FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    23

じゃがいもとベーコンのこっくり煮

冬はいもがとてもおいしく感じる季節。そんなわけで、じゃがいもとベーコンをこっくりと煮てみました。甘じょっぱい味つけはきっと大人から子どもまで好きな味。ぜひ作ってみてくださいね!


作り置きレシピ「じゃがいもとベーコンのこっくり煮」

【材料】(4~5人分)
じゃがいも(中サイズ) 4個
ベーコン 2枚
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1/2
ドライパセリ 適宜
粗びきこしょう 適宜

【作り方】
(1)じゃがいもは皮をむき4等分に切る。ベーコンは2cm幅に切る。
(2)フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、ベーコンを入れて炒める。ベーコンから脂が出てきたらじゃがいもを加え、さっと炒める。
(3)しょうゆ、砂糖、水300ml(分量外)を加え、煮立ったら落しぶたをして弱火で7~8分煮る。
(4)落しぶたをとり、汁気がほとんどなくなるまで7~8分煮る。仕上げにドライパセリ、粗びきこしょうをふる。

【ポイント】
・落しぶたはアルミホイルで作ったものでも◎。真ん中に穴を開けて使います。
・保存期間は冷蔵で4日なります。

じゃがいもには食物繊維、ビタミンC、カリウムなどの栄養が含まれています。じゃがいものビタミンCは熱によって壊れにくいのが特徴で、ほかの野菜と比べて一度に食べる量も多いことから、ビタミンCの補給源として役立ちます。

ビタミンCは免疫力アップや、コラーゲンの合成にかかわるため健康な肌づくりにも役立つといわれています。

じゃがいもとベーコンのこっくり煮、ぜひ、試してみてくださいね。

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)がある。『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    23

関連記事

  1. Diet素材のおいしさたっぷり! 蒸し煮で作る「牛丼の素」 #今日の作り置き

    素材のおいしさたっぷり! 蒸し煮で作る「牛丼の素」 #今日の作り置き

    6
  2. Dietたっぷりきのこで満足感アップ! 「鶏肉ときのこの中華炒め」#今日の作り置き

    たっぷりきのこで満足感アップ! 「鶏肉ときのこの中華炒め」#今日の作り置き

    13
  3. Diet材料2つだけ! 意外な組み合わせがおいし過ぎ♪ 「かぼちゃの塩麹煮」 #今日の作り置き

    材料2つだけ! 意外な組み合わせがおいし過ぎ♪ 「かぼちゃの塩麹煮」 #今日の作り置き

    11
  4. Dietさわやか酸味がおいし過ぎる!「梅なめたけ」 #今日の作り置き

    さわやか酸味がおいし過ぎる!「梅なめたけ」 #今日の作り置き

    10

あわせて読みたい

Pickup