FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    19

漬け長いも

材料は3つだけ! 調味料に漬けてひと晩おけばOKの「漬け長いも」をご紹介します。消化がよくて、食べやすいですよ♪


作り置きレシピ「漬け長いも」

【材料】(作りやすい分量)
長いも 1本
しょうゆ 50ml
みりん 50ml

【作り方】
(1)しょうゆとみりんを小鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止め冷めるまでおく。
(2)長いもは皮をむき、保存容器に入る長さに切る。
(3)保存容器に入れて(1)を加える。ひと晩おいてからが食べごろ。

【ポイント】
・長いもは全体が浸かるように、たまに上下を返すとよいです。ポリ袋を使うのもオススメ。
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。

長いもは切ってから漬けてもいいのですが、大きいままで漬けておくとアレンジしやすいです。

すりおろせば味つきのとろろが簡単にできます。もちろん切ってそのまま食べるのもいいし、1cmくらいの厚さにスライスしてフライパンで焼けば、長いものステーキができます。粗びきこしょうをふってどうぞ♪

長いもには消化酵素が多く含まれています。そのため、いものなかでも珍しく生食ができます。

消化酵素は熱に弱いので、長いもを食べるなら生食がオススメ。消化を助けてくれるので、胃の調子が悪いときにもよいですよ。

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    19

関連記事

  1. Dietシンプルなおいしさがたまらない!「ピーマンとにんじんの塩昆布和え」 #今日の作り置き

    シンプルなおいしさがたまらない!「ピーマンとにんじんの塩昆布和え」 #今日の作り置き

    2
  2. Diet高たんぱく&低糖質! 体を温めたいときにおすすめの「ジンジャーシュリンプ」#今日の作り置き

    高たんぱく&低糖質! 体を温めたいときにおすすめの「ジンジャーシュリンプ」#今日の作り置き

    7
  3. Diet満足感抜群でダイエット中にうれしい! 「しらたきと豚肉のたらこ炒め」 #今日の作り置き

    満足感抜群でダイエット中にうれしい! 「しらたきと豚肉のたらこ炒め」 #今日の作り置き

    3
  4. Dietポリポリ食感がたまらない! 彩り抜群「大根とにんじんの塩麹漬け」 #今日の作り置き

    ポリポリ食感がたまらない! 彩り抜群「大根とにんじんの塩麹漬け」 #今日の作り置き

    6

あわせて読みたい

Pickup