FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    芳名帳で困らない!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド2

  1. Share

  2. お気に入り

    12

ペンとハガキ

子どもっぽい文字を気にしている人は多いのでは? ふだんはよくても、あらたまった場所ではきちんと大人らしく文字を書きたいですね。とは言ってもペン字講座を受けたりするのは敷居が高いもの。学校では習うことのない、女性らしい上品な文字をペン字講師の萩原季実子さんに教えてもらいます。前回に続き、萩原さんの著書『自分の名前がきれいに書ける!萩原季実子の大人の美文字レッスン帳』から、3つのうちの2つ目のポイントをご紹介します。


【メソッド2】角に丸み(曲線)をつける

ペンで文字を書いている

「田」や「山」などの角張った文字の折れ部分は、丸みのある曲線で書きます。
カクカクさせず全体を丸くすることで上品な印象に。また月のような文字は中をとじると優雅さが出ます。

人気の名前で使われる智や里、京、結など、四角が入った漢字は、角張った印象になりがちですが、曲線を上手に使うことで、やわらかく、こなれた印象の文字になります。また、ヨコ線を見つけたら、「中とじ」で美しく。

筆で書いた書のように少しくずした字を見て、日本らしい美しさを感じたことはありませんか? 曲線の使い方を覚えることでそんな品のある文字を書くことができます。
まず覚えていただきたいのが、 四角の書き方です。「口」のような四角の文字は数字の2を書くイメージで、すっと書きます。
この応用が中とじです。「日」「田」のような字を書くときも、しっかりと中をとじず、2を書くようにします。最後に角を丸くする書き方。「山」や「羽」のように角がある文字は丸みをつけます。そうすることで、硬さがとれ、筆で書いたようなやわらかさが表現できます。

現代はパソコンや新聞の活字が中心で、手書きの文字を見ることも少なくなりましたが、きれいな手書きの文字の曲線を意識して見てみましょう。「うまい!」と言われる曲線をマスターすると文字の印象が変わります。四角は多くの名前に使われているので、自分の名前の当てはまる部分を探してみてください。

文/庄司真紀

 

萩原季実子著『自分の名前がきれいに書ける!萩原季実子の大人の美文字レッスン帳』(アスコム)

書影

萩原 季実子

ペン字講師。ペン字・筆ペン教室myMOJI(まいもじ)主宰。
県立新潟女子短期大学卒業後、広告代理店・イベント企画会社の営業職に入社。
幼少期から手紙を書くことを趣味にしてきた経験を生かし、「手書きの一筆箋・お礼状・封筒の宛名」を独自の営業ツールとして活用。顧客獲得数1位など様々な営業成績を残し、退社。2014年から自由が丘、表参道、渋谷などでペン字・筆ペン教室を開催。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    12
  1. 美文字

関連記事

  1. Lifestyle自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3

    自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3

    17
  2. Lifestyle大人の美文字レッスン!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド1

    大人の美文字レッスン!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド1

    9
  3. Lifestyleのしは贈りものの種類で変えるのが◎ 知っておきたい使い分け♪

    のしは贈りものの種類で変えるのが◎ 知っておきたい使い分け♪

    7
  4. Lifestyle上品と下品の違いはどこにある!? 欲を押さえて品のある立ち居振る舞いを目指そう!

    上品と下品の違いはどこにある!? 欲を押さえて品のある立ち居振る舞いを目指そう!

    7

あわせて読みたい

Pickup