FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    美肌のプロ教えて! シワやシミ、たるみ…加齢による肌悩みはどうすればいい?

  1. Share

  2. お気に入り

    9

鏡を見て笑顔の女性

皮膚常在菌の働きに着目し、自分の生み出す分泌物で輝く肌をつくる「洗わない美容」を提唱する川上愛子さん。2万人以上の女性をスキンケア・カウンセリングし、美肌に導いてきた川上さん自身も、43歳とは思えない美肌の持ち主です。
そんな川上さんのもとに多く寄せられる肌悩みのひとつが、シワやシミ、たるみの解消法。年齢に抗えない肌悩みには、どう対処すればよいのでしょうか?


食生活で肌細胞を内側からキレイに

化粧水の成分を見ている川上さん

お風呂上がりの潤ったお肌から水分を逃さないよう、浴室内で乳液かオイルをつけて保湿している川上さん。毎日使うオイルや乳液も、効能を考えて選んでいるそうです。

「保湿に加えて美容効果を得たいときは、角質をやわらかくするビタミンAや、皮脂をコントロールするビタミンBなどが含まれているアボカドオイルを選びます。
老化は体が酸化することから始まるので、天然のビタミンEを含み、抗酸化作用のあるアルガンオイルやグレープシードオイルはエイジングケアオイルとしておすすめです。月見草油やボラージ油は、皮膚の再生能力を上げるといわれています。
ただ、エイジングケアといっても、細胞を若返らせるのはムリ。今日の肌が一番若いわけなので、今の肌をできるだけキープすることが大切です」(川上さん)

年齢ごとのお肌の潤いを維持するため、川上さんが実践しているのが、「食べ物や飲み物で、肌細胞を内側からキレイにする」ことだと言います。

アーモンドとアボカド

「お肌を元気にしたいときは、お魚やお肉をメインにした食事でタンパク質やアミノ酸を集中的にとっています。ビタミンEの抗酸化作用が有名なアーモンドやアボカドもよく食べますが、カロリーも高いので夜は控えるように。夕方以降は、カットレモンを水に入れてつくったレモン水を冷蔵庫に常備して飲んでいます。これはビタミンCの補給に最適です。

それから、私がよくつくるのが甘酒です。甘酒は、麹菌に加え、人体を構成するアミノ酸のほとんどが入っていますし、ビタミンも豊富。飲む点滴と言われるほど最強で、1か月飲み続けると肌の水分量が変わってくると言われるほど。炊飯器で簡単につくれるので、ぜひ試してみてください」(川上さん)

顔のたるみのスタートは、○○○のたるみ!

部屋でスクワットする女性

そして、たるみを防ぐために日々、心がけているのが運動。川上さんによると、「顔のたるみのスタートは、おなかのたるみ」(!)なのだそう。

「皮膚は皮一枚でつながっているので、出産や加齢によっておなかがゆるむと胸がたるみ、首がたるんで顔がたるみます。後姿も同様で、筋力が落ちておしりがたるむと背中がたるみます。だから、下半身の筋肉と、腹筋・背筋を鍛えることが大事。
私は隙間時間にスクワットや腹筋をしていますが、2、3分やるだけでじわっと汗が出るので、お肌にもいいです。朝、ベースメイクをした時点で化粧ののりが悪いなと感じたときも、乳液でいったんメイクを落としてスクワットをします(笑)。

それと、ほうれい線に関しては、よく雑誌などに載っている顔筋運動が効果的で、私もやっています。加齢で落ちた両頬の筋肉がふくらみを取り戻すことで、ほうれい線はうすくなります」(川上さん)

老化の原因の80%は紫外線

ひざ上に日焼け止めを塗った女性

また、シミ・シワ・たるみに共通する原因として、「紫外線対策はしっかりやったほうがいいです」と川上さん。

「老化の原因の80%は、紫外線と言われています。帽子やサングラスをつけたり、夏でも長袖をはおるというのは多くの方がしていると思います。誤解が多いかもしれないのは、日焼け止めの使い方です。
日焼け止めにSPFで表示されているのは、表皮に降りそそいで肌を赤くする紫外線B波を防ぐ数値です。この数値は、“一般的な肌は約25分で赤くなり始める”という前提で決められていて、SPF20の日焼け止めは、25分×SPF20で約500分間、紫外線B波を防ぐという意味。紫外線B波は窓を通り抜けることができないので、屋内にいるときは影響を受けません。

それに対し、遮光カーテンを使わない限り、窓も通過して降りそそぎ、私たちの細胞にダメージを与えるのが紫外線A波です。これがお肌にハリをもたらすコラーゲンやエラスチンを壊してシワを増やしたり、肌が紫外線を防御しようとしてシミが増える原因となる美肌の大敵。この紫外線A波を防ぐ数値はPAで表示されているので、なるべくPA++++のものを使ったほうがいいです。

塗り方も、1回に500円玉大と書いてあれば、その分量をきっちり使わないと表示通りの効果は出ません。その量を塗ると白浮き指摘になってしまうようなら、透明やベージュのものに日焼け止めを変えたほうがいいでしょうね」(川上さん)

これからの季節は特に、紫外線対策を万全に。スキンケアに加え、食事や運動、睡眠など生活習慣をトータルで見直して美肌を目指しましょう!

取材・文/浜野雪江

 

川上 愛子

川上 愛子

1975年9月19日生まれ。43歳。山形県出身。美容関連の仕事につくプロが、爪や肌、化粧品&化学成分、医薬品医療機器等法など科学的根拠に基づいたカリキュラムを学ぶANSEM(社)日本爪肌美容検定協会代表理事。株式会社CoeurBeauty代表取締役。皮膚常在菌の働きをわかりやすく解説する著書『皮膚常在菌ビューティー!』(ワニブックス)が好評発売中。
https://ameblo.jp/coeurbeauty-co-ltd/

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    9
  1. 美肌

関連記事

  1. Beauty肌の黒ずみが消えた!? 話題のコールドクリームを使ってみた! #Omezaトーク

    肌の黒ずみが消えた!? 話題のコールドクリームを使ってみた! #Omezaトーク

    5
  2. Beautyこれだけはやってはいけない、美肌から遠のく悪習慣

    これだけはやってはいけない、美肌から遠のく悪習慣

    5
  3. Beauty朝用マスクサボリーノとアーモンド効果のコラボ商品が登場!#Omezaトーク

    朝用マスクサボリーノとアーモンド効果のコラボ商品が登場!#Omezaトーク

    6
  4. Beauty洗いすぎ、ケアしすぎ、冷えすぎ…これみんな、お肌のいい菌減らしてます!

    洗いすぎ、ケアしすぎ、冷えすぎ…これみんな、お肌のいい菌減らしてます!

    15

あわせて読みたい

Pickup