FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    アラサーになると気になりだす「ほうれい線とマリオネットライン」を深くさせないための予防法

  1. Share

  2. お気に入り

    28

タイトル画像

アラサー以降になると気になりだすお肌のお悩みの一つであるほうれい線やマリオネットラインなどの口もとのシワやたるみ。今回はエステティシャンである筆者がほうれい線とマリオネットラインのシワをこれ以上深くさせないための予防法をご紹介します。
ほうれい線とマリオネットラインと呼ばれる口もとに入る縦線のシワ。これらができる原因を正しく理解し、それに合ったケアや予防法を取り入れていくことがポイントです。


ほうれい線とマリオネットラインの違いや原因

ほうれい線とマリオネットラインの説明

真顔になったときに小鼻のキワから下に向けて入る線をほうれい線と呼び、口角の周りから下に入る線をマリオネットラインと呼びます。
これらの原因は、ほおや口角、フェイスラインの筋肉が低下しゆるむことで、上にのっている皮膚がたるみ、口角を上げて笑っていても皮膚が折れジワとなり、なかなか戻らずに線になってしまった状態です。

お肌の表面が乾燥していて潤いやハリがなくなり、砂漠のようにひび割れが起こることでシワの深さが目立ったり、年齢とともにコラーゲンの弾力がなくなることで皮膚のハリ感が失われることも原因です。ほかにも、表情筋を使わずに話をしない、食事を噛む回数が少ない、姿勢の悪さや体のゆがみなども原因と言われています。

スキンケアの選び方を見直す

スキンケアボトルが並んでいる

どの肌トラブルや悩みに対しても重要なのが「お肌を乾燥させないこと」。乾燥によって肌表面のバリア機能が弱まり、紫外線の侵入やシワの加速、シミの原因にもつながります。ほうれい線やマリオネットラインに限らず、目もとなどに現れる細かいシワを乾燥させたまま放置することでどんどん深く長いシワとなるのでスキンケアによる保湿は基本中の基本とも言えます。

日頃からクレンジング、洗顔によって、ていねいにメイク汚れを落とし、化粧水、美容液、乳液、クリームでたっぷりと水分と油分の保湿ケアをおこないましょう。

特にヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、EGF、プリテオグリカンが配合されている化粧水や美容液を選ぶと良いですね。さらにステップアップし、エイジングケアの成分としてビタミンC誘導体、白金(プラチナ)、プラセンタエキス、アスタキサンチンなどもおすすめです。

スキンケア時にぜひ行いたい!ほうれい線&マリオネットラインをなかったことにするマッサージ

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    28
  1. シワ
  2. ほうれい線
  3. 乾燥

関連記事

  1. Beauty“メイク更年期”のお悩みを解決! 肌が明るく見えるベースメイクのやりかた

    “メイク更年期”のお悩みを解決! 肌が明るく見えるベースメイクのやりかた

    33
  2. Beautyストレス肌の免疫力アップに「プラズマ乳酸菌」という新提案

    ストレス肌の免疫力アップに「プラズマ乳酸菌」という新提案

    37
  3. Beauty河北麻友子さん「簡単にできそう!」 美容家・石井美保さんが実践する“肌アイロン”のやり方

    河北麻友子さん「簡単にできそう!」 美容家・石井美保さんが実践する“肌アイロン”のやり方

    37
  4. Beauty老け見えにつながる「ほうれい線」を目立たせていた6つの原因

    老け見えにつながる「ほうれい線」を目立たせていた6つの原因

    16

あわせて読みたい

Pickup