FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    26

豚こまトマト

トマトの酸味と豚こまのコクがおいしい一品。
そのまま食べてもおいしいですが、リゾット風にアレンジするのもオススメ!
ぜひ作ってみてくださいね。


作り置きレシピ「豚こまトマト」

【材料】(2~3人分)
豚こま肉 250g
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
◎トマト缶(カットタイプ) 1缶(400g)
◎水 200ml
◎トマトケチャップ 大さじ3
◎砂糖 大さじ1/2
◎塩 小さじ1/3
オリーブオイル 適量

【作り方】
(1)玉ねぎは皮をむき、みじん切りにする。にんにくもみじん切りにする。
(2)鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて中火にかけ、香りが立ったら豚こま肉と玉ねぎを加えて炒める。
(3)肉の色が変わったら◎の調味料を加えて混ぜ、弱めの中火で10分煮る。

【ポイント】
・玉ねぎは薄切りでも◎
・保存期間は冷蔵で4日になります。

豚肉にはたんぱく質、ビタミンB1などが豊富に含まれます。ビタミンB1はエネルギー代謝にかかわるビタミンで、食べたものからエネルギーを生み出すために重要な栄養素です。

時短ポイントとしては、玉ねぎやにんにくのみじん切りは冷凍保存しておくのがオススメです。

玉ねぎは包丁で切ると目にしみるし、にんにくはまな板に匂いがつくのが気になりますよね。(みじん切りした食材があちこちに飛び散って作業台が汚れるのもストレスになったり…)

そういうわけで私はいつもフードプロセッサーでまとめてみじん切りにして、ラップで小分けに包んで冷凍保存しています。玉ねぎ、にんにくはもちろん、しょうがのみじん切りも使い道が多いので、ストックしてあるととても便利ですよ。

冷凍保存しておくと火の通りも早くなるので一石二鳥。使うときは凍ったままフライパンに入れて大丈夫です。

こちらの「豚こまトマト」はそのままでもおいしいですが、リゾット風にアレンジするのもオススメです。

リゾット

【作り方】(1人分)
作り置きの「豚こまトマト」1/4の量とご飯茶碗軽く1杯分を小鍋に入れて中火にかけ、3分ほど煮て、塩を加えて味を調えます。器に盛り粉チーズをふればでき上がり!

とてもカンタンなのでぜひ試してみてくださいね。

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    26

関連記事

  1. Diet美容と健康をアシスト! 「鶏胸肉とキャベツのくるみ和え」#今日の作り置き

    美容と健康をアシスト! 「鶏胸肉とキャベツのくるみ和え」#今日の作り置き

    9
  2. Diet香りよくおいしい! 味玉アレンジレシピ「ゆずジンジャー味玉」#今日の作り置き

    香りよくおいしい! 味玉アレンジレシピ「ゆずジンジャー味玉」#今日の作り置き

    10
  3. Diet定番レシピをアレンジ! 「バジル香る♪イタリアンきんぴら」#今日の作り置き

    定番レシピをアレンジ! 「バジル香る♪イタリアンきんぴら」#今日の作り置き

    13
  4. Diet高たんぱくで鉄分補給にも!「まぐろのジンジャーステーキ」#今日の作り置き

    高たんぱくで鉄分補給にも!「まぐろのジンジャーステーキ」#今日の作り置き

    17

あわせて読みたい

Pickup