FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    105

トップ画像 きゅうりとしょうがのぽりぽり漬け

今日は、ぽりぽりぽりぽり永遠に食べられるエンドレス系副菜「きゅうりとしょうがのぽりぽり漬け」のレシピをご紹介します!
じつはこちらは以前ご紹介した「ぽりぽり大根」を、夏に向けてきゅうりバージョンにアレンジしたレシピです。
しょうがが加わることでさっぱりさわやか♪ 甘酸っぱい味つけとぽりぽり食感でお箸が止まりません!

これからきゅうりのおいしい季節に、ぜひ作ってみてくださいね!


【材料】(作りやすい分量)
きゅうり 3本
しょうが 30g
しょうゆ 100g
酢 100g
砂糖 60g

【作り方】
(1)きゅうりは洗って1㎝の輪切り、しょうがは皮をむきせん切りにして、保存容器に入れる。
(2)小鍋にしょうゆ、酢、砂糖を入れて火にかけ、ふつふつとしたら火からおろし(1)にかける。
(3)半日ほど置いたら食べごろ。

きゅうりは厚めに切ることで、よりぽりぽり感が出ます!

半日ほど置いてからが食べごろで、2日ほど置くとしっかり味がしみておいしいです。

さわやかさをプラスしてくれるしょうがには、ジンゲロンという栄養成分も含まれています。
ジンゲロンには血行促進作用があり、体を温めてくれる効果があります。

これから夏に近づくと、冷房で手足が冷えてしまうことも多いかと思いますが、そんなときはしょうがを適度にとることで血流をよくして、体を温めてくれます。

体の冷えは免疫力低下や肩こり、生理痛などを招く原因にもなるので、しっかり対策したいですね。

ぽりぽり漬けは冷蔵で5日ほど保存できますので、ぜひ作り置きに作ってみてくださいね!

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    105

関連記事

  1. Diet電子レンジで3分! 温めて混ぜるだけ!「なすのさばみそ缶和え」 #今日の作り置き

    電子レンジで3分! 温めて混ぜるだけ!「なすのさばみそ缶和え」 #今日の作り置き

    22
  2. Dietフライパンひとつで!「鶏肉となすとピーマンの甘酢炒め」#今日の作り置き

    フライパンひとつで!「鶏肉となすとピーマンの甘酢炒め」#今日の作り置き

    58
  3. Dietフライパンでたった3分! 「小松菜のオイル蒸し」 #今日の作り置き

    フライパンでたった3分! 「小松菜のオイル蒸し」 #今日の作り置き

    75
  4. Dietめんつゆだけで♪「厚揚げのほっこり煮」#今週の作り置き

    めんつゆだけで♪「厚揚げのほっこり煮」#今週の作り置き

    64

あわせて読みたい

Pickup