FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    21

もう作らない、作らせない! 美容のプロが実践するニキビ跡、シミ対策

今年はすでに梅雨入りした地域もあることから、夏がやってくるのももう目前。夏は紫外線だけでなく、暑い場所と冷房がきいた場所を往復するだけで、肌にとっても体にとっても負担になりやすい季節です。そのため、すでにできてしまったニキビが治りにくくなったり、ニキビ跡やシミが、なかなか薄くなってくれない…そんな悩みを抱えがち。お肌にひとつ、目立つトラブルがあるだけで気持ちも滅入ってしまいますよね。そんなことにならないために、ヘアメイクアーティストの高倉里美さんが行っているニキビ跡、シミ対策をご紹介します。

監修
高倉 里美

ニキビ跡、シミ対策の洗顔法

シミは、こすり過ぎが原因で濃くなることもあるので、洗顔はとにかく泡で洗うことを死守してください。
汚れをしっかり落としたい気持ちはわかりますが、こするというアプローチは肌にとって大敵なんです。泡で洗うと、泡がクッションとなってくれるため、余分な力を加えなくても泡の成分で適度に汚れを落としてくれます。

私のおすすめする洗顔料は「アクセーヌ リセットウォッシュ」。
プッシュするだけで、みずみずしくふわっとしたベージュ色の泡がでてくるので、泡洗顔がとっても簡単にできます。弱酸性のきめ細やかな泡なので敏感肌の人でも安心して使えます。

ニキビ跡、シミ対策のクリーム

治りかけのニキビをニキビ跡が残らないようにするためには、スポットケアするのがベスト! そのために使うのが、「アクネスラボ 薬用美白アクネホワイトクリーム」です。
これは、メラニンの生成をおさえながらニキビ跡はもちろんのこと、シミやそばかすも防いでくれるクリームなんです。
クリームを塗るだけでなく、付属のパッチとのW使いがおすすめ。パッチをクリームを塗った上から貼ることで、クリームが寝具についてしまったり、寝ている間に気になる部分を寝具でこすってしまうことも防げます。

ニキビ跡、シミ対策の日焼け止め

こすることと同様に、しっかり防いでおきたいのが紫外線です。そこで、紫外線予防に使いたいのが「&be UVミルク」。

私はナチュラルベージュを愛用しています。下地としてのカバー力は控えめですが、自然にシミをカバーしてくれますし、みずみずしくなめらかなつけ心地も気に入っています。全体的にワントーン明るい肌になりますので、もの足りないということもありません。夜までしっとり感が続き、スキンケアとしての機能も抜群です。
石けんやボディソープで落とせるので、肌の負担が少ないところもおすすめです。刺激の強い夏に、ニキビ跡やシミをこれ以上濃くしたくない、増やしたくない人にぴったりの日焼け止めですよ。

ますます紫外線の強くなるこの季節。ニキビやシミの対策に、ぜひ参考にしてくださいね。

取材・文/高田空人衣

高倉 里美

高倉 里美

年間3,600名の髪を結う、ヘアセットのプロフェッショナル美容師。
ヘアメイクアーティストとして、ブライダル、舞台、講師としても活躍中。
https://www.takakura-art-planning.com/

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    21

関連記事

  1. Beauty肌の老化をSTOP! シミ、シワを予防する初秋のスキンケア 〜ホリスティック薬剤師の処方箋〜

    肌の老化をSTOP! シミ、シワを予防する初秋のスキンケア 〜ホリスティック薬剤師の処方箋〜

    12
  2. Beauty引き締まった小顔を作る!老け見えする「ほうれい線・マリオネットライン」を解消する方法

    引き締まった小顔を作る!老け見えする「ほうれい線・マリオネットライン」を解消する方法

    20
  3. Beauty原液美容液は肌にいいor悪い⁉︎ プラセンタにセラミド…皮膚科医に聞く「肌悩み別・使いたい美容成分」

    原液美容液は肌にいいor悪い⁉︎ プラセンタにセラミド…皮膚科医に聞く「肌悩み別・使いたい美容成分」

    22
  4. Beauty5年、10年先の見た目年齢を変える!20代後半から始めるパーツ別スキンケア法

    5年、10年先の見た目年齢を変える!20代後半から始めるパーツ別スキンケア法

    43

あわせて読みたい

Pickup