FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    25

アボカドのマスタード漬け

今回はアボカドを粒マスタードに漬けました!
マスタードのピリッとした酸味がアクセントになって、とてもおいしい一品です♪
アボカドは食物繊維や不飽和脂肪酸が多く、健康にもうれしい食材!
漬けるとおいしいだけでなく、変色を防止して鮮やかな色を保つ効果があります!


作り置きレシピ「アボカドのマスタード漬け」

【材料】(作りやすい分量)
アボカド 1個
◎レモン汁 大さじ1
◎粒マスタード 大さじ1
◎しょうゆ 大さじ1/2
◎砂糖 大さじ1/2

【作り方】
(1)アボカドは包丁で縦にぐるりと一周切れ目を入れて、手でひねって半分にする。種をとって皮をむき、2cm角の大きさに切る。
(2)ボウルに◎の調味料を入れて混ぜ、アボカドを加えて混ぜる。

【ポイント】
・保存期間は冷蔵で3日が目安になります。

アボカドにはオレイン酸やリノール酸といった不飽和脂肪酸が多く含まれます。これらは中性脂肪を下げる効果や、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすなどの働きがあることがわかっています。

また食物繊維も豊富で、アボカド1個にはごぼう1本分と同じくらいの食物繊維が含まれます。ただしカロリーも高めなので、1日1/2個を目安に、食べ過ぎないように気をつけましょう。

連載・関連記事

  1. 漬けて冷やすだけ!「アボカドとモッツァレラチーズのめんつゆ漬け」 #今日の作り置き

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25

関連記事

  1. NEWDiet高たんぱくで鉄分補給にも!「まぐろのジンジャーステーキ」#今日の作り置き

    高たんぱくで鉄分補給にも!「まぐろのジンジャーステーキ」#今日の作り置き

    4
  2. Diet無限のおいしさで大量消費! 「即席☆水菜キムチ」 #今日の作り置き

    無限のおいしさで大量消費! 「即席☆水菜キムチ」 #今日の作り置き

    4
  3. Dietうま味と栄養がギュッ! お鍋でコトコト「キャベツと豚のうま煮」 #今日の作り置き

    うま味と栄養がギュッ! お鍋でコトコト「キャベツと豚のうま煮」 #今日の作り置き

    2
  4. Dietザクっとジューシー! 「ズッキーニの生ハムロール」#今日の作り置き

    ザクっとジューシー! 「ズッキーニの生ハムロール」#今日の作り置き

    4

あわせて読みたい

Pickup