FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    11

ねんどのクリーム

冬の乾燥と違って、花粉や紫外線、寒暖差も加わった春は、お肌にとって最悪のシーズン。かくいう私も、すっかり肌トラブルに見舞われています。何かケアしたいけれど、敏感な状態の今の肌を、やさしく、しかも、しっとり潤してくれるものってあるかしら? そんな思いのときに出合った「ねんどのクリーム」をご紹介します。


すっかりアレルギー体質になってしまった私は、ここのところ、花粉のシーズンになると肌のかゆみが強く出るようになりました。もちろん目もかゆいし、鼻もつらいのだけど、肌がかゆいことが何よりもつらく感じたのが今年の春でした。

冬の乾燥とはちがったカサカサを感じるけれど、気温は徐々にあがっているので、ただ重たいしっかり系クリームをつければいいというものでもなく(昼間のコンディションが悪くなる)、さらに肌がかゆくて敏感な状態なので、なんでもかんでも試してみる、というのが難しい時期でもあります。

そんなとき、以前プレゼントでいただいた「ねんどのクリーム」なる商品を使い始めました。プレゼントしてくれた人が、やはり手荒れにひどく悩んでいて、でも敏感になっている肌を刺激することなく、やさしく潤してくれるすごくいいクリームだ、と教えてくれたのです。

「ねんどのクリーム」(ボデイクレイ)は、モンモリロナイトという粘土鉱物が元になっています。マグマが噴火し、細かい火山灰となり、海底に堆積したものが変化してできたという自然由来のもの。ボディクレイの商品は国産のとてもなめらかな「ねんど」を主原料にしているということです。

なんとなく「ねんど」と聞くと、しっとりするイメージは湧くけれど、重たそうな印象がありませんか? 今回使用したものがクリームだったので、さぞこっくりとした、しっかりめのクリームなのだろうと思っていました。

ところが、肌にのせるとまるでオイルのようにす~っと溶けていき、それがぐんぐん肌の中に入っていくのです。つけたあとはサラッサラで、もっと重ねたくなります。私は使っていくうちに、このクリームを三度づけくらいして、少し時間を置き、そのあとぬるま湯で流して、あとはまた通常のスキンケアをする、という、ねんどパックがお気に入りに。ねんどでパックして洗い流したときの、しっとり感と、それまでトゲトゲしていた肌が落ち着いている感じ、肌のトーンがワントーン明るく、ツヤっとなる感じ、どれも気に入っています。なかなかほかでは味わえない触感です。

とにかくこのサラっとしているのに、抜群に潤う点が使いやすいんです。ハンドクリームとして使うこともありますが、パソコン作業中でもまったく気になりませんよ。

この「ねんど」シリーズ、じつにいろんな種類があるので、今後は洗顔なども使ってみたいなと思っています。なかなか味わえない新しい肌ざわりを、ぜひ「ねんど」ケアで感じてみてはいかがでしょうか?

(編集長ホボ)

Omeza トークとは…
FYTTE 編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11

関連記事

  1. Beauty季節の変わり目、敏感肌のプロが実践する“安定したお肌”をキープするための3つのこと

    季節の変わり目、敏感肌のプロが実践する“安定したお肌”をキープするための3つのこと

    6
  2. Beautyマスク生活で、肌は一層不安定に。口まわりの荒れやニキビの防ぐ方法は?

    マスク生活で、肌は一層不安定に。口まわりの荒れやニキビの防ぐ方法は?

    10
  3. Beauty体の内側からもアプローチ! インナーケアもとり入れ、ゆらぎに負けない肌へ

    体の内側からもアプローチ! インナーケアもとり入れ、ゆらぎに負けない肌へ

    10
  4. Beautyゆらぎ肌は「保湿」がカギ。正しいケアでトラブルを寄せつけない!

    ゆらぎ肌は「保湿」がカギ。正しいケアでトラブルを寄せつけない!

    9

あわせて読みたい

Pickup