FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    22

日焼け

紫外線が恐ろしい季節になりました。太陽が照りつける日はもちろんのこと、曇りの日でも気が抜けません。日焼け対策はしっかりする必要がありそう。むやみな外出を避けるのは大切ですが、それでも外に出なければいけないときには、まずは日焼け止めを使うこと。それから日傘を使うこと。米国の研究グループがそうした日焼け対策の実力を検証。その結果は?


日焼けはどうやって防ぐ?

日焼け止め

日焼けによって、肌をこんがり焼くのはきれいに焼ければよいですが、あとでしみになったりして美容の面では好ましいとはいえません。しかも、肌がひりひりして痛くなるのもイヤ。しかも、皮膚にできるがんの原因にもなってしまいます。
屋内にいられるならばいいですが、仕事で外を回る必要があったり、休日レジャーで外出したりすると、どうしても炎天下、紫外線の影響を受けてしまいます。
そんなとき日焼け止めのクリームを肌に塗るのはどれくらい効果的なのでしょう? また、日傘をさすのはどれくらい効果があるのでしょう?
米国の研究グループは、実際に日焼け止めだけを使った場合、パラソルで日差しを遮断するだけの場合に、肌への影響をどれくらいおさえられるのかを調べました。
調べたのは81人の男女。2つのグループに分けて、一方のグループはSPF100の日焼け止めを塗ってもらい、もう一方のグループはパラソルをさしてもらいました。その上で、熱中症予防など安全策は取りつつ、3時間半、晴天のビーチで過ごしてもらったのです。その後、22時間~24時間経ったときの肌の状態を検査しました。

「日焼け対策は組み合わせで」

日焼け止めは組み合わせで

日焼けを防ぐ効果で軍配が挙がったのは、日焼け止めでした。パラソルで日差しを遮断するだけの場合だと、日焼け止めだけを使っているよりも、肌の日焼けの度合いが高くなっていたのです。肌への影響を点数で見てみると、パラソルは0.75だったのですが、日焼け止めは0.05と明らかな差が付いたのでした。
ただし、日焼け止めが効果的だからといっても、日焼けが完全に防げたわけではありません。肌が赤くなる紅斑が残ったのは、パラソルのグループでは41人中32人。日焼け止めのグループは40人中10人。日焼け止めのほうが少ないのですが、いずれのグループでも影響が残った人はいたのです。
結局、どちらか一方を使うのではなく、日焼け止めも日傘も両方使うのが大切と研究グループ。日焼け対策は組み合わせが大切なようです。

<参考文献>
JAMA Dermatol. 2017 Mar 1;153(3):304-308. doi: 10.1001/jamadermatol.2016.4922.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28114650
https://jamanetwork.com/journals/jamadermatology/fullarticle/2597893

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    22
  1. 紫外線対策

関連記事

  1. Beauty9月になって油断してない? 肌の大敵。紫外線予防の新常識

    9月になって油断してない? 肌の大敵。紫外線予防の新常識

    19
  2. Beauty皮膚科医が伝授! 肌の大敵、紫外線から肌を守るための極意

    皮膚科医が伝授! 肌の大敵、紫外線から肌を守るための極意

    16
  3. Beauty夏は終わりを迎えるけれど…シカゴの終わらない日焼け事情とアイテムもりだくさん

    夏は終わりを迎えるけれど…シカゴの終わらない日焼け事情とアイテムもりだくさん

    28
  4. Beautyじめじめする時期を味方に。美容研究家の全身ピカピカになるスキンケア法

    じめじめする時期を味方に。美容研究家の全身ピカピカになるスキンケア法

    23

あわせて読みたい

Pickup