FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet
      1. 作り置き

    ささっとカンタン! ほっこり体が温まる「キャベツと豚バラのもつ鍋風」 #今日の作り置き

  1. Share

  2. お気に入り

    26

キャベツと豚バラのもつ鍋風

もつ肉を使わないけど、食べたらもつ鍋の味…!? もつ鍋を食べたくなったときも、これならとてもカンタンに作ることができるのでオススメです! 体も温まるのでこれからの季節にぴったりの一品ですよ。


作り置きレシピ「キャベツと豚バラのもつ鍋風」

【材料】(2人分)
豚バラ肉 200g
キャベツ 1/4個
にんにく 2かけ
にら 1束
唐辛子(輪切り) 大さじ1/2〜1
◎白だし 80ml
◎水 700ml
◎酒 大さじ2

【作り方】
(1)キャベツは食べやすい大きさにざく切り、にんにくは薄切り、豚バラ肉とにらは5cmの幅に切る。
(2)◎の材料と豚バラ肉を鍋に入れ、肉をほぐしてから中火にかける。煮立ったらあくをとり、キャベツとにんにくを加えて4分煮る。
(3)にらと唐辛子を加えて、にらがしんなりとなるまで1分ほど煮る。

【ポイント】
・唐辛子の量はお好みで調節してください。キャベツ・にんにくと同じタイミングで加えるとより辛さが引き立ちます。
・白だしはメーカーによって味の濃さが少し違うので、味見をしつつ調節してください。
・保存期間は冷蔵で4日になります。

にんにくやにらに含まれる硫化アリルや、唐辛子に含まれるカプサイシンには血行促進作用があり、体を温めるので、冷え予防に役立ちます。

体を温めることは免疫力を高めるのにも効果があるので、風邪をひきやすい今の季節にぴったりです。

キャベツには胃粘膜を修復して胃を守る働きがあるビタミンU(キャベジン)や、免疫力アップや肌の調子を整えるビタミンCが多く含まれます。これらの成分は熱に弱いため、栄養素を効率的にとるには生食がオススメです。

しかし、加熱調理はカサが減り量を食べやすくなるので、食物繊維をたくさんとることができるのがうれしいところです。

キャベツと豚バラのもつ鍋風、ぜひ試してみてください。

中井 エリカ

中井 エリカ

大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。
現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、instagramでも日々発信中。新刊に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』( エムディエヌコーポレーション)がある。
Instagram
ブログ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    26

関連記事

  1. Dietだしに浸すだけで、すぐできちゃう♪「大豆のだし漬け」 #今日の作り置き

    だしに浸すだけで、すぐできちゃう♪「大豆のだし漬け」 #今日の作り置き

    11
  2. Dietたっぷり粒マスタードがおいしさのヒミツ! 「新じゃがと豚こま肉のジャーマン風」 #今日の作り置き

    たっぷり粒マスタードがおいしさのヒミツ! 「新じゃがと豚こま肉のジャーマン風」 #今日の作り置き

    13
  3. Diet切って混ぜるだけ! とってもカンタン「にんじんの塩麹サラダ」 #今日の作り置き

    切って混ぜるだけ! とってもカンタン「にんじんの塩麹サラダ」 #今日の作り置き

    3
  4. Diet丸ごと調理で栄養いっぱい! 「丸ごと肉巻きピーマンの南蛮だれ」 #今日の作り置き

    丸ごと調理で栄養いっぱい! 「丸ごと肉巻きピーマンの南蛮だれ」 #今日の作り置き

    14

あわせて読みたい

Pickup