FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty
      1. 小顔

    きつい印象になってない? 自分のマスクメイクをチェック! ざわちんが教えるマスクのときのNGメイク

  1. Share

  2. お気に入り

    25

ざわちん

マスクをするようになって、「今までのメイクだとしっくりこない」ということも多いのでは? 「表情がわかりづらいので、きつい印象になることもある」とざわちんさん。マスク時代に合わせて自分のメイクを見直してみてはいかがでしょう。著書『品よく可愛いが叶う 大人のマスクメイクBOOK』から、マスクのときのNGメイクを教えてもらいましょう。

監修
ざわちん

NGメイク1 マットな肌

マットな質感のNGメイク

「マスクはマットな質感のものが多いので、肌もツヤのないマットの肌にしてしまうと、ドライな印象になりがち。女性らしく華やかな印象を与えるためにも、ツヤ感がある肌づくりを目指して」(ざわちんさん)

ファンデーションは薄づきでOK。コンシーラーやハイライトを使ってツヤ肌に仕上げていくと、女性らしくやさしい雰囲気に。

NGメイク2 派手なピンクのチークカラー

派手なチークのNGメイク

マスクをしていても見える高い位置までチークを入れていきましょう。
「チークを入れるときちんと感や女性らしさが打ち出せます。上から下に薄くなるようにグラデーションをつくればマスクをはずしたときにも自然です。肌なじみのよいカラーを選んで」

青みピンクなど、派手な雰囲気のカラーは昔顔になる原因に。目もととチークの色味は合わせるのが正解。

NGメイク3 目尻の下のアイライン

目尻の下にアイラインを入れたNGメイク

前回お伝えした通り、たれ目に見せるメイクでやわらかい雰囲気をつくると◯。
でも、「たれ目は強調できるものの、目尻の下のブラウンは厚化粧に見えるのでNGです」
上品なメイクには見えないので ご注意を。

NGメイク4 マスクで顔が大きく見える?

最後にマスクの選び方も重要です。
「マスクのサイズ感にも目を向けて、フェイスラインがきれいに見えるジャストサイズのものを選びましょう。サイズを間違えると、顔が大きく見えたり、色合いによっても肌がくすんで見えたりします。あごのラインがぴったり合うよう、大き過ぎず小さ過ぎず、顔がきれいに見えるもの選んでください」

品よくかわいいマスク美人になれるざわちんさんのマスクメイク術。
マスク生活が長くなり、メイクへのモチベーションが落ちそうになりますが、そんなときこそ新しいマスクメイクに一新! これまでのメイクを少し変えてみると新たな“自分の顔”に出合えるかもしれません。

参考書籍

『品よく可愛いが叶う 大人のマスクメイクBOOK』(アスコム)好評発売中

文/庄司真紀

ざわちん

ざわちん

1992年8月16日生まれ。マスクメイクを極めたマスクマイスター、目元メイクに特化した目元メイクスペシャリスト。2014年、芸能人のものまねメイクで大ブレイク、メイクの新分野を確立。現在、マスクメイクの指南や監修などで、さまざまなメディアにて再び脚光を浴びる。イメージキャラクターを務める「エアーシルクマスク」は、累積販売枚数100万枚を超える大ヒットを記録。「朝日えごま油」や口臭サプリ「カオリッチ」のイメージキャラクターも務める。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25

関連記事

  1. Beautyマスクは最強の小道具! 小さい目、くすみ…ざわちんが教える、目もとのお悩み解消マスクメイク

    マスクは最強の小道具! 小さい目、くすみ…ざわちんが教える、目もとのお悩み解消マスクメイク

    17
  2. Beautyアイメイクで差が出る!ざわちんが教える「マスク美人」をつくる3つのポイント

    アイメイクで差が出る!ざわちんが教える「マスク美人」をつくる3つのポイント

    28
  3. Beauty超優秀! マスクしてもおしゃれな印象を与えるアイライナー2種のメイクテク

    超優秀! マスクしてもおしゃれな印象を与えるアイライナー2種のメイクテク

    16
  4. Beauty失敗しない! 光沢があり、みずみずしいツヤ肌を作るメイクのやり方

    失敗しない! 光沢があり、みずみずしいツヤ肌を作るメイクのやり方

    15

あわせて読みたい

Pickup