FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    1

肌にシミができてしまった女性 

いつまでも若々しくいるために、できればできてほしくないのが「シミ」や「くすみ」。突然現れるシミ・くすみを見て、まさか自分の肌にできるとは…と、ショックな気持ちになる人も多いはず。女性を悩ませるシミ・くすみは何故できてしまうのでしょうか。そのメカニズムを美容皮膚科タカミクリニック 山屋雅美先生に教えていただきました。


どうしてシミができるの?

シミができるメカニズムのイラスト

肌が紫外線や摩擦などによる刺激を受けると、角化細胞から「メラニン生成」を指令する情報伝達物質がでます。この指令を受けて、メラノサイトの中で、メラニンが生成され、角化細胞へと送られます。
このメラニンは代謝によって排出されますが、排出しきれなかったものがシミとなってでてきてしまうのです。

また、シミは代表的な2種類にわけられます。

ひとつは「日光性色素斑(老人性色素斑)」
シミのある箇所とない箇所の境界がはっきりした、褐色、または黒っぽいシミ。米粒大から数センチのものまで大きさはさまざまです。紫外線が原因で、主に中年以降、早い人で20代からできるシミです。

そしてもうひとつが、「肝斑」
「日光性色素斑(老人性色素斑)」と比べて、境界がぼやけていてハッキリせず、頬や鼻まわりに左右対称で地図のような形ででるのが特徴的。
妊娠中、ピルを服用中にできやすく、30~40代に多いシミです。

肌が暗く見える…秋に目立つ「くすみ」は4種類

また、シミのほかにも気になるのが「くすみ」。このくすみにも4つの種類があるのだそう。
自分はなにが原因なのか、項目を見ながらチェックしてみましょう。

<1>角質くすみ
肌の新陳代謝が低下し、肌表面に不要な角質がたまっている状態。

  • 肌全体がグレーっぽい
  • 肌がゴワついている
  • ファンデーションのノリが悪い
  • シートタイプのクレンジングを愛用
  • 生活のリズムが崩れがち

<2>乾燥くすみ
乾燥により肌のキメが乱れ、肌がくすんで見える状態。

  • 肌表面がカサついている
  • 皮ムケしているところがある
  • 洗顔後、30秒以内に肌がつっぱる
  • ちりめんじわが目立つ
  • さっぱりケアが好き
  • 頬や小鼻に赤みがある

<3>メラニンくすみ
紫外線や摩擦などにより、メラニンが増加している状態。

  • 肌全体が茶色くくすんでいる
  • 夏の間UVケアをサボりがちだった
  • 肌を擦るクセがある
  • シミが濃くなった
  • クレンジング時にマッサージをしている
  • 朝のジョギング、犬の散歩が日課

<4>血行不良くすみ
血行が悪くなり、肌の透明度が低下している状態。

  • 顔全体が青グレーっぽい
  • 1年中冷えがひどい
  • 運動不足
  • 具合が悪い?とよく聞かれる
  • 目の下の青くまが目立つ
  • 湯船に入らずシャワーのみ

自分に当てはまるくすみのタイプはありましたか?
さて、山屋先生に、シミ・くすみに関するソボクな疑問を教えていただきました。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    1
  1. お疲れ肌
  2. シミ
  3. 紫外線
  4. 美肌

関連記事

  1. Beautyカサカサ、ボロボロ…秋の『枯れ肌』を防ぐには?プロが教えるスキンケア術

    カサカサ、ボロボロ…秋の『枯れ肌』を防ぐには?プロが教えるスキンケア術

    5
  2. Beauty筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    20
  3. Beautyストレス肌の免疫力アップに「プラズマ乳酸菌」という新提案

    ストレス肌の免疫力アップに「プラズマ乳酸菌」という新提案

    26
  4. Beauty5月の紫外線量は夏よりも強力! 紫外線ケアに有効なレシピ3選

    5月の紫外線量は夏よりも強力! 紫外線ケアに有効なレシピ3選

    43

あわせて読みたい

Pickup