FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    46

白いニットを着て、右手で口を押さえる女性

ジャケットを羽織っても、中にブラウス一枚だけでは寒すぎる…。そんな肌寒い季節のマストアイテムが「ニット」。

ニットはブラウスやカットソーと比べると、家でがんがん洗えるものは少ないですよね。

さらにコストが高かったり、厚手なぶんクローゼットで場所をとってしまったりと、Tシャツを買う感覚で何枚も増やすわけにはいきません…。

だからこそ、徹底的に自分に似合うもの「だけ」を少数先鋭で選び、寒い時期を乗り切りたいもの。

そんな自分にとって最高の一枚を、そして着るだけでやせて見えるニットの選び方を、スタイリストの筆者がご紹介します。


厚手?薄手?正解は…

両手にさまざまなニットを積み重ねて持っている様子

やせて見えるニット選びに大切なことのひとつは、素材の厚さです。
ここでは厚さの目安となる例として、編み方で表していきたいと思います。

ニットには、厚手といわれるローゲージニット、薄手といわれるハイゲージニット、厚手と薄手の中間位のものをミドルゲージニットと呼び、大きくわけて3つの厚さがあります。

イメージをマフラーで例えるなら、ローゲージニットとは、おばあちゃんが編んだ手編みのマフラー。ハイゲージニットとは、カシミヤマフラーといったところでしょうか。

ローゲージのニットはふっくらしているぶん膨張して見えやすいため、体型を細く見せるには不向きですし、だからと言って、真逆のハイゲージニットは薄手なぶん余計なぜい肉を拾いやすく、こちらもNG。

よって、膨張して見えにくく、余計なぜい肉を拾いにくい、ミドルゲージのニットが、最もやせて見えるニットなのです。

ネックラインはV!しかも…

Vネックのニットを着てパソコンを眺める女性

ベストな素材の厚さがわかれば、次はネックラインです。
ネックラインは形を問わず、着たときに鎖骨が見えることが重要です。

ニットというボリュームのある質感に反して、骨ばった鎖骨が出ていることで、華奢さが強調されるのです。そのため鎖骨が見えることは、マスト条件になります。

さらにやせ見えを追求するなら、ネックラインはV型をセレクトしましょう。
VはVでも縦に深めのVネックがベストです。

縦長のVネックは縦に長さを強調してシャープに見せてくれるので、やせ見えを手っとり早く叶えてくれますよ。

あと一点、気をつけるべきポイントはすそ!
どんなデザインのものを選ぶのが正解なのでしょうか…?

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    46
  1. アイテム
  2. スタイリスト
  3. 着やせ

関連記事

  1. Beauty冬でもすっきり!身長が低いぽっちゃりさんのためのやせ見えコーディネートポイント

    冬でもすっきり!身長が低いぽっちゃりさんのためのやせ見えコーディネートポイント

    18
  2. Beautyトレンド回帰「レギンス」を攻略!ダサく見えない、オバ見えしないレギンスのはき方

    トレンド回帰「レギンス」を攻略!ダサく見えない、オバ見えしないレギンスのはき方

    25
  3. Beauty今夏買うなら絶対これ!着映えも確実、着やせを叶える旬の水着厳選リスト

    今夏買うなら絶対これ!着映えも確実、着やせを叶える旬の水着厳選リスト

    79
  4. Beauty「しまむら」で見つかる! スタイリスト推薦、着やせコーデをホントに叶える美人服

    「しまむら」で見つかる! スタイリスト推薦、着やせコーデをホントに叶える美人服

    93

あわせて読みたい

Pickup