FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    7

季節の変わり目、敏感肌のプロが実践する“安定したお肌”をキープするための3つのこと

季節の変わり目はお肌の状態も変わりやすく、安定しないシーズンですね。美しい肌、安定した肌の持ち主は、もともと皮膚が強くて恵まれた人だと思いがちだけれど、やっぱりプロは努力している! インナービューティプランナーで、季節の移り変わりを肌の変化で感じてしまうほどの敏感肌の持ち主、矢野ちかこ先生が安定したお肌をキープするために実践している3つのことをご紹介します。


(その1)季節の変化を肌で感じたら、刺激は与えず、水分・油分はたっぷりと

クリームをぬる画像

敏感肌の私は季節の変化を肌で感じることがあります。たとえばお肌の皮がむけたり、ゴワついたり。赤みを帯びたり、ピリピリしたり、かゆくなったりと、わかりやすいマイナスの変化に見舞われることもあります。

こんなときのスキンケアは「シンプルな素材で作られた低刺激な化粧水と美容クリームで水分と油分をお肌にたっぷりと与える」のがポイント。いつも使っている美容液などは使わず、化粧水と美容クリームの2点のみを使い、「お肌に刺激を与えないこと」「水分と油分をたっぷりと与えること」を大切にしています。

(その2)徹底した紫外線対策

砂浜の画像

家の中にいても紫外線でお肌にダメージが。ですので紫外線対策としてはまずは日焼け止めクリームを塗ること。そしてこまめに塗りなおすこと。短い距離、時間の外出でも日傘を必ず使うこと。これらを徹底しています。

使っていて安心なのはサンバリアというメーカーの100%紫外線ブロックの日傘です。年数が経っても劣化することなく使うことができるのもお気に入りで、毎年大切に使っています。

(その3)カラフルな野菜摂取とこまめなビタミンC補給

お肌のために気をつけている生活習慣としては、カラフルな野菜をとり、いろいろな栄養素をいただくこと、ビタミンCを飲みものでたっぷりいただき、こまめに補給することです。

大切なのはお肌が悪いほうへ傾く前から、ていねいなスキンケアをし、栄養を考えた食生活を心がけて安定したお肌をキープすること。肌質の変化を少しでも感じたら、本当に保湿されるスキンケアを行えていたのか? 乱れた食生活が続いたり、極端に水分補給が足りていなかったりしていなかったか? そんな風に振り返ります。日常のちょっとした振り返りの積み重ねで安定したお肌はキープできますよ。

連載・関連記事

  1. 運動時やマスク内の蒸れ… 汗をかいたあとの保湿におすすめのとろみ化粧水3選

  2. 体の内側からもアプローチ! インナーケアもとり入れ、ゆらぎに負けない肌へ

  3. 汗を抑えてさらさら肌をキープ! 夏のマスク生活に「アセトメルフェイスミスト」 #Omezaトーク

矢野 ちかこ

矢野 ちかこ

管理栄養士・木下あおい主催の日本インナービューティダイエット協会によるインナービューティープランナー。インナービューティーフードスペシャリスト、インナービューティーオイリスト、日本化粧品検定2級取得。100%植物性のスキンケア・ハンドメイドコスメレッスンを兵庫県西宮市で行う。BIHADA Kitchen主宰。2019年1月より(社)インナービューティダイエット協会公式1day講座・インナービューティダイエット入門1day講座開講、同年3月より開講されたインナービューティーオイリスト認定講座大阪jewel校登壇・以降協会パートナー校として自宅開催。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7

関連記事

  1. Beauty体の内側からもアプローチ! インナーケアもとり入れ、ゆらぎに負けない肌へ

    体の内側からもアプローチ! インナーケアもとり入れ、ゆらぎに負けない肌へ

    10
  2. Beautyゆらぎ肌は「保湿」がカギ。正しいケアでトラブルを寄せつけない!

    ゆらぎ肌は「保湿」がカギ。正しいケアでトラブルを寄せつけない!

    9
  3. Beautyマスク生活で、肌は一層不安定に。口まわりの荒れやニキビの防ぐ方法は?

    マスク生活で、肌は一層不安定に。口まわりの荒れやニキビの防ぐ方法は?

    10
  4. Beautyおうち美容におすすめ! 透明感アップ! つるんとした肌ざわりを作る炭酸コスメ2選

    おうち美容におすすめ! 透明感アップ! つるんとした肌ざわりを作る炭酸コスメ2選

    7

あわせて読みたい

Pickup