FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    8

背中に日焼け止めで太陽マークを書き、こっちを向いて微笑む女性

紫外線といえば夏に強いイメージがありますが、実は春の紫外線の方が強力なのです。外出する機会の増えるこれからの行楽シーズンは、日焼け止めを塗るなど外側からの紫外線対策に加え、体の内側からもしっかりとケアしたいところ。そこで今回は、春の紫外線の特徴と、紫外線ケアに有効なレシピをご紹介します。


春の紫外線は「UVB」よりも「UVA」が多い!

実は、4月~5月の紫外線量は、7月~8月の紫外線量より多いのをご存じですか?
地表に降り注ぐ紫外線の量を左右するのは、太陽光線が地面にあたる角度と雲の多さです。もっとも太陽が地面にまっすぐ(90度に近い角度で)降り注ぐのは6月なのですが、その紫外線量が、5月や7月より少ないのは梅雨時で雲が太陽をさえぎる日が多いからです。

そして紫外線には、「UVB」と「UVA」の2種類が存在します。

・「UVB」-波長の短い紫外線
サンバーン(赤みを伴う炎症)を起こすが、真皮層までは届きません。
ターンオーバーを速め、肌の未熟化を促進します。

・「UVA」-波長の長い紫外線
サンバーンは起こさないが、黒くなる日焼けを起こしてしまう。
真皮層まで届き、徐々に組織を壊していくため、長年かけてシワをつくります。

波長が長い(=雲やガラス窓も透過する)「UVA」は、皮膚の奥まで届きます。そのため曇りの日も気を許してはいけません。窓越しの紫外線も油断できません。シミを作る主犯もこの「UVA」です。

春の紫外線は非常に強力なので、注意が必要ですね。

より効果的な食材の組み合わせとは?

紫外線対策におすすめの栄養素は、皮膚や粘膜をつくる「ビタミンA」、シミやシワを防ぎメラニン色素の生成を抑える「ビタミンC」、抗酸化作用を持つ「ビタミンE」、皮膚の細胞をつくり新陳代謝を高める「ビタミンB2」、皮膚をすこやかに保つ「亜鉛」です。

これらの栄養素を効率的に摂取できる、ベストな食材の組み合わせは以下の3つ!

・キャベツ×豚肉
キャベツのビタミンCと豚肉のビタミンB群が免疫力を高め、風邪予防が期待できます。またビタミンCが豚肉の鉄の吸収を助け、貧血を防ぎます。

・にんじん×ごま
人参のビタミンAとごまのビタミンEの相乗効果で肌荒れ防止に期待できます。また双方の食物繊維は腸内環境を整え、便秘改善も期待できます。

・ヨーグルト×アボカド
アボカドの食物繊維が老廃物を排泄し、腸内環境を整えてニキビや吹き出物の予防改善があります。整腸作用があるヨーグルトも合わせてとると腸内環境を整える働きにより相乗効果が期待できます。

それではさっそく、これらの組み合わせを活用した、紫外線対策に有効なレシピをご紹介します!

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    8
  1. シミ
  2. シワ
  3. ビタミン
  4. 紫外線

関連記事

  1. Beauty筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    4
  2. Beauty変えるのは手順だけ!いつものコスメでできる、老化を防ぐスキンケアのしかた

    変えるのは手順だけ!いつものコスメでできる、老化を防ぐスキンケアのしかた

    19
  3. Beauty実は強力!春の紫外線対策はインナーケアからが正解!

    実は強力!春の紫外線対策はインナーケアからが正解!

    6
  4. Beautyシミ対策化粧品は逆効果!? 皮膚科医が教える目からウロコの「シミ」ケア法

    シミ対策化粧品は逆効果!? 皮膚科医が教える目からウロコの「シミ」ケア法

    7

あわせて読みたい

Pickup