FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    13

キャベツバーグ

たっぷりキャベツを加えたハンバーグ、「キャベツバーグ」のレシピをご紹介します!
シャキシャキのキャベツが食感のアクセント♪ 食べ応えがありますが、ふつうのハンバーグよりカロリーオフできるので、年末年始食べ過ぎてしまった人もぜひ!


作り置きレシピ「キャベツバーグ」

【材料】(小さめ8個分)
キャベツ 1/4個
合いびき肉 250g
パン粉 1/2カップ
牛乳 50ml
卵 1個
塩こしょう 少々
◎ケチャップ 大さじ2
◎中濃ソース 大さじ2
◎赤ワイン 大さじ2

【作り方】
(1)キャベツはせん切りにし、電子レンジで4分半加熱する。粗熱をとり、水気を絞る。
(2)ボウルに合びき肉、パン粉、卵、牛乳、塩、こしょうを入れ、少し白っぽくなるまでよくこねる。次にキャベツを入れてさらにこねる。
(3)フライパンに油をひく(まだ火はつけない)。(2)を8等分にし、ハンバーグ型に成型してフライパンに並べ入れる。全部並べ終わったら中火で片面を焼き、ひっくり返してふたをしてさらに3分焼く。
(4)ハンバーグをとり出し、キッチンペーパーでフライパンをさっとふき、◎の材料を入れて混ぜながら中火で2分ほど加熱する。

【ポイント】
・牛乳は豆乳でも代用できます。
・最後のソースを作らず、食べるときにケチャップやソースなどをお好みでかけても◎。
・冷たいフライパンから焼くことで、たねが縮みにくくなる効果があります。
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。

カロリーが高くなりがちなハンバーグですが、キャベツをたっぷり加えることで、カロリーオフしました。

キャベツにはお腹の調子を整える食物繊維、抗酸化作用やコラーゲンの合成にかかわるビタミンC、胃腸を守る働きのあるビタミンUなどの栄養素が含まれます。

加熱すると熱に弱いビタミンCやビタミンUは壊れてしまいますが、加熱によってカサが減ることでたくさんの量を食べやすくなるので、食物繊維を効率的にとることができます。

連載・関連記事

  1. めんつゆだけで味つけできちゃう! カンタン「和風煮込みハンバーグ」 #今日の作り置き

中井 エリカ

中井 エリカ

大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。
現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、instagramでも日々発信中。新刊に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』( エムディエヌコーポレーション)がある。
Instagram
ブログ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13

関連記事

  1. Dietサラダが無限に食べられるおいしさ! 「簡単☆にんじんドレッシング」 #今日の作り置き

    サラダが無限に食べられるおいしさ! 「簡単☆にんじんドレッシング」 #今日の作り置き

    14
  2. Diet栄養満点♪ 丸めない&揚げないでOK「手作りがんもどき風卵焼き」#今週の作り置き

    栄養満点♪ 丸めない&揚げないでOK「手作りがんもどき風卵焼き」#今週の作り置き

    15
  3. Dietサラダだけじゃない! お肉の下味もバッチリ! 「簡単☆玉ねぎドレッシング」 #今日の作り置き

    サラダだけじゃない! お肉の下味もバッチリ! 「簡単☆玉ねぎドレッシング」 #今日の作り置き

    18
  4. Diet低糖質&高たんぱくレシピ! 黒こしょうがピリッとおいしい「鶏むね肉と大根の黒こしょう煮」#今週の作り置き

    低糖質&高たんぱくレシピ! 黒こしょうがピリッとおいしい「鶏むね肉と大根の黒こしょう煮」#今週の作り置き

    12

あわせて読みたい

Pickup