FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    5

グリーンバーガーの画像

商品は作り置きをせずに、注文を受けてから作る「アフターオーダー式」をとり、長年鮮度とおいしさを追求してきた人気ハンバーガーチェーン「モスバーガー」。読者のみなさんの中にもファンだという人もいるのではないでしょうか。
そんなモスバーガーから、今回、ヘルシーで人気のある「グリーンバーガー」シリーズの第2弾として、新たにテリヤキ味が登場! 早速、試してみました。


「モスバーガー」は、1972年に東京・成増で誕生した日本発祥のハンバーガーチェーン。ロングセラーで不動の人気No.1商品「モスバーガー」をはじめ、みそとしょうゆを使った国内チェーン初の和風味「テリヤキバーガー」、コメ文化をとり入れた世界初の「ライスバーガー」など、画期的なバーガーを生み出し続けています。
その傍ら、国内の農家と協力して農薬や化学肥料に頼らない栽培方法で育てられた“モスの生野菜”を全店で導入したり、肉を使わない「ソイパティ」シリーズを発売したりと、環境や健康に配慮したとり組みも行ってきました。
昨年には、原材料に動物性食材や、ねぎやにんにく、にらなどの香りの強い五葷(ごくん)を使用しない「グリーンバーガー」を発売し、話題に。

そんな中、今回、新たに発売されたのは、そのグリーンバーガーの第2弾で、その名も「グリーンバーガー<テリヤキ>」(580円)。なんと、「テリヤキ味のグリーンバーガーがあるとうれしい」というユーザーの声から誕生! またコロナ禍で、外出の機会や運動量が減ったこと、動物性食品を減らす意識がある「フレキシタリアン」の増加も開発の背景にあるそうです。

「グリーンバーガー<テリヤキ>」のポイントは大きく分けて3つあります。
ひとつは、動物性食材と五葷を使用しない、プラントベース(植物由来)のバーガーであること。バンズは、しっとり仕上げるためにバター状の豆乳クリームを、野菜の甘みを出すためにほうれん草のピューレを使用。また、パテは、大豆由来の植物性たんぱくをメインに、しいたけエキスで旨み、こんにゃくやキャベツで甘みや食感をプラス。

もうひとつは、動物性食材と五葷を使用せずに、従来のテリヤキソースに近い甘さやコクを再現したこと。テリヤキソースには、てんさい糖でさっぱりとした甘さを、こんぶエキスで旨みを、マスタードとブラックペッパーでスパイシーさを出し、マイルドな甘さに。また、グリーンマヨソースは、卵を使わずに似たようなコクを出すために枝豆を配合、さらに酸味もプラスしてさっぱりとした仕上げに。

3つ目は、「パキッテ」を起用したこと。ソース後がけのため、テイクアウトで時間が経ってしまうときでも、野菜の歯ごたえが失われにくく、おいしさを長持ちさせることができます。また、ソースの分量を調節できるため、好みの味に合わせることが可能に!

ふたつに折って、好みの分量だけかけられるのがうれしい。

肝心なお味はというと…。

まず、お肉などの動物性の食材を使っていないのに、かなりジューシーでボリューミー! また、五葷を使用していなくても、十分濃厚で深い味わいがあり、一般的なテリヤキ味と遜色なし。あのテリヤキ独特の甘さ、コク、旨みがしっかりと感じられ、満足感が得られます。
さらに、卵を使用しないマヨネーズ風味のソースも、コクはもちろん、マヨネーズ特有の酸味もあり、まったく物足りなさを感じませんでした。
実は、筆者はハンバーガーを1個食べると、食後に胃が重くなりがちなのですが、この「グリーンバーガー<テリヤキ>」にはそれがまったくなく、ランチで食べたときには、夕食までにちゃんとお腹が空いたんです。
おいしくて、ヘルシーで、安心して食べられるとあって、早くもヘビーユーザーになりそうです。

最後に、モスバーガーによると、このグリーンバーガーシリーズを通して、SDGsの17の目標のうち、「③すべての人に健康と福祉を」「⑫つくる責任 つかう責任」のふたつの課題解決にとり組んでいくとのこと。食べる喜びや楽しさもありながら、さらにSDGsに貢献できるのは魅力ですね。
罪悪感ナシでバーガーを食べたい人、ヘルシーフードが好きな人、SDGsに興味がある人などは、この機会にぜひお試しを♪

(編集 けーこ)

Omeza トークとは…
FYTTE 編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

連載・関連記事

  1. 朝食に食べたい! 温めるだけで調理OKなビタミンたっぷりヘルシー「ピカール食品」

  2. 料理をしたくないときに超助かる! 野菜がたっぷりとれる、おすすめ「ピカール」デリ

  3. 温めるだけで野菜不足がすっかり解消!カルディの野菜がとれる「グリーンポタージュ」

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    5

関連記事

  1. Dietイナズマ級の衝撃! 糖質50%オフの「ブラックサンダー」って知ってる? #Omezaトーク

    イナズマ級の衝撃! 糖質50%オフの「ブラックサンダー」って知ってる? #Omezaトーク

    5
  2. Diet箱買いレベルのおいしさ! ウィルキンソンの梅味って知ってる? #Omezaトーク

    箱買いレベルのおいしさ! ウィルキンソンの梅味って知ってる? #Omezaトーク

    14
  3. Dietえっ、ホントに0kcal!? ダイエット中でも罪悪感なく食べられるきなこわらびもち♡  #Omezaトーク

    えっ、ホントに0kcal!? ダイエット中でも罪悪感なく食べられるきなこわらびもち♡ #Omezaトーク

    15
  4. Dietプロテインがニガテな人もグビグビ飲めちゃう! 果汁41%入りの植物プロテインドリンクが激ウマ♡  #Omezaトーク

    プロテインがニガテな人もグビグビ飲めちゃう! 果汁41%入りの植物プロテインドリンクが激ウマ♡ #Omezaトーク

    10

あわせて読みたい

Pickup