FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    25

特技はリバウンド!? フォロワー14.8万人の「でぶみ・ゆう」さんが実践する節約ダイエット術

ダイエッターたちの間で話題になっている「でぶみ・ゆう」さん。いま、SNSで人気のインスタグラマーです。2015年インスタ開始とともに、じわじわとフォロワーを増やし、その数なんと14.8万人!(2020年9月現在) かわいいブタのキャラクターをちりばめた楽し気な投稿からは、でぶみ・ゆうさんが前向きに、そして楽しみながらダイエットにとり組んでいる様子が伝わってきて、それが多くの人の共感を呼んでいます。連載第3回では、そんなでぶみ・ゆうさんの食事習慣についてお伺いしましした。


食事で気を配るのは、「栄養素」と「カロリー」

自称、デブではないけど細くはない「THE 標準体型女」。得意技はリバウンドという、でぶみ・ゆうさん。

「20代のころは、食べずにやせるダイエットがメインでした。朝は野菜やフルーツ、玄米を中心にした食事、お昼は朝よりも量を減らして、小さい玄米おにぎりとスープとちょっとしたおかずのみ。そして夜はめかぶと納豆だけ…という玄米と野菜をメインにした食事で、1日の摂取カロリーを1000kcalに抑えていました。それはそれでやせたのですが、食事を戻せばあっさりとリバウンド。そして再びダイエットとリバウンドをくり返して、だんだん体重が落ちなくなってしまいました」

ご自身で特技はリバウンドと話すだけあって、ダイエットとリバウンドをくり返していたでぶみ・ゆうさん。その結果、体はどんどんやせにくくなってしまいます。さらに年齢を重ねるにつれ、やせにくさを実感するように…。

「年齢とともに代謝が悪くなるのを感じました。代謝を上げるためにも食べなきゃと思って、今はきちんと食事をするようにしています」

そんなでぶみ・ゆうさんが、食事面で心掛けるようになったというのが、栄養バランスとカロリー。

「基本は野菜をたっぷり。そして、たんぱく質と糖質、脂質はバランスよく食べることを心掛けています。細かく厳密には決め込んでいませんが、1食あたりの目標は、野菜は両手いっぱい、たんぱく質は手のひら1枚分。糖質は1日の目安を130〜160g、脂質は50g前後に抑えています。今、世の中では糖質制限のダイエットが流行っていますが、ダイエット情報を収集する中で、糖質をきちんととらないと筋肉が作られないと聞いたので、私は糖質も適度にとっていますね。そして自分の生活習慣や体型から考えて、1日の摂取カロリーは1500Kcal前後に抑えるのが基本のルールです」

手量りで、だいたいのPFCバランスとカロリーを把握しているそう。

栄養バランスを考えるようになってから、変わったことがあるようです。

「きちんと食べてやせる!ということを、ポジティブに捉えて食べ過ぎた結果、一向にやせない時期もありましたが(笑)、栄養バランスの大切さに気づいて、摂取カロリーに気を配るようになってからは、少しずつですが体重が右肩下がりになってきました。ゆっくりではありますが、食べてやせる意味が少しずつわかってきた気がします。いろんなダイエットにとり組んでいるので、食事制限だけがやせる要因ではないと思いますが、冷えは以前よりよくなって代謝が上がった感じがするし、たんぱく質を積極的にとるようにしたら空腹感が収まるようになり、それが結果につながっているのかなと思います」

自炊を心掛けている、でぶみ・ゆうさんのおすすめダイエット食材を発表!

じつは、でぶみ・ゆうさんのダイエットの裏テーマにあるのが「節約」。だからなるべく自炊を心掛けているのも見習いたい点です。
そこで、でぶみ・ゆうさんが頼りにしているベスト3のダイエット食材と、お気に入りの食べ方を教えてもらいました。

□腸活もできる! 食物繊維豊富な「オートミール」
「オートミールは、私のダイエット優秀食材の第1位! 3年前くらいにインスタで知った、オートミールにヨーグルトやあずき、抹茶などをいっしょに漬け込んでひと晩おいた『オーバーナイトオートミール』を試しに食べてみたら、おしいくて、それ以来ハマっています。

わかめ、えのきもプラスし、食物繊維たっぷりに仕上げたおじやも!

今、私が気に入っている食べ方は、おじやや雑炊。オートミールは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく含まれると知り、便通がよくなった実感もあります。おいしいし、おすすめです」

オートミールを使った親子丼風リゾットなど、おかず系にして食べることが最近のブーム。

□高たんぱく低カロリーの代表食材「鶏むね肉」


「たんぱく質は積極的にとりたい栄養素のひとつ。私の場合、脂質をとりすぎてしまう傾向があるので、お肉を食べるときは、低脂質の鶏むね肉を選ぶことが多いです。
最近のお気に入りの食べ方は、カレーパウダー入りの調味料を使って、シンプルにソテーしたもの。あとは鶏むね肉を開いて薄く平たくして、その上に野菜などの具材とチーズをのせたピザ風。これはフォロワーさんからも好評の、おいしい自信作です!」

□ダイエッター御用達の緑黄色野菜「ブロッコリー」

「1食あたり両手いっぱいの野菜を食べるように心がけていますが、これも1日の目標摂取量である350gをクリアしたいから。でも、キャベツのせん切りだとカサが増すだけで、なかなか目標に達することができないことも…。その点ブロッコリーは重量があり、クリアしやすいです。緑黄色野菜でビタミンCなどの栄養が豊富なところも気に入っています。お気に入りの食べ方は、フォロワーさんに教えてもらった『ゆでたブロッコリーとツナの塩昆布和え』。今では簡単に作れる、わが家の定番メニューです」

でぶみ・ゆうさんのインスタには、ほかにもおいしそうで作ってみたいな、と思えるレシピがたくさん載っていますよね。

「私自身が面倒くさがり屋なので、載せているレシピは簡単にラクにできるものが多いですね。材料もコンビニで買えるものが多いので続けやすいし、それが毎日ダイエットできている秘訣なのかな、と思います」

フォロワーさんから教えてもらったレシピをとり入れたり、反対にでぶみ・ゆうさんのレシピをフォロワーさんがお試ししてみたり。フォロワーさんが増えても、変わらずダイエット仲間でいてくれるあたたかさもでぶみ・ゆうさんの魅力のひとつ。
次回は、ダイエット中のヘルシー料理の代表格「サラダ」について、でぶみさん流のこだわりを深掘りします!

<Profire>
でぶみ・ゆうさん(debumi_yuu_diet)

Instagram:https://www.instagram.com/debumi_yuu_diet/

※イラスト、写真はすべてご本人によるものです。
文/平川恵

連載・関連記事

  1. フォロワー14.7万人! 人気のダイエットインスタグラマー「でぶみ・ゆう」さんの赤裸々ダイエットに迫る

  2. 運動が苦手でもやせるコツは? ダイエットインスタグラマー「でぶみ・ゆう」さんが実践するエクササイズ

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25

関連記事

  1. Dietダイエット効率が上がる! 本格的なカロリー管理アプリ「カロリーノート」

    ダイエット効率が上がる! 本格的なカロリー管理アプリ「カロリーノート」

    54
  2. Diet「油ものの料理を控えたいニャ」 ねこちゃんが栄養バランスやカロリーをチェックしてくれるアプリ「ニャに食べた?」

    「油ものの料理を控えたいニャ」 ねこちゃんが栄養バランスやカロリーをチェックしてくれるアプリ「ニャに食べた?」

    90
  3. Diet写真を撮るだけでカロリーを測定! 使えば使うほど解析力が上がるアプリ「FoodLog」

    写真を撮るだけでカロリーを測定! 使えば使うほど解析力が上がるアプリ「FoodLog」

    63
  4. Diet「チャーシューメン1杯を平らげたらジョギングを86分やんねえと」 辛口ゆるキャラとダイエットできるアプリ

    「チャーシューメン1杯を平らげたらジョギングを86分やんねえと」 辛口ゆるキャラとダイエットできるアプリ

    96

あわせて読みたい

Pickup