FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    小鍋で腸活! 寒い日はあったかい「豚肉と白菜のしょうが甘酒鍋」で体ポカポカ!

  1. Share

  2. お気に入り

    26

豚肉と白菜のしょうが甘酒鍋

鍋料理は体を温めてくれて冷え性の人にはぴったりです。甘酒とみそのW発酵パワーでおいしさ倍増! しょうががアクセントになっています。今日は管理栄養士のエダジュンさんに美容成分が豊富な小鍋料理を教えていただきました。


体温まる「豚肉と白菜のしょうが甘酒鍋」

豚肉と白菜のしょうが甘酒鍋

こんにちは。管理栄養士のエダジュンです。
寒い時期が続く日々ですね。そんなときに、スーパーで手に入る食材を使って、お手軽な小鍋レシピをご紹介したいと思います。
本日の腸活食材は「甘酒」です。そのまま飲んで楽しむのももちろんいいのですが、鍋のスープにすると、ほのかな甘さがいいですよ。「甘酒は飲みにくい!」という人も多いかと思います。そんなときはしょうがやみそと一緒に合わせると、食べやすくなるのでおすすめです。よかったら作ってみてください!

<材料 1~2人分>
・豚バラ肉 100g
・白菜 葉2枚
・ごま油 大さじ1
・しょうが(スライス) 1かけ
・だし汁 300ml
・甘酒 200ml
・みそ 大さじ1
・いりごま(白) お好み

<作り方>
1.豚バラ肉は3cm幅に切る。白菜はひと口大に切る。

小鍋で白菜を炒める

2.鍋にごま油をひき、中火で白菜をしんなりするまで炒める。

スライスしょうがとだし汁を入れる

3.(2)にスライスしたしょうがとだし汁を入れて一度温める。

甘酒とみそをといている

沸騰寸前で火を弱めて、甘酒、みそを溶き、豚肉を入れる。最後にごまをふりかけたら完成。

!!栄養メモ!!
甘酒には食物繊維とオリゴ糖が含まれており、腸内の善玉菌を増やしてくれる栄養素です。腸内環境を整えるのにぴったりです。食物繊維も腸内を刺激して、排便を促してくれたりするので、食物繊維とオリゴ糖が含まれているのはうれしい食材です。

甘酒は飲む点滴と言われるほど、栄養にすぐれていて、必須アミノ酸がすべて含まれているのも特徴です(体内で作れない栄養のため、食事から摂取する必要がある)。
ぜひ、日々の食卓にとり入れていきましょう!

エダジュン

エダジュン

料理研究家。管理栄養士。Soup Stock Tokyoにて本社勤務を経験したのち、料理研究家として独立。「パクチーボーイ」の愛称で書籍や雑誌、イベントやTV出演。またレシピ開発、料理教室主催、社員食堂のプロデュースなど幅広く活躍。ワクワクする料理・レシピが人気。著書に『クセになる! パクチーレシピブック』(PARCO出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)がある。

ホームページ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    26
  1. 便秘改善
  2. 甘酒
  3. 腸内環境
  4. 腸活レシピ
  5. 食物繊維

関連記事

  1. Healthcare玉ねぎで腸活!歯ごたえのバランスが絶妙「玉ねぎと枝豆のマスタードみそ」

    玉ねぎで腸活!歯ごたえのバランスが絶妙「玉ねぎと枝豆のマスタードみそ」

    24
  2. Healthcareごぼうで腸活! 何度も食べたくなる「ごぼうとツナのごましょうゆバター炒め」

    ごぼうで腸活! 何度も食べたくなる「ごぼうとツナのごましょうゆバター炒め」

    44
  3. Healthcareキャベツで腸活!やみつき、止まらないおいしさ「キャベツとわかめのピリ辛和え」

    キャベツで腸活!やみつき、止まらないおいしさ「キャベツとわかめのピリ辛和え」

    46
  4. Healthcareアボカドで腸活!あっという間になくなる「アボカドとのりの塩昆布サラダ」

    アボカドで腸活!あっという間になくなる「アボカドとのりの塩昆布サラダ」

    41

あわせて読みたい

Pickup