいものを見るように目を細めます。上下のまぶたの筋肉が使われ、プルプルする感覚になります。10秒続けたら手を離し、目をぎゅっと閉じ、ゆっくり目を開けます。数回くり返します。

「目を開けるとき、今まで習慣的に眉やひたいの筋肉を使って来た方は、一朝一夕に眼輪筋を使う方法に切り替えるのは難しいかもしれません。でも、今回のトレーニングと合わせて、“目を開けるときに、できるだけひたいは使いたくない!”と意識するようにしてみてください。それだけでも少しずつ感覚として身についていきます。眼瞼下垂(がんけんかすい)の予防にもなりますから、ぜひ、とり組んでみてくださいね」と小林先生。眼輪筋のトレーニングは小林先生も朝の日課にしているそうです。

これまで3回の小林先生のオンラインクラスでは、頬、舌筋、眼輪筋のトレーニングをご紹介しました。顔の中にはたくさんの筋肉があり、使ったほうがいい筋肉、できるだけ使いたくない筋肉があるということもおわかりいただけたのではないでしょうか。地道にコアフェイストレーニングを実践して、明るい笑顔で、いい毎日を積み重ねていきましょう!

文/庄司真紀

produced by Fan!Fun!FYTTE