FYTTE

Beauty
CATEGORY : ビューティ |ファッション

2020春トレンドカラー「ピンク」を攻略! 若作りにならない大人のピンクの選び方

Share
2020春トレンドカラー「ピンク」を攻略! 若作りにならない大人のピンクの選び方

今春のトレンドカラーといえば“ピンク”。目にするだけで春らしい気分にもなり、着ると華やぐピンクは、大人になるにつれて身につけることに抵抗を感じる人が少なくありません。なぜならピンクは、女性らしい印象を与えるからこそ、かわいらしさや甘さを盛り過ぎたり、若作りにもなりやすいカラー。しかし、これを逆手にとることで、ほかのカラーではできない若々しい着こなしができるのですよ。

監修 : 高田 空人衣(くにえ) (パーソナルスタイリスト)

スタイリスト・ライター。日本を代表するパーソナルスタイリストとして、TV『サタデープラス』ほか、「着痩せ」「高見え」「エイジレス」ファッション企画に多数出演、監修を担当。2011年創業、一般男女へのパーソナルスタイリングサービスを主宰。広告、芸能人・要人のスタイリング、執筆、講師、講演と、多方面で活動中。プライベートでは、ジャズダンス歴20年以上。着たい服がいくつになっても似合う体づくりに、日々取り組んでいます。
http://onnamind.net/

Contents 目次

大人が着るピンクは、このピンク!


ピンクの魅力を最大限活かして、大人が着てもしっくりはまる、若々しい着こなしをするためには、まずはピンクの選び方が重要です。
では、どう選べばいいのかというと、「色だけでなく、アイテムとのかけ合わせで選ぶ」こと。

鮮やかなピンクは顔映りもよく、くすみをとり払うことから、大人の女性に最もふさわしいピンク。しかし、主張が強い分、ニットやカットソーなど顔に近い部分で着るアイテムだと、難易度高めに感じる人が多いでしょう。

そこで、おすすめするのは、鮮やかなピンクのパンツやスカート。ボトムで色をとり入れる着こなしは、洗練度がぐっと上がるおしゃれの定番テクニックです。

くすみ度大のパステルピンクは、この着こなしで攻略


淡いピンクカラーは、一見挑戦しやすそうな分、大人が着るとお肌がくすんで見えたり、野暮ったく見えたり、若作りに見えるなど、買ったはいいけど着るにはNG。
パステルピンクは、ピンクの中では最も手を出しやすいけれど、「やっぱりやめよう…」と玄関前で着ることをあきらめて脱ぎ捨ててしまうような、失敗しやすい危険カラーなんですよね。

今まさに、購入済みのパステルピンクの服を目の前にして「ああ、失敗した」と嘆いている人もいるでしょうが、コーディネートをするときのワンポイントを守るだけで、失敗が成功に転がる着こなしができます。

それは、合わせるカラーを、“渋カラー”にすることです。
ここでいう渋カラーとは、ひと言でいうとピンクのイメージと真逆の色。例えばシックなイメージの黒や、ボーイッシュなイメージを持つカーキのような、渋めのカラーです。

ぼやーん、ふわーんとしてしまいがちな淡いピンクカラーですが、渋めのカラーと合わせることで引き締まり、メリハリが効いた着こなしができることで、若々しいイメージに変身!
結果として、もっさりとしたイメージを封印できるんですよ。

ぜひこの春、ピンクのアイテムをすてきにとり入れるために参考にしてくださいね。

連載・関連記事

関連記事

  1. Beauty冬物コートの選び方&今年おすすめのコートがわかる!オンラインクラスを11月4日に開催します #Omezaトーク

    冬物コートの選び方&今年おすすめのコートがわかる!オンラインクラスを11月4日に開催します #Omezaトーク

    0
  2. Beautyクローゼットダイエット! 衣替えで、夏物をすっきり片づけるための3大ポイント

    クローゼットダイエット! 衣替えで、夏物をすっきり片づけるための3大ポイント

    0
  3. Beauty[スタイリストの自腹買い名品#7]冬の必須アイテム「セルモネータ・グローブス」の手袋で防寒&おしゃれ、どちらも完璧♡

    [スタイリストの自腹買い名品#7]冬の必須アイテム「セルモネータ・グローブス」の手袋で防寒&おしゃれ、どちらも完璧♡

    0
  4. Beauty季節の変わり目の「なにを着よう?」を解決! 服を買わずに手持ちの夏物で作れる、秋コーディネートの作り方

    季節の変わり目の「なにを着よう?」を解決! 服を買わずに手持ちの夏物で作れる、秋コーディネートの作り方

    0

おすすめの記事PICK UP