FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    63

足裏ビフォアフ画像

足から全身に働きかけることで健康的な毎日を生み出す「足ウェルネスⓇ」というライフスタイルを提唱している足裏研究家の鈴木きよみさん。前回、先生の足相診断を受けて、「胃もたれやなかなか消えない虫刺され跡」の原因が、自身のストレスにあると判明したH.Iさんは、3週間のモニター体験でどのような変化を感じたのでしょうか? 詳細をレポートします!


足刺激をはじめたら眠りの質が上がった!

前回の足相診断では、めずらしい「数学が得意な人の足相」であることがわかったH.Iさん。几帳面で頑張り屋の性格なので、家族の世話や子育ての場面でも気を抜かず、まじめに向き合ってきた様子でした。それが、体の緊張感を生み、無意識のストレスによって、不調が起こっていたということがわかりました。

モニターさん首から下画像

その後、3週間の足刺激生活をしてもらいましたが、今の体調はいかがでしょうか?

H.Iさん:「1週間くらい経った頃から、日々の疲れ方が軽くなってきました。以前は眠りが浅く、途中で覚醒しやすかったのですが、眠りの状態がかなりよくなりました。よく眠れるから疲れもよくとれる、という風に、好循環になったのかもしれません」

足刺激場所は1人になれる「湯船の中」がおすすめ

浴室画像

H.Iさんにおすすめの足刺激テクニックは、消化器の調子を整える反射区への刺激でしたね。足刺激はどのように行いましたか?

H.Iさん:「足刺激をするのは、お風呂の湯船の中がいちばん多かったです。本当はお風呂あがりや寝る前にやりたかったのですが、どうしても家族のことで時間をとられるので、お風呂の中で行うのがいちばん集中できました。
角質や虫刺され跡の症状が出ている左足への刺激を5分程度、右足は3分程度行いました。余力がある日は、寝る前にもツボ押し棒を使って、よりしっかりと刺激しました」

足刺激をしている間、足裏の感覚はいかがでしたか?

H.Iさん:「晩ご飯のボリュームが多めのときは、足裏の胃の反射区がゴリゴリしていました。また、親指の上部がかなりゴリゴリしていたので、ここも毎回刺激するようにしました。
足刺激をはじめてから、足裏が全体的にやわらかくなったと思います。毎日さわって気にかけるようになり、血色がよくなりました」

胃もたれや腰の重だるさはスッキリ解消

以前は胃もたれや、疲れたときの腰の重だるさが気になるとのことでしたが、体調に変化はありましたか?

H.Iさん:「足裏を刺激するようになってから、胃もたれはほとんどなくなりました。ときどき、重めのものを食べたときにはまだ症状がありますが、長引くことはありません。
腰の重だるさについては、じつはこの症状がいちばんよくなりました。疲れると、すぐに腰回りが『ジーン』としていたのが、今ではすっかりなくなりました!」

虫刺され跡の色素沈着がなかなか消えない、というお悩みについてはいかがですか?

H.Iさん:「こちらはまだ変化はないのですが、気長にみていきたいです。疲れているときは、虫刺され跡の色が濃かったり、少しざらつきを感じたりするので、体調のバロメータとしてつきあっていこうと思います」

その後の足相は…? 土踏まずのアーチに変化あり

気になる体調がよくなりはじめた様子のH.Iさんですが、足相に変化は起きているでしょうか? きよみ先生にみてもらいましょう!

きよみ先生:「指に注目してみると、以前の足に比べて、親指の形がふっくらと整ってきていますね。これはメンタル面が安定してきたことを示しています」

足裏ビフォアフ画像

きよみ先生:「また、土踏まずの部分を見てください。アーチの形が以前よりも深くなっていますね! これは消化器の働きがよくなったことを表しています。胃もたれがほとんどなくなった、ということなので、足刺激の効果が出ていますね」

土踏まずの画像

きよみ先生:「虫刺され跡の色素沈着が消えるには、まだまだ時間がかかります。ですが、代謝がよくなってきているはずなので、このまま足刺激を続けていけば、だんだんと薄くなっていきますよ」

気づいたのは「自分のための時間」の大切さ

H.Iさんは、足刺激以外にも、体調をよくするために生活面で実践されたことがあるそうです。

H.Iさん:「夜の食事を軽くすること、短くてもいいので、1人の時間を確保すること、できるだけ早く寝ること、を心がけました」

子育てのお疲れもあったようですが、1人の時間をもつことは、どんなメリットがあったのでしょうか?

H.Iさん:「毎日少しでいいので、自分のことを考える時間を作ることを意識するようになりました。今までも、ときどきはご褒美的にマッサージなどに行っていましたが、気分のよさはそれほど持続しませんでした。でも、毎日自分の足をさすることは、精神的に満たされることだとよくわかりました。
日々少しずつ何かをする、というのは得意なことなので、足刺激を続けられそうです。体調も上向きで、気持ちのいい春を迎えられそうです」

足刺激の習慣は、H.Iさんの心にも変化をもたらしたようです。虫刺され跡とは気長につきあいつつ、いずれは薄らいでいくことを楽しみに待ちたいですね!

取材・文/牧内夕子 イラスト/湯沢知子

癒しと温かな手の学校の公式youtubeチャンネルがスタートしました。「めん棒ダイエットレッスン」をはじめとした足ウェルネステクニックを、動画ならではのわかりやすいレクチャーでお伝えします。ぜひご覧ください!
https://www.youtube.com/channel/UCs9q-EYBjsymqjOwAzOd4_A

連載・関連記事

  1. 足相には生き方が反映される! レアな「数学足」の持ち主の、意外なストレス原因とは?

  2. 性格や悩みから引き起こされる頭痛… 親指を刺激して心の緊張感をやわらげる方法

  3. おうち時間がしんどいときに、あってよかった♡ ビューティ・ヘルス賢者が実感した癒しのアイテム6選

鈴木 きよみ

鈴木 きよみ

「鈴木きよみクリニカルサロン」主宰、「サロンアンピール」監修、「癒しと温かな手の学校」校長、有限会社オフィスキヨミ代表取締役。
「めん棒ダイエット®」考案者。足裏研究家。東京・自由が丘を拠点に30万人以上の足を診てきた経験豊富なセラピスト。足と身体のつながりに着目し、高齢化社会に向けて「歩ける寿命」を延ばし、人生を楽しむためのライフスタイルとして「足ウェルネス®」を提唱。
著書に、『足裏押すだけ!指圧棒セラピー』(学研プラス)、『めん棒ゾーンセラピーですぐやせっ!』(学研プラス)他多数。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    63

関連記事

  1. Healthcare春の生活変化で疲労が限界に… 3週間の足刺激でなんとか乗りきれた! 実体験をレポ

    春の生活変化で疲労が限界に… 3週間の足刺激でなんとか乗りきれた! 実体験をレポ

    22
  2. Healthcare鍛えてきたスポーツ足なのに、冷えとむくみで足首がパンパンに… 足刺激で全身ポカポカになる方法

    鍛えてきたスポーツ足なのに、冷えとむくみで足首がパンパンに… 足刺激で全身ポカポカになる方法

    14
  3. Healthcare氷のような足先がポカポカに! むくんだ象足もほっそりしはじめた足刺激のコツとは?

    氷のような足先がポカポカに! むくんだ象足もほっそりしはじめた足刺激のコツとは?

    36
  4. Healthcare足指を刺激したらポジティブ思考になれた! 3週間の体調と心の変化をレポート

    足指を刺激したらポジティブ思考になれた! 3週間の体調と心の変化をレポート

    34

あわせて読みたい

Pickup