FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    19

手の画像

日に日に寒さが厳しくなり、厚手のアウターが必要な日も増えてきましたね。気温の低下と空気の乾燥が進むこの時期は、肌の調子を見ながら、うるおいケアを調節してあげましょう! 肌にうるおいを重ね着するイメージで、乾燥から肌を守り、ハリつや肌で過ごすための方法をお伝えします。

監修
牧内 夕子

寒さへの対応と同じように肌にも「重ね着」を

今回は、肌の保湿ケアの大切さを、洋服の重ね着に例えてお伝えしていきたいと思います。

寒いのに薄着の洋服で過ごしてしまうと、体が冷えて体調を崩してしまいますね。冬の寒さが厳しくなるほど、重ね着をしたり、厚手のアウターに切り替えたりして、体の熱を逃さないように工夫していると思います。

肌も同じように、寒さや乾燥が厳しくなればなるほど、肌のうるおいを守る力が低下しやすくなり、調子を崩しやすくなってしまいます。

冷たい風にさらされると肌の水分が奪われ、まるで紙をさわっているかのように、カサカサの感触になってしまうことも。
また、常に外気にさらされている顔の肌は、寒さで冷えやすく、血行不良になってしまいます。すると、張りが失われて、しぼんだように元気のない肌印象になるのです。

本格的な冬に向かうこの時期に、肌の調子に変化を感じたら、保湿ケアをしっかりとしてあげるのが大切です!

【ステップ1】 基本の保湿ケアはやさしくていねいに

肌をしっかりと保湿しようと、たっぷりの化粧水をつけたのに、肌になかなかなじまない、ということはありませんか?

鉢植えの植物に水やりをするときをイメージしてみてください。一気にたっぷりのお水を注いでしまうと、土が吸収しきれずに、鉢から水があふれてしまいます。肌も同じように、たくさんの水分を一気に与えるよりも、何度かに分けたほうが、肌にスムーズになじむのです。

そして、水分をたっぷり与えても、そのままにしておくとどんどん蒸発してしまいます。花瓶の中のお水も、そのままにしておくと中身が減って、花がしおれてしまいますよね。肌に水分を与えたら、ふたの役割となる油分を与えることが必要です。

油分は、乳液やクリームに多く含まれています。化粧水のあとに、水分と油分がバランスよく含まれた乳液を使うことで、肌のうるおいを守ることができますよ。

毎日の基本となる保湿ケアは、肌に必要な水分と油分を与えてあげること。化粧水と乳液のシンプルなステップですが、それぞれをていねいにつけることで、肌のしっとり感が格段に変わってきます

●化粧水のつけ方

手のひらの画像

手のひらでつける場合は、手のひら全体をぬらすように化粧水を広げ、やさしく肌をおさえるようにしてなじませます。ほお、ひたい、あご、フェイスラインなど場所をスライドさせながらハンドプレスし、化粧水が手と肌の間ですべらなくなるまでなじませましょう。

コットンでつける場合は、化粧水をしっかりと含ませて、肌をこすらないように気をつけます。
コットンで肌をやさしくおさえるようにすると、まんべんなくつけることができます。

●乳液のつけ方

乳液を出した手のひらの画像

化粧水のつけ方と同じようにして、手のひらで肌にやさしくなじませます。
特に乾燥しやすい部分である、ほおや目もと、マスク荒れしやすい口もとは、乳液を重ねづけしてあげましょう。部分的に重ねづけすることで、肌全体が均一にうるおいます。

肌にうるおいが満たされたというサインは、手のひらに肌が吸いつくような感触が出てきたときです。足りないときは、量を少しずつ足してなじませてみてくださいね。

【ステップ2】 インナーウエア代わりにブースター美容液をプラス

美容液を出した手の甲の画像

寒い日に、洋服の下にインナーウエアを1枚プラスすると、ポカポカと温まりますよね。

基本の保湿ケアをしていても、肌が乾燥するときや、もっとしっかりとしたうるおい対策をしたいときは、さらにブースター美容液をプラスして、うるおいの重ね着を1枚増やしましょう!

洗顔後の肌につけるブースター美容液は、肌にうるおいの通り道を作って、あとから使う化粧水や乳液の浸透を助ける効果があります

いつもの化粧水がなじみにくいな、と感じたときは、先にブースター美容液を使うことで、スムーズになじむようになります。また、重ね使いをすることで、肌のうるおい感がアップして、もちもちとした弾力のある肌になりますよ。

【ステップ3】 厚手アウター代わりにクリームをプラス

クリームをぬった手の甲の画像

極寒の日に、冷たい風から体を守ってくれるのが、ダウンなどの厚手アウターです。寒さや空気の乾燥が厳しいときは、肌にも厚手アウターの役割となるクリームを追加してあげましょう!

体が冷えていると、顔の肌も血行が悪くなります。すると肌の細胞に栄養が行き渡らず、乾燥しやすくなってしまいます。
クリームは油分を多く含むアイテムなので、肌にしっかりとふたをして、長時間うるおいをキープすることができますよ。

最近はクリームといっても、ジェルタイプやホイップタイプなど、軽い感触のものから、濃厚でこっくりした感触のものまで、いろいろなタイプがありますね。

肌の乾燥度合いが強いときは、感触がやや重めでこっくりとしたタイプがおすすめです。

毎日、朝晩に使わなくても、特に乾燥が気になる日にプラスするなど、この時期はクリームを常備しておくと安心です。

天気予報みたいに肌の調子も毎日チェックしよう

手の甲(3段)の画像

毎日の気温や湿度、風の有無など、環境の変化によって、肌の調子も日々変わるもの。天気予報をチェックして、その日のコーディネートを考えるように、肌も毎日チェックして、状態に合わせたケアを行うと、調子を崩しにくくなりますよ。

水分と油分がしっかりと補給された肌は、ピンとした張り感があり、ツヤツヤした質感にみえます。
肌の張りつや感が足りないな、と感じるときは、保湿ケアを1段階アップしてみてくださいね!

連載・関連記事

  1. 不調の原因は内臓の乾燥かも!? 内側からうるおう体になれる足刺激法

  2. 冬の肌荒れ防止はメイク前に仕込む♡ ヘアメイクさんが教える、マスクに負けない朝のスキンケアテク

  3. 乾燥による手荒れが1回で改善!? しっとりすべすべ♡ スペシャルハンドケア

牧内 夕子

牧内 夕子

化粧品メーカーにて18年にわたりアンチエイジング化粧品や健康食品などの商品を開発。その経験をもとに、コンセプトプランニングやコンサルティング、美容と健康に関する執筆やコスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)としても活動。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    19

関連記事

  1. Beauty肌がピリピリ・カサカサ… 春のゆらぎ肌を刺激から守るには? 必要なケアと使うべきコスメ4選

    肌がピリピリ・カサカサ… 春のゆらぎ肌を刺激から守るには? 必要なケアと使うべきコスメ4選

    15
  2. Beauty洗浄&保湿はそれぞれ1アイテムに絞る!  皮膚科医が教える「敏感肌のための正しいスキンケア」

    洗浄&保湿はそれぞれ1アイテムに絞る! 皮膚科医が教える「敏感肌のための正しいスキンケア」

    18
  3. Beauty汗をかくためには、まずは乾燥肌対策から?! ぬれ肌に使える化粧水 #Omezaトーク

    汗をかくためには、まずは乾燥肌対策から?! ぬれ肌に使える化粧水 #Omezaトーク

    19
  4. Beauty自己流ケアは肌老化を招く? 洗顔から保湿まで間違いだらけのスキンケアに喝!

    自己流ケアは肌老化を招く? 洗顔から保湿まで間違いだらけのスキンケアに喝!

    27

あわせて読みたい

Pickup