FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    コンビニ食やファストフードにもかけるだけ! ダイエット効果抜群の米ぬかパウダーお手軽活用法

  1. Share

  2. お気に入り

    6

ファストフード

完全栄養食ともわれるほどの栄養で1日スプーン1杯かけるだけで、ダイエットができ、健康面のメリットも多い“米ぬかダイエット”。考案した医師の石原新菜先生は「米ぬかはご飯をたくさん食べたい人にもおすすめの、まさに天然のダイエットサプリです。手頃な価格なので続けやすいのも特長です」と話します。今回は、石原先生の著書『腸スッキリ! 米ぬか毒だしダイエット』から、米ぬかパウダーの幅広い使い方について見ていきましょう。

監修
石原 新菜

朝はご飯やトーストに

トーストにバターを塗る様子

煎った米ぬかパウダーは、朝、昼、晩と食事のいずれかでとり入れればOK。朝食でとり入れることができると、腸活にもいいスタートを切ることができます。

「朝からたっぷりの野菜を食べて、ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取できるならば、こんなに理想的な朝食はありません。でも時間のない朝にそんな食事は難しいのが現実。そこで米ぬかパウダーです。米ぬかのビタミンB群は代謝を上げ、3大栄養素のエネルギー交換をスムーズにします。またフェルラ酸には紫外線から肌を守る効果もあります」(石原先生)

<米ぬかパウダーをプラスした朝食メニュー>
・ ヨーグルト……オリゴ糖を加えるとさらなる腸活効果も。
・ トースト……こんがりトーストにかけるだけ。米ぬかパウダーで香ばしさ倍増。
・ 納豆……栄養価の高い納豆と米ぬかパウダーを合わせて免疫力アップ。
・ 卵料理……良質なたんぱく質の卵と米ぬかパウダーで疲労回復効果の期待大。

コンビニご飯もヘルシーに

コンビニ食

外食が多いランチも米ぬかパウダーをかけるだけで、栄養バランスのよい健康ランチになります。

「安くて満腹になるランチとなると炭水化物が多く、野菜が少なめというメニューが多いものです。そんなランチに米ぬかパウダーを合わせると、豊富な食物繊維が摂取し過ぎた脂質や糖質を体外に排出。栄養価とともにダイエットや健康効果も高めます」

カレーやパスタによく混ぜると米ぬかパウダーの食感がなじんで気になりません。また、粉チーズやハーブを合わせた米ぬかパウダーはふりかけるだけで風味も豊かになります。

丼の具と合わせてもご飯とすべてを混ぜあわせてもOK。 おかずパンに米ぬかパウダーをふりかければ栄養価をアップに。

手早く食べられるおにぎりにも米ぬかパウダーをプラス。カップめんに米ぬかパウダーを加えると、汁気を吸った米ぬかパウダーでかさ増し効果も。

夕食では1日のデトックスと翌日の元気補給を

夕食

いちばん落ち着いてリラックスしながら食事をとれる夕食。1日の労をねぎらい翌日の英気を養いたいものです。

「夕食のおすすめの食べ方はまず野菜を先にとるベジファーストで、続いていろいろな食材をとるのがベストです。米ぬかの有効成分は、1日の最後に食べると、翌日の活力になるものばかり。食物繊維は脂質などの吸収を抑え、ビタミンB群は疲労回復、GABAやマグネシウムのストレスを緩和します」

<やせる夕食の食べ方>
・野菜にパラパラかけて……野菜には米ぬかパウダーを少量ふって、あとから食べる料理を受け入れる準備をします。

・汁やスープに溶かして……次に汁物やスープなどでお腹を満たし、ドカ食いを予防。米ぬかパウダーを溶かすと、かさ増し効果が生まれます。
・肉や魚など主菜にも合わせて……野菜がない日でも米ぬかパウダーをふると食物繊維がとれ、栄養バランスが整います。

・便利なストック食材にもプラス……缶詰や漬け物などのストック食材は、塩分が多め。米ぬかパウダーを加えると塩味がマイルドになり栄養価がアップします。

きな粉のようにおいしく、香ばしさや甘みのある米ぬかパウダー。さまざまな料理に合わせやすく、とり入れ方も多種多様です。ぜひお気に入りの組み合わせを見つけてくださいね。

参考書籍

『腸スッキリ!米ぬか毒だしダイエット』(アスコム)

文/庄司真紀

 

今年も「FYTTEダイエット&ヘルス大賞」開催! あなたの1票、お待ちしています!詳細はこちらから。

 

連載・関連記事

  1. ダイエット効果抜群! 免疫力や自律神経にも好影響! 注目フード「米ぬか」の健康メリット

  2. 1日スプーン1杯かけるだけ! ふつうに食べてやせる! 石原先生考案「米ぬか毒だしダイエット」

石原 新菜

石原 新菜

イシハラクリニック副院長。1980年長崎県生まれ。医学生のころから父の石原結實とともにメキシコのゲルソン病院、ミュンヘン市民病院の自然療法科、イギリスのブリストル・キャンサー・ヘルプセンターなどを視察し、自然医学の基礎を養う。2006年に帝京大学医学部を卒業後、大学病院での研修医を経て、イシハラクリニックにて漢方薬処方を中心とする診療を行う。現在、クリニックでの診察をはじめ、テレビ、雑誌などで活躍中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6
  1. ウイルスに負けない!体づくり
  2. 腸内環境
  3. 腸活

関連記事

  1. Dietダイエット効果抜群! 免疫力や自律神経にも好影響! 注目フード「米ぬか」の健康メリット

    ダイエット効果抜群! 免疫力や自律神経にも好影響! 注目フード「米ぬか」の健康メリット

    18
  2. Diet1日スプーン1杯かけるだけ! ふつうに食べてやせる! 石原先生考案「米ぬか毒だしダイエット」

    1日スプーン1杯かけるだけ! ふつうに食べてやせる! 石原先生考案「米ぬか毒だしダイエット」

    13
  3. Dietいつもの食事にかけるだけ! 医師提案のダイエット法で注目の『米ぬかパウダー』を食べてみた!

    いつもの食事にかけるだけ! 医師提案のダイエット法で注目の『米ぬかパウダー』を食べてみた!

    9
  4. Diet体重を減らしてくれる腸内細菌「プレボテラ」。この細菌を増やす食事のポイントは?

    体重を減らしてくれる腸内細菌「プレボテラ」。この細菌を増やす食事のポイントは?

    27

あわせて読みたい

Pickup