FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    大人の美文字レッスン!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド1

  1. Share

  2. お気に入り

    3

高橋の美しい書き方

手書きをすることは少なくなっても、お礼状を書いたり、芳名帳に名前を書いたりする機会は意外とあるものです。そんなとき、大人らしい美文字だと印象が上がりますよね。今回は、ペン字講師の萩原季実子さんに、品のある優雅な文字を書くための3つのポイントを教えてもらいます。萩原さんの著書『自分の名前がきれいに書ける!萩原季実子の大人の美文字レッスン帳』から、3つのうち1つのポイントをご紹介します。ペンを持ってトライ!


【メソッド1】線をつなげて、やわらかい印象に

漢数字の美しい書き方

品のある文字を書くための3つのポイントをお伝えします。
このポイントを押さえれば、誰でも品のある名前が書けるようになります。

ひとつ目のメソッドは線をつなげて、やわらかい印象にすることです。
タテ線、ヨコ線をつなげると、文字はとたんにやわらかな印象になります。
まずは一、二、三から練習し、線のつなげ方を覚えましょう。

やわらかさを出すポイントは、次の線へのつながりです。
「一」を書くときも次の字へのつながりを意識して、書き終わりは止めないで内側に向けてすっとハネを入れることで、印象はぐっと変わります。
「三」のように2本、3本と線が増えていったときは、すべての線をつなげずに最後の2本だけをつなげること。

「三」なら、一画目と二画目はつなげず、二画目と三画目をつなげます。「川」も同様に、最後の二画の線だけをつなげると、やわからい印象に変わります。
また、直線ではなく、書き出しのところに、「ため」を入れるとメリハリが出て、大人っぽいイメージの文字になります。
この打ち込みは強く入れないほうがしっとりした字になります。カチッとしたイメージにしたいときは打ち込みを入れましょう。

【レッスン】流れに沿ってつなげて書いてみよう

ステップUP

「土」という字を書いてみましょう。
二画目のタテ線、三角目のヨコ線をつなげて書きます。二画目と三画目の接点に丸みをつけるテクニックです。書き慣れると、いろいろな字で応用できます。

結婚式などの芳名帳、大事な方へのお礼状など、もっと自分の名前を綺麗に書きたい!そんな方のためのメソッドです。自分史上、最高に綺麗な名前を書いてください。

文/庄司真紀

 

萩原季実子著『自分の名前がきれいに書ける!萩原季実子の大人の美文字レッスン帳』(アスコム)

書影

萩原 季実子

ペン字講師。ペン字・筆ペン教室myMOJI(まいもじ)主宰。
県立新潟女子短期大学卒業後、広告代理店・イベント企画会社の営業職に入社。
幼少期から手紙を書くことを趣味にしてきた経験を生かし、「手書きの一筆箋・お礼状・封筒の宛名」を独自の営業ツールとして活用。顧客獲得数1位など様々な営業成績を残し、退社。2014年から自由が丘、表参道、渋谷などでペン字・筆ペン教室を開催。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. 美文字

関連記事

  1. Lifestyle芳名帳で困らない!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド2

    芳名帳で困らない!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド2

    1
  2. Lifestyle自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3

    自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3

    2
  3. Lifestyle新しい職場環境にすぐになじみたい! 好印象を持たれるコミュニケーション術

    新しい職場環境にすぐになじみたい! 好印象を持たれるコミュニケーション術

    3
  4. Lifestyle接待もデートもこれで安心!テーブルマナーを収録したアプリ「知っておきたい食事のマナー違反」

    接待もデートもこれで安心!テーブルマナーを収録したアプリ「知っておきたい食事のマナー違反」

    2

あわせて読みたい

Pickup