FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |女性ホルモン

膣の乾燥や尿漏れなど…更年期ほど必要なVIOゾーンケアのポイント

Share
膣の乾燥や尿漏れなど…更年期ほど必要なVIOゾーンケアのポイント

更年期になると増えるのが、VIOゾーンのトラブル…。膣が乾燥してかゆくなったり、尿漏れしたりと人に言えない悩みを抱える人も少なくありません。今回は、更年期のVIOゾーンケアのポイントを解説します。

Contents 目次

更年期ほどケアが必要? VIOゾーンの変化とトラブル

更年期は、VIOゾーンのトラブルが起こりやすくなる時期。膣や膀胱などを活性化させる女性ホルモンは、更年期になると分泌量が減少します。これにより、VIOゾーンのトラブルが引き起こされるのです。ここからは、具体的なトラブルを解説します。

・ハリの低下
更年期には、VIOゾーンの皮膚のハリが低下する人が増えます。女性ホルモンには肌や粘膜のうるおいを保つ働きがあるため、女性ホルモンが低下してしまうと、うるおいが損なわれていくのです。
<対策法>
VIOゾーンのハリ・うるおい低下を防ぐためには、やさしく洗って保湿することが重要です。デリケートゾーン用のソープをよく泡立てて洗浄し、入浴後は保湿剤を使いましょう。

・膣の乾燥
膣の乾燥によるかゆみやヒリヒリ感などが出やすくなるのも、更年期の特徴。女性ホルモンの減少によって膣の内膜や膣壁がうすくなり、乾燥しやすくなります。
<対策法>
膣乾燥による不快感には、膣に使える保湿液でケアをするのがおすすめ。乾燥が気になるとき、塗布するだけなので簡単です。

・尿漏れのリスクUP
更年期に女性ホルモンが減少すると、尿道の働きが衰えて尿漏れを起こす場合があります。急にトイレに行きたくなったり、トイレに着く前に漏れてしまったりするのが代表的な症状です。
<対策法>
骨盤底筋体操で骨盤底筋を鍛えると、尿漏れ改善が期待できます。
あお向けに寝てひざを立て、肛門・膣・尿道を10秒ほどかけてゆっくり締めましょう。そのあとは約30秒ゆるめます。これを10回くり返し、1日3セット行います。

更年期のVIOゾーンケアに効果的なもの

体の内側からVIOゾーンケアをするには、食品や医薬品を活用するのが効果的です。
ビタミンEやオメガ3脂肪酸は、細胞の膜の機能を正常に保って美肌へ導くといわれています。これらの成分を含む食品を積極的にとり入れて、健やかな肌をキープしましょう。
また、更年期の膣トラブルや尿漏れなど、VIOゾーンの不調がつらい場合には、婦人科を受診するのも選択肢のひとつです。女性ホルモンを補う経口薬やぬり薬、貼付剤など、適したお薬を処方してくれます。

VIOゾーンのお悩みには漢方もおすすめ

膣や膀胱のトラブルなどのVIOゾーントラブルには、漢方薬を服用するのもおすすめです。女性ホルモンには膣や膀胱などの機能の維持や、うるおいを保つ働きがあります。しかし、更年期には女性ホルモンの減少によるトラブルが増えるので要注意。
さらに、加齢による皮膚や臓器などの衰え、ストレスによる自律神経の乱れなどが総合的に不調をもたらすケースもあります。

更年期のVIOゾーンの不調には
・ホルモンバランスや血流の乱れを整える
・自律神経の乱れを整え、排尿のコントロールを改善する
・弛んだ筋肉を引き締める
などの作用をもつ漢方薬を選択し、根本から改善していきます。

VIOゾーンのトラブルでお悩みの人におすすめの漢方薬を紹介します。


<VIOゾーンのトラブルでお悩みの人におすすめの漢方薬>
・八味地黄丸(はちみじおうがん):疲れやすく、手足の冷えなどがある人に適した漢方薬です。体全体を温めて、泌尿器・生殖器系の働きを整え、頻尿や残尿感、排尿困難などを改善します。
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう):胃腸の働きが衰え、強い倦怠感のある人などに用いられます。倦怠感やだるさのほかに、脱肛や子宮下垂といった内臓下垂にも処方されることがあります。

漢方薬を選ぶ際には、自分の症状や体質に合ったものを見極めることが欠かせません。漢方薬に精通した薬剤師に相談してみましょう。

スマホひとつで完結できる、漢方薬のオンライン個別相談サービスも人気です。対面では相談しにくいVIOゾーンの悩みも、気軽に相談できますよ。漢方のプロがあなたにぴったりの漢方薬を選んで、お手軽価格で自宅に郵送してくれます。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zd8fytt0024

更年期はVIOゾーンに要注意!セルフケアで悩みを解消しよう

更年期は女性ホルモンの分泌が低下し、VIOゾーンのトラブルが増える時期です。不調に応じて、保湿ケアや骨盤底筋体操などをとり入れていきましょう。
症状がつらい場合は、医師や薬剤師に相談してみてくださいね。VIOゾーンの悩みに対処して、健やかな毎日を過ごしましょう。

<この記事を書いた人>

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師
碇 純子(いかり すみこ)
薬剤師・漢方薬生薬認定薬剤師 / 修士(薬学) / 博士(理学)
神戸薬科大学大学院薬学研究科、大阪大学大学院生命機能研究科を修了し、漢方薬の作用機序を科学的に解明するため、大阪大学で博士研究員として従事。現在は細胞生物学と漢方薬の知識と経験を活かして、漢方薬製剤の研究開発を行う。

世界中の人々に漢方薬で健康になってもらいたいという想いからオンラインAI漢方「あんしん漢方」で情報発信を行っている。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zd8fytt0024
●Medical Health CH:https://www.youtube.com/channel/UC7XLi90xVGs_NnKhowC0G2w

関連記事

  1. Healthcareデリケートゾーンにできものが!種類や原因、受診の目安って?

    デリケートゾーンにできものが!種類や原因、受診の目安って?

    0
  2. Healthcareプレ更年期の「めまい」に注意!すぐできる対処法とくり返さない予防法

    プレ更年期の「めまい」に注意!すぐできる対処法とくり返さない予防法

    0
  3. Healthcare朝までしっかり眠れる!夜中に何度も目覚める「中途覚醒」の改善方法

    朝までしっかり眠れる!夜中に何度も目覚める「中途覚醒」の改善方法

    0
  4. Healthcare疲れやすい、いつもだるい…「やる気が出ない」更年期不調におすすめのゆる薬膳レシピ

    疲れやすい、いつもだるい…「やる気が出ない」更年期不調におすすめのゆる薬膳レシピ

    0

おすすめの記事PICK UP